人気ブログランキング |

カテゴリ:韓味一 朴邸( 2 )

 

韓味一 別館 @完全紹介制にて奇跡の復活。韓国宮廷料理を味わう oishii

鶴橋某所。
2019年2月、42年の歴史に幕を下ろした「韓味一」が
奇跡の復活を遂げた。
b0118001_06311976.jpg
「韓味一 別館」
完全紹介制で、営業は木曜のみ。1日1組限定(4名以上〜14名迄)
ということで場所や連絡先は非公開。
くれぐれもご了承ください。

料理人は「韓味一」創設者である朴 三淳さん。
韓国に古くから伝わる宮廷料理を、おまかせにて提供するという。
b0118001_09073040.jpg
息子・ハジメ氏が営む「韓味一 朴亭」には伺ったことがあったものの 
ハジメちゃんの母であり師匠である三淳さんのお料理をいただくの実は初めて。
親子であり師弟というふたりの姿も、この日は見ることができて感慨深い。


公私ともにお世話になっているT氏。お誘い感謝です。
韓国宮廷料理を味わい尽くす会、はじまりはじまり。

●自家製キムチ
b0118001_06322856.jpg
b0118001_06323810.jpg
辛味とコクのある、白菜・キュウリのキムチを。
ビールがクイクイ進みます。


●九節板(クジョルパン)
b0118001_06324801.jpg
五色(赤・緑・黄・白・黒)の食材を用い、鮮やか。
真ん中にある小麦粉のクレープ(ミルジョンビョン)にナムルや牛肉を包みいただく。
お野菜も牛肉も丁寧に仕事が施されていて味わい深い。


●チャプチェ
b0118001_06330158.jpg
春雨はトゥルンと舌触りよく、じんわり優しい味わい。
人参やほうれん草ほか野菜もたっぷり入る。



●鰻 蒲焼き
b0118001_06345945.jpg
蒸した後、焼きあげたそれはふっくら。
コク深いタレが絡む。



●鴨と松茸の炒め
b0118001_06354797.jpg
b0118001_06352848.jpg
大きな松茸、清々しい秋の香りと
鴨肉の旨味が、
韓国ズッキーニほか野菜に絡み、ワシワシ食べ進むおいしさ。


●あわび粥
b0118001_06410655.jpg
香り高く、どこまでも深みのある味わい。


●カルビチム
b0118001_06412594.jpg
かなり長時間、蒸し煮にしているのだろう。
骨つきカルビはホロッと骨離れよく
その凝縮感ある旨味が、大根や人参の芯の芯にまで浸透。
この一品も、ほかのメニューもそう
三淳さんの手により生み出される料理は、心が豊かになる味わいなのです。


●鮮魚
b0118001_06414148.jpg
あわび、うに、ハマチ…と大皿に盛りだくさん!
醤油をつけて味わうもよし


b0118001_06415874.jpg
白菜キムチの上にあわび&ウニ♡ 甘味、辛味、海味、絶妙。


●甘鯛の煎(전 -ジョン-)
b0118001_06421434.jpg
ふっくらとした甘鯛の繊細な質感が生きている。


b0118001_06422971.jpg
b0118001_06423224.jpg
ホウレン草のナムル、モヤシのナムル。
素材感くっきり。この2品もずーっと食べ続けてたい味でした。

b0118001_06425607.jpg
そして芋焼酎ロックちょい水をチェイサーに
マッコリへと続きます。くぅーシアワセ。
なんて目を細めていると、炎メラメラな鍋が目前に!


●神仙炉(シンソンロ)
b0118001_06431013.jpg
「基本的に38種の食材を入れます」と三淳さん。

b0118001_06432224.jpg
b0118001_06432811.jpg
魚介や肉、様々な野菜の味わいが複雑に絡み合いつつも
その味わいは、どこまでもクリアで驚くほど繊細。
b0118001_06434774.jpg
何杯おかわりしたことか(笑)


●イカフェ
b0118001_06435814.jpg
イカがねっとり、甘みを放つなかで
酸っぱ甘辛い、その塩梅が素晴らしい!


