カテゴリ:gucite( 2 )

 

gucite @シェフに身を委ねて

待ちに待った「グシテ」な夜。
@大阪・東天満
b0118001_21034636.jpg
西尾シェフには取材でお世話になったり、
バールでカッフェな時間に不意打ち遭遇、なんてことは良くあるんだけれど
ゆっくりお店に伺うのは、この日ぶり。ひゃーっ2年前。


フルフラットなカウンター席に腰を据えるだけで
今からはじまる時間に
胸が高鳴るというか、このワクワク感が堪んない。


b0118001_21042962.jpg
「La Petite Folie 2015 / Laurent Bannwarth」
ゲヴェルツで微発泡だと。コク深く、溌剌とした泡が心地よいな。
この軽快な味わい、スターターにぴったり。


●〆鯖のブルスケッタ
b0118001_21044331.jpg
米酢で〆た鯖はまぁるい酸味が心地よく、じゅわりと脂の甘み。
LANGHERINO(ランゲリーノ)っていうピエモンテ産白カビチーズの
まろやかなコクが堪らんなー。




●マグロと貧乏人のキャビア
b0118001_21045728.jpg
ナスを使った「貧乏人のキャビア」。
ルーツは、ロシアの漁師たちの村の料理とも言われてる。
ナスの優しい塩味とコクに
マグロの清々しい酸味、フロマージュブランの爽やかさが重なり合い
ヘーゼルナッツの香ばしさがアクセント。この皿にも、ううう唸った。




●仔牛の舌のボッリート
b0118001_21051505.jpg
牛舌はぽってりしつつも、とてもしっとりした質感。
その風味はじつにキレイ。生温かい温度帯もいいわ。
自家製マヨネーズを和えたラヴィコットの
スキッとした酸味が、より一層、杯を進ませる。



●バッカラ・マンテカ-ト
b0118001_21052970.jpg
自家製ポレンタの上に、ぽってりこんもりとバッカラ・マンテカート。
(ちなみにピエモンテ「ムリーノ・マリーノ社」のポレンタ粉)
バッカラのやさしい旨みに
カリリと香ばしく、透き通った味わいのポレンタが寄り添う。
ローヌの白「Le Raisin et I'Ange Blanc NEdjMA 2017」の
薄にごりな旨みが、すーっと馴染む。



b0118001_21054002.jpg
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の郷土の味、
ウォッシュチーズとジャガイモのおやき的「フリコ」は
その香ばしさととろける旨みに、凝縮感あるガメイがするする進む。
ヴェネト州の「自然放牧豚の生サラミ」は、塩味がほんとに柔らかい。
実直に作られたナチュラルな味がする。



●秋刀魚 水牛リコッタチーズ 肝のソース
b0118001_21055216.jpg
秋刀魚とリコッタの素晴らしき出会い!
ソースは優しくほろ苦く、トマトソースの酸味が心地よい。




●鱈 白子
b0118001_21060706.jpg
白子の、カリリと香ばしくもとろ〜りクリーミーな味わいと
菊芋の一種「トピナンブール」の
ゴボウっぽい質朴な甘みが響き合う。
ピエモンテ「Erbaluce di Caluso/Monte Maletto」がピタリ。



●木下牛ハンバーグ
b0118001_21061806.jpg


b0118001_21062742.jpg
まるでタルタルステーキのような木下牛、
香りよく肉そのものにしっかりと味がある。
そんな肉の鮮烈な旨みと、
マレーシア産グリーンペッパーの
爽やかスパイシーな風味が、交互にやってきて
鶏ブロードやクリームからなるソースの優しいコクに
まぁるく包み込まれる。そして私は幸せすぎて溶けそう。



b0118001_21064693.jpg
至近距離にある自家製タヤリンが、次の出番を待ってる。



●タヤリン
b0118001_21070047.jpg
卵黄の極細麺・タヤリンの繊細な食感とコシ、
咀嚼するほどに浮かび上がる、深いコクにんもうメロメロ。
しかも。爽やかに香る、トリュフの存在感に陶酔。
とある私的ランキングに堂々、殿堂入り。
満腹なのに、思わずおかわりしたくなるのが西尾さんのタヤリンなの。




●モンテビアンコ
b0118001_21071389.jpg
丹波栗を使ったモンブラン。
もう終わってしまったが、栗がある季節の限定品。
やっとあなたに巡り合えましたね(笑)。なんせ初登頂だったから。
その栗のふくよかな香りと質朴さに、ただただ微笑むしかない。
甘さ控えめな生クリームとのバランス、繊細なテクスチャーも重なり
もう、このまま時が止まってほしいとさえ感じたモンテビアンコでした。



おまかせの皿に合わせてちょこちょこと、
絶妙な間合いで、注がれるワインたち。
b0118001_21072988.jpg

b0118001_21073747.jpg


b0118001_21074965.jpg
b0118001_21080195.jpg


b0118001_21081245.jpg

b0118001_21082612.jpg
いずれもナチュラルな造りのワインだから、
食後と翌朝の爽快感、ハンパない。


b0118001_21084283.jpg
西尾さんに心を開き、身を委ねる楽しみが「グシテ」にはあるの。
週1で通うご常連もおられると聞いたが、お気持ち分かる。
間髪開けずして、また来週にでも伺いたい。(笑)

西尾シェフ、ドラゴンさん、毎度な皆さん☆
Grazie!


