カテゴリ:韓味一 朴邸( 1 )

 

韓味一 朴邸 @甲子園の帰りに


先日、阪神vs巨人のデイゲームへ行ってきた☆

b0118001_06393692.jpg
ベンチ側のすてきな席で

b0118001_06403927.jpg
冷えっ冷えの白ワイン飲みながらの観戦。


b0118001_06405233.jpg
T塚さん、監督、本当にありがとうございました。



甲子園アフター。
靱公園の四ツ橋筋はさんだ向かいのビルB1にある
韓国料理店「韓味一 朴邸」へ。
こちらは、鶴橋で40余年の歴史を持つ韓国料理専門店「韓味一」の姉妹店だ。
b0118001_06411974.jpg
タイガースのアニキを囲んでの、阪神連勝おめでとうございます!な夜。



b0118001_06413985.jpg
ボクスンドガ(福順都家)のソンマッコリで乾杯! 
スパークリングワインを彷彿とさせる口当たり。
甘すぎないから、すいすいいける。



料理は、おまかせでコースのみ(前日までの要予約)。
「韓国宮廷料理をベースにしています」とは、店主の山崎一さん。
まずは前菜が、続々と登場。
b0118001_06421638.jpg
甘じょっぱさがクセになる「韓国海苔の佃煮」はじめ、
自家製の「白菜キムチ」、「もやしナムル」。


b0118001_06423537.jpg
ほろり崩れゆく「牛肉の佃煮」は、品のある旨みが浸透。


b0118001_06425377.jpg
ワタリガニのケジャンは、
身の濃厚な甘みとコクある辛みが同時に押し寄せる。


b0118001_06430592.jpg
踊りダコの登場だ。独特のクニュクニュ感楽しく、甘い。


b0118001_07163819.jpg
ほかにもあらゆる前菜がテーブルを埋め尽くす!
お酒が進んでしゃあない(笑)



●高麗人参の刺身
b0118001_07165426.jpg
フレッシュな高麗人参。ハチミツとともに。
なんとも高貴な、苦味と芳しさだこと。
身体が喜んでいるのがわかる。
それに味を占めて結局、飲みすぎることになるのだが。



●水餃子
b0118001_07170874.jpg
ふるふるっとした生地を齧れば
クリアな肉汁が溢れ出、
ツルモチな生地のとともに、優しい旨みがじんわりと。



●鮑粥 雲丹のせ
b0118001_07173069.jpg
蝦夷鮑は、味わいに凝縮感がある。
米、ごま油、卵、塩からなるシンプルな粥は
コク深く、米そのものの透き通った甘みが印象的。
そこに、鮑と雲丹の深い旨みがじわじわと広がり、
ニンマリ笑うことしかできない。



b0118001_07174203.jpg
佐賀牛特上ロースを抱えた、店主・山崎さん、激写。



b0118001_07180729.jpg
「デジカルビ」は、ブリッブリ、ジューシー。
甘辛いもみだれは、すきっとしたテイスト。
がむしゃらで貪る。



●佐賀牛 特上ロース
b0118001_07183919.jpg
付けダレはすっきりとした味わい。だから
清らかな脂の甘み、肉そのものの旨みが引き立っている。



●韓味一の蔘鶏湯
b0118001_07195551.jpg
グツグツと煮たったこのビジュアルを、
見ているだけで飲める。(笑)


b0118001_07201343.jpg
この領域は、山崎さんにお任せ。


b0118001_07203803.jpg
肉はほろほろ、ほろりと柔らかい。
鶏肉の旨みが浸透したダシを口に含めば、
はぁ〜。久しぶりに感じる「命のスープ」の感覚。
身体が喜んでいるのが分かる。
滋味深い味わいを楽しんだのでした。




身体に優しく、見目麗しい、優雅な気分を味わえる料理の数々、
そして濃い濃いメンバーに、
食事中、そして食後も大盛り上がりしたことは言うまでもない。
ありがとうございました☆



「韓味一 朴邸」
大阪市西区靭本町1-7-17 ラシーヌ四ツ橋B1F
06-6448-0355(要予約)
open : 17:00〜23:00(最終入店21:00)
close: 日曜
facebook




Toto - Rosanna


by writer-kaorin | 2018-06-09 08:10 | 韓味一 朴邸 | Comments(0)