●高麗人参の刺身
b0118001_06441061.jpg
クゥ〜ッ。これも堪らん一品。
生の高麗人参に、好みでハチミツをかけていただけば
檜に通ずるリラクシングな香りと、
スパッとキレある苦味、これはクセになる味やね。


●あわびとその肝のあん
b0118001_06444465.jpg
分厚い一切れを頬張れば、心地よい弾力。
あわびが持つ透き通った甘みが、
肝や松の実、ニンニクなどからなるあんと融合。


●ポッサムキムチ
b0118001_06445757.jpg
その昔、王族や貴族が食べていたキムチ。
今日はなんと!40種もの野菜が入る。
それらの個性が複雑に絡み、どこまでもクリアかつ深いエキス感。
個々の香りも際立っていた。


「ここまでが前菜です」と
三淳さんから衝撃的な発言(驚)



●カンジャンケジャン
b0118001_06452026.jpg
生のワタリガニを醤油ダレで漬け込み、熟成させた料理。
とにかく濃厚。ご飯泥棒ならぬ、酒泥棒だ。


b0118001_06453362.jpg
痛風の皆さん、申し訳ないwww



●パジョン
b0118001_09002601.jpg
ネギ焼き。イカも入り、凝縮感ある旨みが広がる。


●佐賀牛 特上ロース
b0118001_09004120.jpg
たっぷりのチシャとともに。
漬けダレは甘辛くもすっきりとしたテイスト。
牛ロースのクリアな甘みが際立っている。



●蔘鶏湯
b0118001_09011487.jpg
b0118001_09014532.jpg
三淳さん自ら、鶏肉をほぐし盛り付けてくださる。


b0118001_09030397.jpg
韓味一ならではの蔘鶏湯。
ほろり崩れゆく鶏肉は、じつにふくよか。
高麗人参ほか栄養価が高い、韓方食材がふんだんに使われ
とにかく滋味深い。五臓六腑が喜ぶ、まさに命のスープでした。



b0118001_09032676.jpg
以上、気づけば3時間以上(4時間近く?)
三淳さんによる一品一品を、
じっくり味わい、その料理の背景を知り
五味(甘、辛、酸、苦、塩)、
五色(赤、緑、黄、白、黒)、
そして五法(焼く、煮る、蒸す、炒める、生)を
取り入れた韓国の宮廷料理を
とくと愉しませていただいた。

そのどれもが、心に響く味わいだったし、
三淳さんとハジメちゃんの、ゲストをもてなすその心意気にもグッときた。
機会があればまた、三淳さんのお料理をいただきたいな。
Tさん、ハジメちゃん、三淳さん、そしてゲストの皆さま
ほんまにありがとうございました!


「韓味一 別館」
※完全紹介制 

<姉妹店情報>
「韓味一 朴邸」(大阪・靱本町)
https://parksamsoon.com/

「韓国食堂 入ル」(大阪・福島)
「韓国食堂 入ル 坂上ル」(東京・恵比寿)
https://yamazakihajime.com/


※こちらのNewsもチェックしてみて!
トンガ代表の胸に「入ル」の文字。
W杯へ挑む男たちとスポンサーの幸せな関係。
https://rugby-rp.com/2019/08/04/nations/pacific-challenge/38291


by writer-kaorin | 2019-09-06 09:15 | 韓味一 朴邸 | Comments(0)  

