カテゴリ:おさむちゃん( 2 )

 

おさむちゃん

久しぶりの堺遠征。
名店「おさむちゃん」へ。
b0118001_06490630.jpg
約2年ぶりの再訪だ。Fちゃん、Yさん感謝です☆


b0118001_06492319.jpg
W杯にシャン杯!
「Taittinger Brut Reserve FIFA2018」
Kさんありがとうございます!



●キムチ盛り合わせ
b0118001_06494431.jpg
「くるみチーズ」の香ばしさとコクが、キムチの辛みとぴたり合ってるし
「アボカド」はそのクリーミーさがナイスバランス。
「トウモロコシ」や「トマト」「キュウリ」に夏の香りと辛みを感じ
「ハクサイ」や「カクテキ」でホッと落ち着く。



b0118001_06495309.jpg
できたての「もやしナムル」は、箸が進みすぎる味。



b0118001_06524719.jpg
角ハイボールをグビグビ飲り


b0118001_06525878.jpg
おさむちゃんワールドに突入です。まずは切りたての「センマイ」を


b0118001_06531567.jpg

b0118001_06534666.jpg
センマイは、ピンク色に近い白色。
歯がクィッと入り、実にふくよか。香りが良いのなんの。



b0118001_06535992.jpg
「あるとき〜」



b0118001_06540904.jpg
「ないとき〜」
なんてパフォーマンスで
7席のカウンターでは、さらに一体感が生まれる。



●鹿児島 黒毛和牛のタン刺し
b0118001_06543008.jpg
「鹿児島 黒毛和牛 メスのタン元」は薄く切って刺身に。
塩とゴマで味わえば、口中の温度で脂がすっと蕩け
清らかな甘みが押し寄せるの。



目の前で繰り広げられるのは、豪快な「タン焼き」
b0118001_06544664.jpg
素早くも美しいその所作に目が釘付けです。


b0118001_06545899.jpg
時折見せる、おさむちゃんの真剣な眼差しが、カッコいい。



b0118001_06550913.jpg
焼きあがった「タン」に梅ダレを付けて味わう。
タレの爽やかな酸味に、タンが持つ力強い旨みがくっきりと浮かび上がる
続いて、摺りたてワサビをたっぷりのせて頬張れば、
辛みは何処へやら。ワサビの鮮烈な香りと美しい肉汁が響き合う。



佐賀牛ミスジの「焼きしゃぶ」を。
b0118001_06562909.jpg
ニンニクチップをくるっと巻き、
熱の入り具合、その瞬間を見極め、ハイ完成。

b0118001_06565181.jpg
特注ポン酢でいただきます。驚くくらい脂がキレイだ。
爽やかさとコクとをあわせ持つタレにより、
甘い脂の余韻を残しながらも、さっぱりとした後味に。


b0118001_06570321.jpg
「“焼きフグ風”(笑)」と登場したのは
ピンクペッパーと塩がかけられた「ミノ」。



b0118001_06572806.jpg

b0118001_06573819.jpg
片面だけ焼いたそれは、クニュッとした心地よい弾力に続き、
ねっとりとしたテクスチャーを感じ、優しい甘みが滲み出た。
なんて上等なミノなの。



b0118001_06575105.jpg
ジャジャーン!と飛び出したのは、ハラミ(横隔膜)。


b0118001_06581885.jpg


b0118001_06585621.jpg
透き通った甘みのごはんにのせて頬張れば、
プリンっと弾ける身から、透明感ある肉汁が一気に溢れ出た。

b0118001_06592242.jpg
b0118001_06594006.jpg
その後も魅惑的なハラミ時間。コク深い甘辛タレとの相性、すこぶるいい。


b0118001_07000781.jpg
ぷっくり弾けんばかりの脂。
濃密な脂を蓄えながら、とてもサラリとしている。




b0118001_07002351.jpg
〆は「クッパ」。
上質な肉たちの端切れを惜しげもなく用いた滋味深いスープに、
韓国唐辛子をこれでもか!てくらいかけて。
ピリ辛さと半熟卵のまろやかさのなかで、
魚沼産コシヒカリの甘みが主張する。


はぁ〜興奮しっぱなしの後に押し寄せる、心地よい脱力感。
これだから、おさむちゃんはやめられない。
ご一緒させていただいた皆さん、ほんとに楽しかった!ありがとうございました☆

そして、おさむちゃんと、奥様めぐさん。
お二人の阿吽の呼吸が、ほんとに素晴らしいの。
いつも幸せな気分になれる、足しげくおじゃましたくなる一軒です。



「おさむちゃん」
堺市西区鳳北町8-33-4


Stevie Wonder & Jeff Beck - Superstition



by writer-kaorin | 2018-07-13 07:10 | おさむちゃん | Comments(0)  

おさむちゃん @堺、驚愕の焼肉店。

大阪・堺遺産といっても過言ではない、
伝説の焼肉店「おさむちゃん」。
b0118001_17313777.jpg
この日は、常連客のT田さん貸し切りナイツ。
T田さん、皆さん、ありがとうございます☆



