人気ブログランキング |

カテゴリ:Wassy's&Souple29( 4 )

 

Wassy's Dining Souple @立ちあカ〜レ〜なメンバーで

週末、毎度なメンツが「Wassy's Dining Souple」に集まった。
@大阪・四天王寺
b0118001_10105763.jpg
「東日本大震災チャリティー」イベント“立ちあカ〜レ〜”。
     立ち上げ&主要メンバーによる、とあるお疲れさまでした会。



b0118001_10011515.jpg
「QUARTET ANDERSON VALLEY BRUT」で乾杯★
@State of California


b0118001_10000063.jpg
b0118001_10012934.jpg
ビールをチェイサーに。うだる暑さにスキッと爽快。



「QUARTET ANDERSON VALLEY BRUT」と共に
●カプレーゼ(??)
b0118001_10030409.jpg
のっけからイメージ膨らむプレゼンテーション。

b0118001_10031440.jpg
日向牧場のモッツァレラと、トマトのジュレ、バジルの構成。
口の中でカプレーゼが成立。清々しいアミューズ。
                              


b0118001_10032811.jpg
次の皿に合わせ
「RIPPON Vineyard & Winery Sauvignon Blanc 2017」
(NZ セントラルオタゴ)


●和歌山 アオリイカ 南高梅
b0118001_10034083.jpg
炙ったイカは、ピュアな甘み。
南高梅のまぁるい酸味とハイビスカスソースのシャープな酸味に
ワインの青っぽい香り、スパッとキレいい酸味がピターッときた。



●熊本 焼きとうもろこし パンナコッタ フォアグラソテー
b0118001_10035014.jpg
チュイルもトウモロコシ。その香りと食感楽しく
パンナコッタが放つとうもろこしの凝縮感ある甘みにハッ!となる。
三河みりんと醤油を煮詰めたソースがかかり、
オモロいことに、夏の屋台の焼きとうもろこしの記憶がよみがえった。

b0118001_10041602.jpg
南仏 プロヴァンス「Chateau Grand Callamand Vous」と共に。
ロゼ。ほんのり広がるコクが、カラメル的ソースのほろ苦さと合うね。



●福井 甘鯛 ポワレ ケールソース 枝豆
b0118001_10042635.jpg
甘鯛、カリッカリのウロコとふっくらとした身、
食感のコントラストが楽しいな。
枝豆や薬味の香りがいい仕事していて、夏らしさ満開。

b0118001_10044856.jpg
ブルゴーニュ「Maison Joseph Drouhin」のコチラと一緒に至福時間。



b0118001_10050154.jpg
オーナーソムリエ・ノリさんこと、鷲谷紀子さんセレクションの
ワインたち、まだまだ続く。幸せ。

b0118001_10051460.jpg


〜ロースト祭り〜
●吉野 下中さんの鹿 /岩手 白金豚 /仏 アニョー /愛知 国産牛
b0118001_10052706.jpg
アニョーは香り高く、繊細な味わい。
サルサヴェルデ的、緑のソースの爽やかな香りが心地いい。

b0118001_10053897.jpg
白金豚は脂、甘いね。
赤タマネギのマリネのすぱっとした酸味に、ついつい箸がすすむ。


b0118001_10054823.jpg
味わいくっきり、飲ませるサラダをはさみ


b0118001_10060021.jpg
吉野 下中さんの鹿は、しっとりとした質感。香りもいいなぁ。
山椒の実の香りが重なり合い、ふと吉野の山が脳裏をよぎる。


b0118001_10061120.jpg
ビーフは噛みしめるほどに旨みがじわじわと。
ロースト祭り、撮影し忘れた皿もあるのだが
肉喰いにとって最高のラインナップ!


ラストは小川先生おつかれさまデセールで〆。
b0118001_10062856.jpg
そう。この日は、
帝王切開ができるギタリスト・小川センセの
お仕事がらみのお疲れさまでした会でした。


b0118001_10063725.jpg
「Wassy's Dining Souple」オーナーのワッシーと小川センセ。
ふたりには公私ともにお世話になりまくり。
どちらかというと後者のほうかな(笑)

b0118001_10065457.jpg
岩田勝巳シェフ、ありがとうございました✴︎
吉野や和歌山といった、地の素材の力とテロワールを生かし
フレンチの一皿に仕上げるそのセンス、さすがです。
ワインのプロとの力強いタッグを楽しませてくれるのも、この店ならでは。
「立ちあカ〜レ〜」主要メンバーのみなさんー
また何か理由つけて集まりましょ(笑)