「gucite (グシテ)」
大阪市北区天満2-7-1 末澤ビル102
☎06-6809-7376(要予約、基本的にワインを飲める方のみ)
open :18:00〜24:00LO(日曜は14:00〜22:00)
close:木曜、月1回不定休



11/9、ついに公開ですね!早く観たいー
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

Queen - Don't Stop Me Now



by writer-kaorin | 2018-11-08 21:17 | gucite | Comments(0)  

gucite (グシテ) @東天満

「gucite (グシテ)」初訪問☆
b0118001_9503971.jpg
店は天満橋を渡ったところ。東天満エリアにある。
オーナーシェフ・西尾章平さんに出会ったのは
彼がシェフを務めていた京橋「ヴィネリア ジャンニ」で。
ピエモンテを中心とした土着の味に、酔いしれ、
公私共にお世話になったものだ。


そんな西尾シェフが独立したのは2016年7月。
この日は、念願叶った夜だった。
b0118001_9511032.jpg
「gucite (グシテ)」とは…古文単語の【具す】より。
【具す】連れ添う、一緒に行く、縁ができる
“あまた具して~たくさんのご縁に恵まれる、
 そんな店を願ってグシテという店名に”とシェフ。

お料理は、お腹の減り具合を伝えつつ、
ちょいちょい出していただく、西尾さんにおまかせのスタイル。



*〆鯖のブルスケッタ
b0118001_9512460.jpg
ギラリ脂のりよい〆鯖、鯖好きには堪らん風貌。
サルサ・ヴェルデの爽やかな香りや、薄切りパーネと好相性。

b0118001_9514391.jpg
しみじみ旨くて、素朴な風合い。



*カツオ、マスタード
b0118001_9515592.jpg
カツオとマスタード、これめっちゃ合う!(驚)
ねっとりと脂のりよい身に、マスタードの爽やかな香りと程よい辛み。
タマネギ×ビネガーの酸味が、ピシッと全体をまとめる。
ロワールの赤、ペアリング完璧。

b0118001_9521070.jpg
「Le Poil de la Bete Nicolas Reau 」



*イワシのヴェネツィア風
b0118001_9522332.jpg
素揚げしたイワシに絡むは、アグロドルチェ的、甘酸っぱさ。
レンティルといろんな野菜の食感が楽しいわ。



*太刀魚、ナス、カチョカバロ
b0118001_9523811.jpg
この一品も、素晴らしかった!
メニュー名にある食材とジャガイモが層を成し、
それぞれの素材がしっかりと主張する。
なおかつ、素材が奏でるハーモニーとでも言おうか。全体のまとまり凄い。
優しさとインパクトとが共存してた。



*ヴィテッロ・トンナート
b0118001_9525583.jpg
フランス産仔牛と、ツナのソース。
ピエモンテの定番的、郷土料理だ。
ピンク色した仔牛肉はしっとり、そこにトンナートのコク。
飲ませる前菜だ(笑)

b0118001_953994.jpg



*キントア豚のマルサラ煮込み
b0118001_9532846.jpg
ピエール・オテイザのバスク豚"キントア"。
肉はトロリと柔らかく、さっぱりとした口どけ。
煮込み汁の、甘さと程よい酸味が調和した深い旨みにウットリしてしまう。



この後、シェフ手打ちのタヤリンが!


*タヤリン ウサギ肉
b0118001_9534247.jpg
タヤリンはふぁっと繊細な食感と、程よいコシ!
ウサギ肉の旨みが絡み、
黒トリュフ入りチーズがいい仕事してる。
西尾シェフのタヤリン、やっぱ好き♡


以上、どのお料理も、ピシッと焦点定まったおいしさがある。
また、それぞれの料理に合わせた、
ヴァン・ナチュールがズラリ!揃い、
意外な組合せなんかも提案してもらえるので(撮影し忘れ多数)
始終、テンション上がりっぱなしの夜でした。


その日の気分や、腹ぺこ具合によって、
シェフがカスタマイズしてくれるおまかせ料理。
ガッツリ12品くらいいく方もいれば
4品前後で、ワインをあれこれ…なんて使い方もできるそう。

何しろ、厨房丸見えなカウンター席も、大窓の脇のテーブル席も、
たまらなく居心地が良いの。時間が経つのを忘れるくらいに。
また近々伺う予定デス。


「table cave gucite (グシテ)」
大阪市北区天満2-7-1 末澤ビル102
☎06-6809-7376
※カウンター8席、テーブル1(4席)を
シェフがひとりで切り盛りされてるため、予約がベスト☆

open : 18:00〜翌2:00(日曜は14:00〜22:00)
close: 木曜、他月1日(不定休)
https://www.facebook.com/pages/Gucite/1628228530731218


Mumford & Sons - I Will Wait

by writer-kaorin | 2016-09-03 09:59 | gucite | Comments(0)