3坪ちょっとの店内は、カウンター7席のみ。
毎日3回転(!?)するらしいのだが、
年内はすでに予約でいっぱいというから驚き。


店主・おさむちゃんこと、内山修さん劇場のはじまり〜。
b0118001_17322063.jpg
まずはキンキンに冷えたビールで喉を潤し



*キムチ盛り合わせ
b0118001_17323798.jpg
白菜、キュウリ、大根、さらには
トマト、長芋、アボカド、チーズ、干しぶどうまで!
旨みのある辛味が、どの素材ともよう合うてるではないか。
のっけから、おさむちゃんに、ハートを鷲掴みにされる。


b0118001_17324997.jpg
「オクラのキムチ」も辛味のなかに深い旨み。
オクラの粘りと、夏の香り健在。

b0118001_1733355.jpg
アツアツ、できたての「もやしナムル」の旨いことといったら!
シャキッと食感で香りもよろしく、何とも甘い。


b0118001_17331751.jpg
おさむちゃんと、鹿児島産 黒毛和牛A5のミスジ!
(ここから、おさむちゃんと肉の写真、多数登場 w)

b0118001_17333516.jpg
小豆色したミスジに惚れ惚れ。なんて美しいんだ……。


b0118001_17334923.jpg
チェイサーにビール。そして赤へと続きます♬


続いて、切り立ての「センマイ」酢味噌が登場。
b0118001_1734315.jpg
全く、スッカスカじゃない!
香り良いし、噛むと甘みが出てくるわ。


b0118001_17342063.jpg
出た!黒毛和牛のタン!
「先っちょが黒っぽいのが、黒毛和牛の証」と、おさむちゃん。
その他、切り方から衛生面に至るまで、
聞いて見て、フムフム勉強になります。


b0118001_17344381.jpg


b0118001_17345610.jpg
目の前で、おさむちゃんが焼いてくれる。
ウィットに富んだトークもめっちゃ楽しく、
始終、焼肉ロースターに目が釘付け。
で、今最もいい状態!というタイミングでいただけるのだ。



*上塩タン
b0118001_17354772.jpg
まずは梅ダレとともに。
肌理が細かい!じゅわりとジュが溢れ出、後味さっぱり。

b0118001_1736280.jpg
お次は、天城越え〜♬で有名な
天城のワサビ(摺りたて)をたっぷりつけて。辛み感じず、香り鮮烈!


b0118001_17361859.jpg
先ほど登場したミスジを手切りに!匠の技(笑)
これから、ミスジ巻きを焼いてくれるという。


b0118001_17363445.jpg
素早い焼きしゃぶ状態。


b0118001_17365451.jpg
熱の入り具合を瞬時に確かめながら
ニンニクチップをぱらりとかけて…

b0118001_17371073.jpg
くるくるくるっと、俊敏な動き。
「幸せを巻いてるんですわ」と、おさむちゃん。名言だわ。


*ミスジ巻き
b0118001_17372881.jpg
一瞬で完成!柑橘香豊かな特注ポン酢でいただきます。
クリアな脂で、思いの外さっぱりしてて、なんぼでも食べたくなる(笑)



b0118001_17374517.jpg
お次は、熊本産 黒毛和牛プレミアム「和王」のシャトーブリアン!

b0118001_1738331.jpg



*シャトーブリアンのステーキ
b0118001_17383055.jpg
ひと切れ目は、特注ポン酢で。
脂がスキッとしている。肉自体の味わいも濃厚だ。


b0118001_17385167.jpg
二切れ目は、天城ワサビとたっぷりのっけて。
肉のいぃ香りと、ワサビの香りの見事な共演。


まだまだ、おさむちゃん劇場、続きます!
b0118001_17392045.jpg
米沢牛ハラミ(雌)をステーキで!
塊肉を捌き、あれよあれよという間に開いて、隠し包丁を入れる。
その所作と包丁使い、瞬きを失うくらい凄い!


その米沢牛ハラミをおさむちゃん、ロースターの上へ。
b0118001_17394068.jpg


b0118001_1739552.jpg



*米沢牛ハラミ
b0118001_17402133.jpg
肉肉しさをダイレクトに感じ、すこぶるジューシー。
上品な脂がじゅわりと押し寄せるのだ。


b0118001_17412580.jpg
ハラミ、まだ食べれるんだ♡
と思っていた矢先、白ご飯が目の前に。ナイスタイミング!

b0118001_17414277.jpg
粒が立っててツヤ甘な、魚沼産こしひかりとともに
ハラミを頬張れば、もうね、無言で笑みしか出ない。


その後、米沢牛のツラミや
b0118001_1742552.jpg




b0118001_17422348.jpg
米沢牛のホルモンも登場!キレイだ。


b0118001_17425029.jpg
米沢牛のホルモン、タレに絡めてこうなるワケで♬
口の中で、ぷっくり脂がジュワッと弾ける幸せよ。



b0118001_17431054.jpg
〆は、クッパ。
3日間煮込んだ牛筋ダシに、タンを加えてさらに煮込んだスープ。
タンはホロリとやわらかく、スープはどこまでもクリア。
半熟卵で、マイルドなピリ辛味。
だから、魚沼産コシヒカリの甘みがぐぐっと持ち上がる。
ハァ〜ッ、〆まで抜かりなし。

味わい最高、ホントに楽しい、おさむちゃんワールドでした!


肉肉肉!といえば、「あまから手帖」の最新号の特集は「ビーフ関西」
https://www.amakaratecho.jp/saishin/
肉食の皆さん、お見逃しなく!


「おさむちゃん」
堺市西区鳳北町8-33-4
※年内は予約で満席につき、ご了承ください;


Radiohead - Reckoner

by writer-kaorin | 2016-08-28 17:51 | おさむちゃん | Comments(2)