人気ブログランキング |

カテゴリ:ラヴィリンス( 2 )

 

ラヴィリンス @迷宮入り、2019冬。

ロックな音楽関係の友人たちと。
皆が待ち望んだ迷宮入り!@大阪・新町「ラヴィリンス」
b0118001_22081425.jpg
ハートランドで乾杯☆

スパイス料理の最高峰、といっても過言ではない店。
店主のぐっさんこと谷口昌央さんの料理を味わうたびに、
オリジナリティとはなんぞや?ということを、
ジャンルは違えど、身をもって感じさせていただくことができるのだ。


この日は貸切。ぐっさんありがとうございます。
お料理も飲み物も、おまかせで。

●中トロ
b0118001_22082798.jpg
ナンプラー仕立て。脂はすっきりしていて
この塩梅と風味に、、酒止まらぬ。



●うにく
b0118001_22084150.jpg
大粒のウニは濃厚かつ清々しい。
そこに肌理の細かなローストビーフが寄り添う。堪らぬ。


b0118001_22085304.jpg
そらもう日本酒の口になりますわな。
「土佐しらぎく 特別純米 八反錦 おりがらみ生」と共に。
(高知/仙頭酒造場)



●コールスロー
b0118001_22090575.jpg
糖度12度というキャンディキャベツと、
刻んだ新キャベツの漬物、無塩せきハムを和えているそうで
スッキリした甘み、漬物の心地よい風味などが混じり合う。
しらぎくのスキッとしつつの優しい甘みと好相性。



●アガリクスの薬膳スープ
b0118001_22092036.jpg
複雑な旨味と澄みきった味わいに、体が喜んでるのが分かる。
大きなナメコの野趣あふれる風味もよかった。



●釜揚げシラスとエノキのドライキーマ
b0118001_22093755.jpg
ふわふわっと舌の上で踊るシラス、
その旨みがまず押し寄せ、
咀嚼するほどに、強すぎないスパイスの風味がじわじわと。
上喜元をクイッと口に含めば、はぁ〜むちゃくちゃ合うやないの、と上機嫌。

b0118001_22095297.jpg


●レバニラ ラヴィリンス風
b0118001_22100976.jpg
ぐっさんの地元・西成の酒場でしばしば見かける
レバニラ鉄板焼きを、ラヴィリンス風に。
とろっと、ミディアムレアなレバーだこと!
ニラは具として、ではなくソースに用いているそうで、
ニラの風味を生かしたぐっとコク深い味わいに、これも酒プリーズ(笑)



b0118001_22102109.jpg
「寿喜心 しずく媛45% 純米大吟醸」(愛媛 西条/首藤酒造)
ひゃぁ〜っ、西条の寿喜心に、ここ新町で巡り合えるとは!
すーっと体に馴染むような、心地よさがこの酒にはある。
石鎚山のお膝元、うちぬき(地下水の自噴井)で有名な愛媛・西条は、
出張で幾度となく出向いた、個人的にも好きな町なのです。だから懐かしかった。



●白ネギ 青ネギ ニンニクの芽のキーマカレー
b0118001_22103829.jpg
加減が素晴らしいの。スパイス強すぎず、素材感しっかり。
白パンの味わいが優しく呼応し、キーマのコクと融合する。



b0118001_22105464.jpg
そんなキーマの端正なスパイス香と、吟醸香とが、見事な相性をみせる。
それには、ぐっさんの技が織りなす妙味があるからこそと実感。



●飲料麻姿豆腐
b0118001_22112170.jpg
読んで字の如く、細かく刻まれたひき肉と豆腐で、すいすい飲み進む。
辛味も痺れの、程の良さも好みで・・・

b0118001_22113577.jpg
中には白子がゴロリゴロリと!
その濃厚クリーミーな味わいが、麻婆豆腐と素晴らしき相性をみせるのです。


そのほかにも何種類か日本酒をいただき(撮り忘れ)


●ほうれん草と塩トマトのカレー
b0118001_22115209.jpg
ほうれん草は香りよく、トマトの酸味ですきっと端正。
これも素材感あるなかに、ほのかにスパイスが主張。
〆にふさわしい一品でした。



ダシの“旨み”や、主となる食材の素材感を巧みに生かし、
それらの味わいを引き出す、絶妙な加減のスパイス使いゆえ
何というかスパイス料理のイメージを覆す、オリジナリティが
迷宮店主・ぐっさんの料理にはある。
日本人の琴線にふれる旨みとスパイス感とが行き交うため、
否応無しに、日本酒の口になるんだろなぁ。


この日も楽しい時間をありがとうございました!