「Wassy's Dining Souple」
大阪市天王寺区六万体町5-13 Wビル3F
06-6774-9000
open :11:30〜13:30LO(木〜日)、アペタイム17:00〜、
    18:00〜22:00LO(日、祝日は21:00LO、22:00閉店)
close:不定休
https://wassys.co.jp/
https://wassys.co.jp/souple/#


Lynyrd Skynyrd - Sweet Home Alabama -
7/2/1977 - Oakland Coliseum Stadium


by writer-kaorin | 2019-07-03 22:55 | Wassy's&Souple29 | Comments(0)  

Wine Kitchen Souple 29(スープル ヴァン・ヌフ)

中之島、ダイビル本館にあるワインキッチン
「スープル29(ヴァン・ヌフ)」さんで晩ご飯。
ご存知、四天王寺に本店を構える
ワインストア「ワッシーズ」&ワインレストラン「スープル」の姉妹店だ。
b0118001_1805286.jpg
一杯目は、
Champagne Brut Tradition NV Christian Etienne
ピノ・ノワール主体だそうで。骨太なストラクチャー。
ミネラル感があり、旨みある酸の余韻。



この日のおすすめメニューのなかから
*丹波篠山 あかね農園さんの黒枝豆
b0118001_1804294.jpg
大粒でホクホク、甘みがあり、香りもすごくいい。



*阿武隈川 メイプルサーモンのカルパッチョ
b0118001_1805581.jpg
脂のりよく、身のしまりもいい。
柑橘の香りや程よい酸が、泡にピタリ。



お次は白を。
*Kumeu River Pinot Gris
b0118001_1814481.jpg
11だったか(アル中ハイマー;)
コク旨。リッチな味わいで、複雑味も楽しい。



*熊本地鶏 天草大王の小悪魔風
b0118001_1815721.jpg
皮にはカリリと食感よきパン粉、そして香草&マスタードの風味が広がる。
天草大王は、むっちりとした身質で、旨みが濃い!
お肉の下に敷かれたトマトソースに潜む、ゴボウはほっくりとしていて名脇役だ。

こちらのお店の名物「アンガス牛 肩ロース肉のアメリカンステーキ300g」も
食べたかったが・・・。牛肉ガッツリな昼ご飯の後だったので、次の機会に絶対頂く。


b0118001_1815951.jpg
ここらでローヌの赤を。
チェリーのような香りを感じ、思いの外、ボディはしっかり。


そして、日替わりの、このパスタは絶対に頂こうと決めていた。


*吉野の下中さんが仕留めた鹿の赤ワイン煮込み 平麺パスタ
b0118001_1885448.jpg
昨年、「スープル」&「スープル29(ヴァン・ヌフ)」の
岩田勝巳シェフにご紹介頂き
岩田シェフとともに、ジビエハンター取材でお世話になった猟師が、
奈良・吉野の下中一平さんだ。

ほろり崩れゆく身質。赤身の繊維質も程よくあり、
コク深きソースがタリアテッレに絡む絡む。大羽ちゃん、旨かったです。
そしてジビエといえば、岩田シェフ。
この冬のシェフのジビエ料理、楽しみだ。


昼酒から、ガッツリディナーまで
あらゆる要望に応えてくださる「スープル29(ヴァン・ヌフ)」さん。
お隣のワインストアで購入したワインを、
持ち込み料1000〜2000円(ボトル販売価格による)で頂けるのも有り難い。
あー、日記を書いていたら、朝からアンガス牛ステーキが食べたなってきた(笑)
ご馳走様でした☆


「スープル29(ヴァン・ヌフ)」
大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館1F
☎06-6446-2929
open : 11:30〜14:00LO、17:00〜21:30LO
   (土曜は11:30〜17:00LO)※土曜は終日、ディナーメニュ−の注文可能。
close: 日曜、祝日
http://www.wassys.co.jp/souple29/


朝から久々に、この人たちの歌でシャウト。
Bon Jovi - Livin' on a Prayer 2012 Live Video FULL HD

by writer-kaorin | 2014-11-04 07:30 | Wassy's&Souple29 | Comments(0)  

Wine Kitchen Souple 29 @肉!トリュフ!

事務所スタッフの皆とおじゃました
「Wine Kitchen Souple 29」さん。
昨年は、オーナーマダム・のりさんに取材でお世話になったり、
岩田シェフとともにジビエ取材@吉野へ出向いたり、
ステキなご縁をいっぱい頂きました☆Merci!



