カテゴリ:Sabor a mi( 2 )

 

Sabor a mi -サボラミ- @昼酒万歳☆ oishii

休日の昼酒に、まず立ち寄りたい一軒が
「Sabor a mi -サボラミ-」@大阪・京町堀
b0118001_19323394.jpg
「ランチにビールやワイン」、ではないんだよなー。
「好みの酒と場を求め昼間から飲みに行く」というアクションが
すこぶる好きなのだ。そこに、気の利いたアテがあれば完璧。
そして夜に響かない程度、飲む。ここも重要なんだけど、そう上手くはいかない(笑)


b0118001_19324757.jpg
クレマン・ダルザスで乾杯!
「Rietsch Cremant d'Alsace Extra Brut」
広島・三原から、スーパースターファーマー「梶谷農園」梶谷譲、
そして福山から、グルマンなドクター、ドラゴンオカザキさんという
飲み食い仲間が来阪ということもあって、飲みのピッチが進むやないの。

b0118001_19330815.jpg
そんな泡がスーッと心地よく染み渡る。
外はまだ明るい。向かいのビルに絡まる蔦を眺めながら、気持ちよすぎる昼下がり。


b0118001_19332427.jpg
続いてロワールの「Montrieux Brut de Bulles」を。
だし系旨みが印象的だった。



●卵と野菜のピクルス
b0118001_19333358.jpg
ピクルスの、じんわり優しい甘酸っぱさが染み入る。
まぁるい酸味というか。卵の半熟加減もたまらん。



●牛すじ肉豆腐
b0118001_19334422.jpg
ひゃー。スジ肉で豆腐が見えない(笑)

椅子から転げ落ちそうになるくらい、感動した一皿!
見た目は無骨。このシンプルな組み合わせが飲兵衛心をくすぐる。
とろっとろのスジ肉は深い旨みをしっかり蓄えていて、
所々、肉々しさもしっかり。
肉汁が程よく浸透した豆腐がね、
もうスジ肉と肩を並べる存在感なのだ。
でも濃イィ〜感じではない、優しい後味がサボラミ流。


b0118001_19341389.jpg
「Marie et Vincent Tricot Les Petites Fleurs」
ここでガメイ。クゥー笑みが止まらん。
心地よい酸を感じ、軽やかなのに味の凝縮感はしっかり。




●豚とセロリの水ぎょうざ
b0118001_19342203.jpg
ツルンと喉越しよく、豚のクリアな旨み、
セロリの清々しい香りが、口の中に充満!
こちらも、重たさ皆無だから、何個でも食べてしまいそうでした。



休みのたびにおじゃまたい、お気に入りの昼酒場。
でも次は夜に伺い、シェフ内藤みはるさんのお料理と、
店主たみちゃんセレクトの自然派ワインに
どっぷり浸かり、酔いしれようと思う。
梶谷さん、ドラゴンさん、香西姉さん☆ありがとうございました!



「Sabor a mi」-サボラミ-
大阪市西区京町堀1-9-21 2F
06-6136-5368
open :15:00〜翌0:00クローズ(22:00フードLO)
close:水曜、不定休
https://www.facebook.com/winebar.saborami/




Roberta Flack - Feel Like Making Love



by writer-kaorin | 2018-10-05 19:34 | Sabor a mi | Comments(0)  

Sabor a mi -サボラミ- @気持ちいいワインバー

京町堀のワインバー「Sabor a mi (サボラミ)」
b0118001_14573774.jpg
この店の魅力をひとことで語ることはできない。
空間、人、ナチュラルなワイン、そしてお料理、もう全て。
しかも、15時オープンというのが、嬉しいんだなー。
休日、早い時間から飲みたい私にとって、まさに酒場天国。
この上なき幸せをもたらしてくれるワインバーなのだ。


b0118001_14552934.jpg
ジュラの泡で乾杯@「CLASH/Didier Grappe」
エチケットがイケてるわー。「THE CLASH」の“LONDON CALLING”やん!
ディディエさん、かなりのパンクロック好きとみた(笑)
愉快なメンバーでテーブルを囲み、まったり時間のはじまり。


●ビーツと半熟玉子のサラダ
b0118001_14554052.jpg
ビーツは香り深く、実に甘い。マヨとの絡みもよく
とんろ〜りとした黄身のコクがマッチしてた。



b0118001_14555309.jpg
和歌山・田辺「Voyager Brewing(ボイジャーブルーイング)」も
飲めるとは!(嬉)テンション上がりまくり。
ワインとクラフトビールが行き交う。



●おまかせ3種盛り合わせ
b0118001_14561359.jpg
「3種豆のサラダ」は質朴かつ、深い旨みがじわじわと。食べ続けていたい味。
「野菜と卵のピクルス」はキレある酸味、後味はやさしい。
「鶏レバーコンフィ」は、肌理が細かく、クリアな風味。
 これまた響く味わいで、毎回注文しそう。



b0118001_14563659.jpg
オーストリア東部、ハンガリー国境近くで作られている
「Super Natural /Moric HausMarke」を。
ほのかに塩味を感じ、やさしい旨み凝縮。はぁ〜昼酒サイコウ。



●アスパラガスのオムレツ
b0118001_14564849.jpg
この潔いシンプルさがいいね。オムレツはふぁふぁでコクを感じ
アスパラはジューシー、ぐっと香りが際立っていた。



●ポム ド テール農園のグリーンサラダ
b0118001_14565955.jpg
ビーツの甘みや、ドレッシングのコクと酸味とが、野菜に絡む。
このサラダをアテに、ナチュラルなワインを
永遠に飲み続けることができると思う。



●はなが牛ロースト
b0118001_14571317.jpg
愛媛のホルスタイン種「はなが牛」のランプ肉。
香りよく、噛むほどに肉そのものの味をしっかり感じる。


b0118001_14572319.jpg
シチリアの赤「Il Frappato /Arianna Occhipinti」
口中に広がるはスパイシーさと華やかな香り。
とても透明感ある味わいでした。




店主のたみちゃん、こと高橋多弥さんには、
高津「豚玉(閉店)」や「たこりき」でソムリエをされてたとき
ずいぶんお世話になりました☆18年5月に独立、サボラミ開店時には
「待ってました!」と、たみちゃんファン・誰しもが喜んだことでしょう。
シェフ・内藤みはるさんとのタッグも、ほんとに良くって。
それは、ナチュラルなワインと、素材感漲る料理との相性はもちろん、
ふたりが醸す空気というか。おかげで、思わず飲みすぎてしまう
なんせ、気持ちいいワインバーです。


「Sabor a mi」-サボラミ-
大阪市西区京町堀1-9-21 2F
06-6136-5368
open :15:00〜翌0:00クローズ(22:00フードLO)
close:水曜、不定休
https://www.facebook.com/winebar.saborami/



Trio Los Panchos - Sabor a Mi


by writer-kaorin | 2018-09-02 15:01 | Sabor a mi | Comments(0)