カテゴリ:日本料理 翠( 2 )

 

日本料理 翠 @ミナミの愉悦

ミナミ・畳屋町をふらりと歩く。
向かうは若かりし頃、慣れ親しんだビルの2F。

ずいぶん前の「あまから手帖」特集に
“ミナミの愉悦”的なテーマがあったことをふと思い出した。
当時、たしか私は20代前半。
憧れの地・ミナミのいい店紹介ということで
ワクワクしながらページを開き、
ドキドキしながら紹介されてた店に伺ったものだ。
当時、雑居ビル2Fに店を構えていた「洋食Katsui」にもおじゃましたなぁ。


そしてこの日は
まさにミナミの、「日本料理 翠」ならではの愉悦に浸った夜。
b0118001_15534932.jpg
移転後、じつは初訪問。
帰国すぐの会食がこちらでとは、嬉しかったー!
店主・大屋友和さんのお料理を頂くのは、なんと6年ぶり。


まずはビールで乾杯★
立派な栃のカウンター(全9席)はお客さんで埋まってて
凛とした空気と、ミナミらしい活気が交差する。
テーブルは6席、そして個室1室は2〜10名まで対応可能だとか。


b0118001_15542407.jpg
先付は「百合根饅頭、菜の花、松葉ガニの餡」
百合根の透き通った甘みに、カニのまったり濃厚な甘み。
そこにほろりと春の苦みが囁く。



b0118001_15544048.jpg
揚げ物は、「柚餅子を挟んだホタテの霰揚げ」と「クワイの素揚げ」
柚餅子の香りとコク、ホタテと合うわ。
クワイをパリポリやりながらビールぐびり。



●蛤 潮汁仕立て
b0118001_15545524.jpg
ブリンと厚みあるハマグリに、とんろ〜りと舌を喜ばせる京の丸大根。
椀妻には若芽と小カブの間引き菜、吸い口に柚子。
ハマグリから滲み出た旨みと一番出汁からなる吸い地に、優しく包み込まれた。


b0118001_15551507.jpg
「冬の川亀 山廃純米」愛媛・八幡浜 川亀酒造(酒蔵なかやま別誂え)
まろみがあり、すーっと気持ちいい飲み心地。


b0118001_15552942.jpg
向付は「サヨリ、ヒラメ、紋甲イカ、ひっさげマグロ」。
張り、香り、甘み、さらりとした脂の旨み…と、いずれも上等な味。
添えられた醤油は2種あって、
まったりとしたコクが広がる自家製の麹醤油と、
すっきりとした味わいの造り醤油。食べ進める楽しさがあるの。



●フグ白子 醤油焼き
b0118001_15554756.jpg
白子は香ばしく、まったりとした味わいが押し寄せる。
米からつくった餡のクリアな甘み、海苔佃煮の香り、合うわ。



●ノドグロ幽庵焼き、ウニ
b0118001_15560310.jpg
ノドグロは皮目香ばしく、身の豊満な脂と
蕩けるウニとが混じり合い、
ハーモニーを奏で、すーっと消えゆく。
芹を入れた大根おろしはもちろん、辛子との相性にも唸ったなぁ。



●筍の煮物、うるい、海鼠、海苔
b0118001_16012897.jpg
筍はサクホコッとしてて、
海鼠の小気味よい食感に、清々しい海苔の香り。
春の息吹を感じた。



「農口尚彦研究所 山廃純米酒 無濾過生」石川・小松
b0118001_16014736.jpg
能登杜氏・農口尚彦さんが醸す山廃純米は
喉越しよく、心地よい酸がおいかけてきた。




●宮崎牛イチボ炭火焼
b0118001_16020431.jpg
焼き加減、素晴らしい。イチボは香りよく、清々しい脂を蓄えている。
“大阪市なにわの伝統野菜”である難波葱。
その酢味噌和えをのっけて頂くと、さらにコク深い味わいに。



●八尾若ごぼうの御飯、香の物、止椀
b0118001_16032832.jpg
八尾若ごぼう。シャキッとした独特の歯触りが心地よく
ホッと和む味わいでした。



b0118001_16035184.jpg
デザートは
みかんのシャーベット、みかんのカスタードとデコポン。
シャーベットは清々しく
カスタードクリームの爽やかな香りとコクにやられた!