*スープル特製 元気な豚ちゃんのパテ
b0118001_6371865.jpg
しっとり。じんわりと響く、うま味。
泡が寄り添う〜♬

b0118001_6373318.jpg



*カプレーゼ
b0118001_6371964.jpg
様々なトマトの味わいの違いを楽しみます。



*熊本 馬肉のタルタルステーキ
b0118001_639579.jpg
馬肉の、めっちゃくちゃ澄んだ風味に驚く。
しかも噛むほどに、ねっとり、深いコクが広がる。
タルタル好きとしては、おかわりしたいおいしさでした♡



*トリュフ卵
b0118001_6385656.jpg
サーブの途中からフワァ〜と香気を放つ、仏産 黒トリュフ。
きめ細かなスクランブルエッグの滑らかな質感と、
鼻孔を突き抜ける薫り、堪らん・・・。



*鶴橋 豚足のパン粉焼き ディジョン風
b0118001_6391275.jpg
ねっちり、臭み皆無。手づかみでしゃぶりつく。



*カナダ 活オマール海老のロースト
b0118001_6395840.jpg
ぷりっぷり、甘みもしっかり活オマール。
ハニーマスタードソースの仄かな甘みがピタリと合う。


b0118001_6401485.jpg
次からオンパレードの、黒トリュフ料理に合わせ
オレゴンのピノ・ノワールを。
エレガントさが心地良く、余韻が長い。



*吉田牧場さんのカチョカヴァロのチーズスフレ withトリュフ
b0118001_6402914.jpg
大好物である吉田牧場さんのカチョカヴァロ。
その深いコクと、黒トリュフの薫りが
見事に相乗効果を発揮。

b0118001_6404341.jpg
中にも黒トリュフ!



*トリュフライス
b0118001_6403329.jpg
ハァ〜ッ♡その妖艶な薫りが、米ひと粒ひと粒に絡み、
目を細めるしかない。



*特製ローストビーフ 白ワインと玉ねぎのソース
b0118001_6404724.jpg
溢れ出る肉のうま味とともに、
飴色玉ねぎのまったりやさしい甘みが広がります。



ここらで、掘り出し物の赤を。
もちろん、この日のワインは、併設するワインストア「ワッシーズ」より、
のりさん&姉様セレクション。

*Les Tourelles de Longueville 1988
b0118001_6412560.jpg
スモーキーさとベリー系の品のよい薫りが
めちゃくちゃトリュフに合う・・・。


まだまだ、肉肉肉!


*アンガス牛 肩ロース肉のアメリカンステーキ 300g
b0118001_6414535.jpg
断面を撮影することも忘れ、食べ尽くしてしまったのだが。
ガリリッと香ばしい表面と、艶やかなロゼ色の赤身。
噛みしめるほどに、ジュワリと脂が迸り、余韻に澄んだ薫りがずっと続いた。



*蝦夷鹿のステーキ あかすぐりのソース
b0118001_642281.jpg
しっとりとした身質の蝦夷鹿はクセがなく、
甘酸っぱいソースがよう合う。



*豚肩肉のロースト with トリュフ
b0118001_6431171.jpg


b0118001_6413944.jpg
豚肉は、噛みしめるおいしさがあり、
咀嚼するほどにトリュフもその存在感を露にさせる。



*タリアテッレ ターキーのクリームソース wtihトリュフ
b0118001_6431880.jpg
これまた好物のターキーが登場!
ツルもちっとしたタリアテッレに、ターキーがゴロゴロと。
ソースは重たすぎずなテイストが心地良く、これまたトリュフが主張する。


デザートは、トリュフアイス!
b0118001_644145.jpg
〆のつもりが、さらに飲んでしまう・・・。



以上、トリュフ&肉祭!となった、素晴らしい夜でした。
岩田シェフのお料理は、ピシッと焦点が定まったワインなしでは語れない皿ばかり。
でも、ひと皿ごとの味わいに優しさがあり、
満腹でありながらすがすがしい食後感。

肉×ワインを欲したら、間髪あけずに駆け込んでしまいそうです@肉食女子
ご馳走様でした!



