カテゴリ:baR pappA( 2 )

 

baR pappA と PAPPABAR @大阪・新町

大阪・新町。
言わずと知れた、魚介系イタリアン
「TRATTORIA Pappa -トラットリア パッパ-」。

向かいのビルには2軒の姉妹店が。
1Fには、イタリア語のFM流れるバール「baR pappA -バール パッパ-」。そして
2Fに、金子國義の作品に彩られた「PAPPABAR -パッパ バー-」。

この日は2Fのバー「PAPPABAR」へ。
b0118001_10071699.jpg
泡で乾杯☆

1Fのバールで美味なイタリアンをサクッとガッツリの
予定だったんだけど
腰を据えてゆっくり?
という流れになり、オーセンティックな空間へ。


食事の前「TRATTORIA Pappa」松本シェフにご挨拶☆
学祭の話題やらあれやこれやと盛り上がったー(笑)
近いうちに、トラットリアにも伺いたいです☆


さて。バー「PAPPABAR」の主・山中佳恵さんによる料理は
和惣菜から、アテにも〆にもぴったりのキーマカレーまで。
b0118001_10073257.jpg
この「ひじき煮」はしみじみとした味わい深さがあったなー。
すきっとした旨みが、泡を進ませる。



●肉じゃが
b0118001_10122154.jpg
牛肉とジャガイモのみ、という潔さ。
味の含みよろしく、芋はじつに肌理細やか。
ひと口いただくほどに「端正」という言葉が脳裏をよぎる
家庭のそれとは一線を画す、肉じゃがなの。



1Fのバール「baR pappA -バール パッパ-」のお料理も
2Fのバーでいただくことは可能。
それなら、と
ワインを欲するお料理あれこれ。


●前菜盛り合わせ
b0118001_10080602.jpg
ポテサラ、モルタデッラといった冷前菜はじめ、
クリアな風味の「トリッパのトマト煮込み」や
香ばしく軽やかな衣に包まれた「カキフライ」タルタルソース、
ジューシーさこの上ない「マッシュルーム グラタン」など。
飲みのピッチが進む進む。
続いて、山中さんの秋トマトが登場。塩とともにシンプルに。



b0118001_10084194.jpg
トレンティーノ=アルト・アディジェ州の赤を。
「TIEFENBRUNNER Turmhof Pinot Nero 2016」
引き締まったタンニン、上品かつバランス良し。



●和牛スネ肉の赤ワイン煮込みのパスタミスタ
b0118001_10091352.jpg
多種多様なパスタが入る「パスタミスタ」。ナポリでよく食べたなー懐かしい。
ペンネ、ファルファッレ、カサレッチェ、フジッリの4種。
そして和牛スネ肉の塊がゴロゴロと。
そのどれもがほろりやわらかく煮込まれていて、濃厚な旨みを放つ。
ジャガイモも入り、そのとろみもあって、まぁとにかく飲ませる味でした。


バーの和惣菜にバールのイタリアンなmenuにと、
酒選びに迷うお料理の数々で、大満足なひととき。
次はアンティークグラスを傾けながら、
金子國義さんの作品をじっくり楽しみたい。
いつもありがとうございます☆



「baR Pappa バール パッパ」
大阪市西区新町2-12-4 1F
06-6536-4186
open : 17:30〜翌2:00(日曜、祝日16:00〜24:00)
close: 火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/baR.html


「PAPPABAR パッパ バー」
大阪市西区新町2-12-4 2F
06-6536-4187
open :17:30〜24:00LO(日曜、祝日16:00〜24:00LO)
close:火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/pappabar.html



Leonard Cohen - Hallelujah




by writer-kaorin | 2018-10-27 10:15 | baR pappA | Comments(2)  

baR pappA(バール・パッパ)

この日は「バール パッパ」さんへ。
ボブ・ディランのライヴアフターにおじゃまして以来、
お久しぶりです!の夜。

翌日が、料理人さん対象のイベント日でした。
バール・パッパ浜口シェフにもご参加いただく予定だったので、
宜しくお願いしまぁ〜す(^^)/ということで、
ヘベレケナイツ(笑)


b0118001_2348066.jpg



*カボチャとマスカルポーネのブルスケッタ
b0118001_23481621.jpg
マッシュにしたカボチャの甘みに、マイルドなマスカルポーネ、好相性だ。
ピッチ早まる…(汗)



b0118001_23484150.jpg
繊細でクリアな飲み口。ソーヴィニヨン・ブランだったか?


*鴨のサラダ
b0118001_23485685.jpg
厚みしっかり。そして噛みしめるおいしさがある。
バルサミコソースを利かせたサラダまでもが、ワインを加速させる(笑)


*スルメイカのガーリックソテー
b0118001_23491386.jpg
イカの火入れとガーリックの利かせ方、いいわぁ。
イカはふるふるっと柔らかく、甘みがある。
ビールといきたいとこだが、
マスタードとちょんっとつけて味わえば、白ワインの口に。


*トリッパのローマ風トマト煮込み
b0118001_23493889.jpg
あっつあつ!ハフハフと頬張れば、手をかけて下処理がなされたトリッパの
適度に柔らかな食感と澄んだ香り。このソースでも飲んじゃいます。


b0118001_2350084.jpg



*和牛もも肉のグリル
b0118001_23504795.jpg
ウットリ…してしまうほど美しいロゼ色。
赤身の旨み、たまりませんね〜☆
そしてこのトマトソース、旨みと凝縮感、凄かった。


b0118001_2351757.jpg
ワタシはチビリチビリ…と飲りつつ、


b0118001_23512679.jpg
お向かいではプリン王子が、プリンに舌鼓。
「なんか懐かしい味がして、しかも濃厚やわ〜」と、ご満悦(^-^)


ジェラートも頂きたかったけれど、また次回。
浜口シェフ渾身のお料理の数々、ほんとうに美味しかったです☆
ここ、バール・パッパさんは、16時〜オープンされている。
もちろん真夜中飯&飲みにも対応いただける懐の深さ。
次回は昼酒ならぬ夕酒におじゃましたいです。
ご馳走様でした☆


baR pappA(バール・パッパ
大阪市西区新町2-12-4
06-6536-4186
open : 16:00〜翌2:00LO
close: 日曜、第3月曜



Jimmy Cliff - I can see clearly now

by writer-kaorin | 2012-03-09 23:54 | baR pappA | Comments(2)