韓味一 朴邸 @甲子園の帰りに


先日、阪神vs巨人のデイゲームへ行ってきた☆

b0118001_06393692.jpg
ベンチ側のすてきな席で

b0118001_06403927.jpg
冷えっ冷えの白ワイン飲みながらの観戦。


b0118001_06405233.jpg
T塚さん、監督、本当にありがとうございました。



甲子園アフター。
靱公園の四ツ橋筋はさんだ向かいのビルB1にある
韓国料理店「韓味一 朴邸」へ。
こちらは、鶴橋で40余年の歴史を持つ韓国料理専門店「韓味一」の姉妹店だ。
b0118001_06411974.jpg
タイガースのアニキを囲んでの、阪神連勝おめでとうございます!な夜。



b0118001_06413985.jpg
ボクスンドガ(福順都家)のソンマッコリで乾杯! 
スパークリングワインを彷彿とさせる口当たり。
甘すぎないから、すいすいいける。



料理は、おまかせでコースのみ(前日までの要予約)。
「韓国宮廷料理をベースにしています」とは、店主の山崎一さん。
まずは前菜が、続々と登場。
b0118001_06421638.jpg
甘じょっぱさがクセになる「韓国海苔の佃煮」はじめ、
自家製の「白菜キムチ」、「もやしナムル」。


b0118001_06423537.jpg
ほろり崩れゆく「牛肉の佃煮」は、品のある旨みが浸透。


b0118001_06425377.jpg
ワタリガニのケジャンは、
身の濃厚な甘みとコクある辛みが同時に押し寄せる。


b0118001_06430592.jpg
踊りダコの登場だ。独特のクニュクニュ感楽しく、甘い。


b0118001_07163819.jpg
ほかにもあらゆる前菜がテーブルを埋め尽くす!
お酒が進んでしゃあない(笑)



●高麗人参の刺身
b0118001_07165426.jpg
フレッシュな高麗人参。ハチミツとともに。
なんとも高貴な、苦味と芳しさだこと。
身体が喜んでいるのがわかる。
それに味を占めて結局、飲みすぎることになるのだが。



●水餃子
b0118001_07170874.jpg
ふるふるっとした生地を齧れば
クリアな肉汁が溢れ出、
ツルモチな生地のとともに、優しい旨みがじんわりと。



●鮑粥 雲丹のせ
b0118001_07173069.jpg
蝦夷鮑は、味わいに凝縮感がある。
米、ごま油、卵、塩からなるシンプルな粥は
コク深く、米そのものの透き通った甘みが印象的。
そこに、鮑と雲丹の深い旨みがじわじわと広がり、
ニンマリ笑うことしかできない。



b0118001_07174203.jpg
佐賀牛特上ロースを抱えた、店主・山崎さん、激写。



b0118001_07180729.jpg
「デジカルビ」は、ブリッブリ、ジューシー。
甘辛いもみだれは、すきっとしたテイスト。
がむしゃらで貪る。



●佐賀牛 特上ロース
b0118001_07183919.jpg
付けダレはすっきりとした味わい。だから
清らかな脂の甘み、肉そのものの旨みが引き立っている。



●韓味一の蔘鶏湯
b0118001_07195551.jpg
グツグツと煮たったこのビジュアルを、
見ているだけで飲める。(笑)


b0118001_07201343.jpg
この領域は、山崎さんにお任せ。


b0118001_07203803.jpg
肉はほろほろ、ほろりと柔らかい。
鶏肉の旨みが浸透したダシを口に含めば、
はぁ〜。久しぶりに感じる「命のスープ」の感覚。
身体が喜んでいるのが分かる。
滋味深い味わいを楽しんだのでした。




身体に優しく、見目麗しい、優雅な気分を味わえる料理の数々、
そして濃い濃いメンバーに、
食事中、そして食後も大盛り上がりしたことは言うまでもない。
ありがとうございました☆



「韓味一 朴邸」
大阪市西区靭本町1-7-17 ラシーヌ四ツ橋B1F
06-6448-0355(要予約)
open : 17:00〜23:00(最終入店21:00)
close: 日曜
facebook




Toto - Rosanna


by writer-kaorin | 2018-06-09 08:10 | 韓味一 朴邸 | Comments(0)