「ラヴィリンス」
大阪市西区新町1-20-1
☎06-6578-0015
open :11:30~14:00 (LO)
※ランチは予約不可・先着順、売切れ早期終了もあり
    18:00~21:00(コーススタート時間)
【夜は1日、最大3組のみの完全予約制 ※当日の午後2時までに要予約】
close: 不定休



GVFの来日ライヴ話で大盛り上がりな夜♪

Greta Van Fleet - Safari Song



by writer-kaorin | 2019-02-07 22:32 | ラヴィリンス | Comments(0)  

ラヴィリンス @初の迷宮入り

大阪・新町にあるカレーとスパイス料理のお店
「ラヴィリンス」へ。
遅ればせながら初の迷宮入りが実現した☆

ウラなんばのパトロール隊長(笑)
しゃくちゃんこと、かずちゃんと一緒に。
彼女とは保育園・小中高、一緒という幼馴染。

「ラヴィリンス」店主のぐっさん渾身の
おまかせコース(夜は完全予約制)をいただくことに。
b0118001_7263274.jpg
ハートランドで喉を潤し


*炙りスモーク鴨
b0118001_7264786.jpg
鴨はしっとり、脂は甘く
スモーキーさと炙りの香ばしさがクロス。



*マグロとアボカドのタルタル
b0118001_727421.jpg
ねっとり感、堪んない。
ほのかに利かせたナンプラーの風味が、素晴らしきアクセント。



*さえずり
b0118001_7272488.jpg
ふわりと抜けるような甘さを感じるわ。
ここまでiPhone撮影。



*日本一細いもずくを使ったもずく酢
b0118001_728113.jpg
もずくの新芽。細いけれど、ぬめりとコシあり。
すきっとした酸味が生きた、存在感。



*アガリクスの薬膳スープ
b0118001_7282615.jpg
何とも滋味深い。五臓六腑に染み渡る、まさに命のスープ。
生木耳はプルルンと、控えめに主張。



*釜揚げシラスのドライキーマ
b0118001_728401.jpg
釜揚げシラスはふわっと感すごくって、クミンが心地よく香る!
シラスとスパイス感、両者が見事に手をつなぎ、舌と鼻孔をくすぐるの。
エノキのシャキシャキした食感が、しらすのふわふわ感を一層引き立てる。



*2種のドライキーマ
b0118001_7285422.jpg
手前は「鶏親子丼のキーマ」。風味は確かに鶏親子丼!
だが、食指をそそるスパイス使いで、しっかりキーマだ。
奥は「コーンと枝豆入りのキーマ」。野菜それぞれの食感楽しく
こちらも食べ続けていたいスパイス感。
ふんわりしっとり優しい甘みの白パン、ベストマッチ。



*飲料麻姿豆腐
b0118001_729712.jpg
名物ともご対面〜。
挽肉も豆腐も細かく切られていて、うんすいすい飲める感覚!
辛味も痺れもドンピシャ。



*海鮮グリーンカレー
b0118001_7292725.jpg
エビ・タコ・ホタテなどから出るエキスと
グリーンカレーの甘辛くてアジアな香りが融合。
旨み凝縮のエキゾティックなスープだこと。
私がよく作るどろりとしたグリーンカレーとは対極の、
飲めるグリーンカレー。あー飲み続けていたかった(笑)

ラストは、ゴロリと大きな栗の甘露煮を味わい、〆となりました。


店主のぐっさんとは、ロック話で大盛り上がり!
カレー&スパイス創作料理店の店主でありながら、
ロック・ミュージシャンの顔も持つ。
(次回のロックナイツ定例会は、ラヴィリンスやな(笑))
そんな彼が織り成す、スパイス駆使の料理の数々は、
うん、今まで味わったことがない組合せやスパイス感、質感が重なり合い
虜になりました。ありがとう、ぐっさん!
そして、かずちゃん感謝!次はウラなんば案内して♪



「ラヴィリンス」
大阪市西区新町1-20-1
☎06-6578-0015
open : 11:30~14:00 (LO) 
    ※ランチは予約不可・先着順、売切れ早期終了もあり
    
    18:00~21:00(コーススタート時間)
【夜は1日、最大3組のみの完全予約制】
※当日の午後2時までに要予約。

close: 不定休

https://twitter.com/naniwaotoko
http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/


Led Zeppelin - Down by The Seaside

by writer-kaorin | 2016-07-29 07:32 | ラヴィリンス | Comments(0)