デザートとともにこちらを。
b0118001_16040535.jpg
「玉旭 ECHOES 酒母搾り 純米生原酒」富山市 玉旭酒造
乳酸発酵のようなニュアンスがあり、柑橘の風味との相性、素敵でした。


冬の名残と、春の足音を感じる、
まさに今だけの味わいの組合せ、すごく好きだなぁ。
b0118001_16042169.jpg
移転後、だしのひき方ほか調理法を新しく変えるなど
あらゆることに挑戦し続けておられる店主・大屋さん。
空間美、そして起伏に富んだコースの魅力も更に進化を遂げていたのでした。
大屋さん、そしてご一緒させて頂いた愉快な皆さん★
ありがとうございました★



「日本料理 翠」
大阪市中央区東心斎橋1-16-20 心斎橋ステージア2F
06-6214-4567
open : 12:00〜13:00LO(2日前までに要予約)、17:30〜22:00LO
close: 水曜
昼/おまかせ4900円、9200円(税・サ込)
夜/おまかせ8500円、1万1000円、1万5000円(サ10%別)



お店情報と全く整合性ないけど(いつも)。
音楽関係の皆さま(笑)「Greta Van Fleet」来日を切に願います♪
Greta Van Fleet - Safari Song


by writer-kaorin | 2018-03-01 08:15 | 日本料理 翠 | Comments(0)  

日本料理 翠 @ミナミ、和の新鋭

この日はリシェのNさんとサシ飲み♬
今年5月、畳屋町はイケダ会館にオープンなさった
「日本料理 翠」さんへ。
b0118001_10434434.jpg


ご主人の大屋友和さんは、
法善寺横丁の名店・浪速割烹「き川」で11年経験を積まれたお方だ。

夜営業のみで、お料理はおまかせが主体。
驚くことに、5800円(税別)〜コースを用意されている。
(5800円、7800円、1万円の3構成)

私たちは、7800円のコースに。


*ピーナッツバター豆腐
b0118001_10444346.jpg
瓢箪型をしたピーナッツバターを豆腐仕立てに。
澄みきった優しい甘み。
最初はビールだったのだが、すぐ日本酒に・・・(笑)


*貴 辛口純米(山口県)
b0118001_1045517.jpg
ふくよかな香りだが、すっきり感強し。


*剣イカ、ヨコワ、真鯛
b0118001_10455886.jpg

b0118001_10461360.jpg
なんと店主・大屋さんが作る、麹の醤油が。
米麹と醤油を1週間ほど熟成させているんだそう。
醤油+ワサビもあるが、それだけでなく、いろんな食べ方の提案が面白い。


*海老しんじょう、松茸、きくらげ
b0118001_10463340.jpg
澄んだ吸地だこと。しみじみ・・・。
しんじょうは海老の甘み、余すとこなく。
そして松茸はやわらかい香りを放っていた。


*淡路のハモ、由良のウニのせ
b0118001_1047344.jpg
「き川」さんの夏の名作、ですね!
大屋さん曰く、これは韓国のハモだと脂が勝ちすぎて合わないらしい。
皮がやわらかめな淡路のハモだからこそなし得る、淡路島の夏味の共演だ。
塩とスダチの塩梅、秀逸でした。


*イワシの塩辛を塗ったサワラ、金時草おひたし、ゴーヤ味噌和え
b0118001_10472493.jpg
大屋さん、発酵好きとみた(笑)
むっちりとした弾力のサワラは、脂ののりがよく、
塩辛の風味、食べ進める楽しみがある。


*金目鯛炙り、梅肉醤油、みょうが
b0118001_10474498.jpg
皮目のカリカリ具合と、身の蕩けるような食感に続いて、
さっぱりとした梅肉醤油とみょうがの香りが広がる。


*大徳寺麩、コンニャクの白和え
b0118001_10481127.jpg
箸休めなのに、ついつい飲んでしまう味わい深さ(笑)


*シャラン産鴨、枝豆のピュレ、無花果
b0118001_10482963.jpg
鴨の火入れも秀逸でした。枝豆のピュレには、ほのかにおダシの風味。
ゆえ、日本酒ともすこぶる合う、肉料理だった。


*お粥、海苔佃煮、ちりめんじゃこ、梅
b0118001_10484457.jpg
かなり満腹に近かったので、〆にお粥はうれしい。


b0118001_1049532.jpg
確か、桃のシャーベットだったかと。


N目さんとワタシが座ったカウンター席の隣には、
偶然にも、まいどです〜!なIさん登場!
もうちょっと、ゆっくり話したかった〜が、終電にて退散したのでした:

「日本料理 翠」さん。
価格に驚きがありつつ、嬉しいコスパの高さ。
しかも、コースの流れは味にメリハリを感じさせ、
例えば地に足のついた遊びあり、正統派和食ありで、食べ進める楽しみがある。
翌0:00がラストオーダー(かつ、21:00以降はおまかせ小皿もあるみたい)だから、
同業者も通いやすそうですね!

ミナミでまた一軒、和食の新鋭、誕生です。


「日本料理 翠」
大阪市中央区東心斎橋2-8-23 イケダ会館1F-7
06-6214-4567
open : 18:00〜翌0:00LO
close: 水曜


All the Young Dudes - Live! - Mott the Hoople, David Bowie

by writer-kaorin | 2011-08-28 10:42 | 日本料理 翠 | Comments(2)