「Wine Kitchen Souple 29」
大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館1F
☎06-6446-2929
open : 11:30〜14:00LO、17:00〜21:30LO(土曜11:30〜17:00LO)
close: 日曜、祝日
http://www.wassys.co.jp/souple29/


CHEAP TRICK - I Want You To Want Me

by writer-kaorin | 2014-01-09 06:45 | Wassy's&Souple29 | Comments(2)  

Wassy's&Souple29 レセ@ダイビル本館

おいしい日記、前後するのですが。
7月6日(土)にグランドオープンを迎える、
中之島「ダイビル本館」。

その1Fに堂々オープンするお店が、
「Wine Store Wassy's中之島店」と「Wine Kitchen Souple29」。
〜ワインストア ワッシーズ〜   〜ワインキッチン・スープル ヴァン-ヌフ〜

先日、レセプションにおじゃましてきました☆
いわずと知れた、四天王寺夕陽ケ丘にあるワインショップ「Wassy's」&
フレンチダイニング「Wassy's Dining Souple」の2号店です。

ワッシーさん、ノリさん、おめでとうございます!!!
b0118001_724267.jpg
向かって左が、「ワインキッチン・スープル ヴァン-ヌフ」さん。
豚のモチーフ、ピンクフロイドの「空飛ぶ豚」みたく、
今にも飛び出しそう〜!(笑)

こちらのワインキッチンのコンセプトは29(肉)!
日本はもちろん、アメリカやフランス…世界各地の肉を
あらゆる調理法で、提供されます。

ここに、岩田シェフの手による料理の数々の一例を。

〜ワインのためのひと皿は…〜
*本日の季節野菜のサンフランシスコディップ    ¥ 500
*おすすめ!! 生ハムとサラミのてんこ盛り     ¥ 800
*吉田牧場さんと日向牧場さんのチーズ       ¥1000 etc…

〜オードブルの一例です☆〜
*スープル特製 元気な豚ちゃんのパテ       ¥ 800
*コラーゲンたっぷりの テット・ド・フロマージュ ¥ 800

〜ハフハフ食べる〜
*鹿肉の赤ワイン煮込の平麺パスタ         ¥1800 etc…

〜南部鉄ココットのお料理〜
*季節野菜のココット焼き             ¥ 800
*シェフ特製 トリュフライス           ¥1800
*吉田牧場さんのカチョカヴァロのチーズスフレ   ¥1200 etc…

〜数あるスープル29のロースト&ステーキの中から…〜
*地鶏!! 天草大王の小悪魔風           ¥1500
*特製ローストビーフ 白ワインと玉ねぎのソース  ¥1800
*豚バラ肉の赤ワイン煮込みとワイルドライス    ¥1800
*アンガス牛の アメリカン ステーキ       ¥3800/300g etc…

肉はもちろんのこと、丹波篠山、阿蘇、天草、広島…
各地の顔のみえる生産者さんの有機&減農薬栽培の季節野菜を使った、お料理も多々。
そんな野菜たちの存在も、嬉しい。


b0118001_73653.jpg


b0118001_732637.jpg
本日のメニュー、特選US産牛のローストビーフや、
フランス産トリュフのトリュフライスボールをはじめ、
パテ・ド・カンパーニュ、噛みしめるほどに旨み広がるステーキほか
たくさんのお料理&おいしい泡を頂きました☆


b0118001_735968.jpg
総料理長の岩田勝巳さん。
シェフがクリエーションする肉料理の数々、
オープンしたら、早速&じっくりと楽しませて頂きたいです。


そして、向かって右には「ワインストア ワッシーズ」さんが。
b0118001_741979.jpg


b0118001_743368.jpg


b0118001_744380.jpg
ワッシーさんお得意の、アメリカ&オセアニアのワインをはじめ、
ニューワールドから、ヨーロッパ各地のワインまで、その数600種!
私やコヤマワインさんのリースリング2012、ゲット☆


b0118001_753655.jpg
店主・ワッシーこと、鷲谷良亮さんと、
マダムであり、ジェネラルマネージャーのノリさんこと紀子さん。
おめでとうございます〜!そしていつもありがとうございます☆

グランドオープンは、7月6日(土)。楽しみです☆



「Wine Store Wassy's中之島店」
「Wine Kitchen Souple29」
大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館1F
☎06-6446-2929
open : 11:30〜14:00、17:00〜21:00
    (ワインショップ 11:30〜21:30)
close: 日曜・祝日


Gallows Pole - Jimmy Page & Robert Plant, live in Paris (1998)

by writer-kaorin | 2013-07-01 07:13 | Wassy's&Souple29 | Comments(0)