人気ブログランキング |

カテゴリ:たこりき( 22 )

 

たこりき@ヘビロテ昼酒

今日は関西食文化研究会主催「ベジタブル講座 〜各国・精進料理〜」へ。
スタッフとしての参加だったけど、
毎度のことながらほんとうに勉強になった有意義なひととき。

詳しくは、「関西食文化研究会」のHPに後日アップされるので、
そちらをご覧ください!
なおこちらは、飲食関係者向けの研究会です。
飲食業界関係の方々、オススメです!マジ勉強になります(無料登録制)


さて、この日も、じつはヘビロテな「たこりき」さんへ。
b0118001_7555980.jpg
仕事終わりの or 仕事の合間の、たこりき・・・。
最近、ほんまにヘビロテです:最高なのです(汗;


グラス泡とともに、
*たこ焼き
b0118001_7563192.jpg
ワインに合うたこ焼きって、そうそうありゃしません。
味の要は、素材から配合、焼きのテクニックまで何もかもでしょうが、
ダシには「こんぶの土居」さんの真昆布。このえも言われぬウマミが、
ミネラリーなワインにすこぶる合うのだ。



b0118001_7565396.jpg
マンゴーのようなニュアンスを感じた白。いけるわぁ〜。


*名物ポテトサラダ
b0118001_7571336.jpg
自家製マヨの酸味とまろみが、たまらんです。



*赤キャベツ酢づけ
b0118001_757406.jpg
ちょっとしたアテが、しみ滋味うまい。
ついつい3杯目@白へと進みゆく・・・;


そうそう、たこりきさんの、名物スイーツが
*からほりぷりん(280円)
b0118001_7581026.jpg


b0118001_7583120.jpg
卵の味をしっかりと感じさせる、
濃厚かつ、どこか懐かしいぃ〜素朴な味。


ちなみに別日の美味しい画像も貼付けたいのですが、
「どんなに行ってんねーん!」と突っ込まれそうなので、やめときます(笑)
ま、しいていうなら昼酒が深酒になるお店が「たこりき」さんです。



そうそう昨日発売の「料理通信」は“週3日通いたい「東京バル」”特集!!
b0118001_759271.jpg
東京バルというタイトルですが、それはスタイルのハナシ。
「たこりき」さんほか、関西バル店にも、取材でお世話になりました☆
ご覧になってくださぁい♪


「たこりき」
大阪市中央区瓦屋町1-6-1
06-6191-8501
open : 11:00〜18:00
close: 月曜



享年58歳。。。ご冥福をお祈り致します。
Gary Moore - Still Got The Blues (Live)

by writer-kaorin | 2011-02-07 01:49 | たこりき | Comments(7)  

たこりき @話題のたこやきバール in 谷6

近所で用事を済ませて、
「美味しいもん食べつつサクッと飲みたぁい」な気分。
そら、こちらおじゃませんとアカンでしょう!

「たこりき」
b0118001_039955.jpg



言わずと知れた、豚玉@今吉さんの2号店。
場所は谷町6丁目、空掘商店街の外れ。
長屋が連なるこの街の雰囲気、心が和む。

この「たこりき」さん、
ザ・大阪!なたこ焼き屋と思いきや、
b0118001_0393341.jpg
めっちゃくちゃセンスありーな内装だことっ!
店入ってすぐの左手にはワインセラー、
カウンターは、アコギで使われる木材の一枚板、とかだし。
女性イラストレータさんの、アンニュイかつセンスある作品がそこかしこに。


まずはハートランド。
b0118001_0395312.jpg




*ひじき(200円)
b0118001_0401289.jpg
しみ滋味な、やさしい美味しさ。



*シャキシャキレタスと自家製マヨネーズ(350円)
b0118001_0402987.jpg
名前の如く、シャッキシャキ!
自家製マヨは、しっかりと味があり、新鮮なテイスト。
だから、指ですくって舐めてしまうほど



ここらでグラス白@ロワールのサンセールを。

ワインがススム、たこ焼きなのです。
あっ、タコシャンもしてみたい飲んでみたい☆



こちらの名物
*たこやき(14個入り/650円)
b0118001_041531.jpg

b0118001_0412054.jpg
まった、器がナイスだわぁ〜。
そして、たこやきはというと、
外は香ばしく、ややカリッな食感ながら、
中は、今にもダシが飛び出してきそうなほど、フルッフルの新食感。
たこ焼きには「こんぶ土居」さんの昆布からとったダシを用いているということで、
生地に溶け込んだダシの存在感、素晴らしい。
ゆえ基本的には、ソースなど何もつけず。
レタスで残った自家製マヨや、別添えソースとの相性も素晴らしいから
ソースありなしのハーフ&ハーフもオーダ可みたい。
ワタシは何もつけず主義ですが♪
そしhてこのたこ焼き、冷めても旨し!生地の旨味をまた違う角度から楽しめる。
b0118001_0414587.jpg





*汁たこ(明石焼風) (400円)
b0118001_042588.jpg
ル・クルーゼのココットを用い、こうくるとは!
なんともオサレだ….
汁を吸わせたたこ焼きもまた、オツな味わいなのです。



白をおかわりしつつ、最高のフライング酒でした。
メニューには、上記で紹介したもの以外に、
名物ポテトサラダや、チーズ盛り合わせやたこ焼きグラタンなどなど。
ドリンクのベジタブルチューハイも、健康的で飲んでみたくなった(笑)
からほりぷりという〆スイーツもあり。


現在、「たこりき」さんは、11:00〜18:00の営業。
今春よりイタリアンのシェフを迎え、
同時間帯はたこ焼き屋、それ以降はシャンパンバール?として営業する予定だそう。
フラッとおじゃましたくなる、嬉しいお店の登場です!


b0118001_0422832.jpg
けっこう長居させていただきました…;



「たこりき」
大阪市中央区瓦屋町1-6-1
06-6191-8501
open : 11:00〜18:00(春以降、変更あり)
close: 月曜


The Rolling Stones / You Got a Silver - Live 2006 - Keith Singing

by writer-kaorin | 2011-01-12 00:45 | たこりき | Comments(2)