カテゴリ:家全七福酒家( 1 )

 

家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 大阪店

休日のミナミはなんだか懐かしい。
堀江に10年住んでいた頃の、賑やかな思い出がよみがえる。
この日はビックステップ7Fにある
「家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 大阪店」へ。
(カゼンシチフクシュカ セブンスサンレストラン)<旧 福臨門酒家>
b0118001_07504588.jpg
まずはビールをグビグビと。


「大阪福臨門」で大人気だった「点心コース」が復活したそうで。
「お好きな点心8種類をお選びいただけます」とは、総支配人の劉偉明さん。
それは香港を旅した気分で、楽しもうやないの。
でも17種類もあるから、どれにしようか悩んで悩んでしゃーない(笑)



●大根もち
b0118001_07513547.jpg
カリッ&程よくもちもち。ナチュラルな甘み。


b0118001_07515601.jpg
続いて「海老とニラ入り蒸し餃子」「海老と野菜の餃子」が登場。


b0118001_07520662.jpg
透き通った皮は繊細な質感、プリリと海老の甘みが弾ける。
ニラは風味豊か、野菜のほうは優しい甘みがじんわり。


●海老入りシュウマイ
b0118001_07530506.jpg
海老と豚の旨み凝縮。小粒ながら食べごたえある。



●海老蒸し餃子
b0118001_07532224.jpg

b0118001_07533015.jpg
艶やかで透き通った皮にうっとり。
ミンチと細かく切った海老の食感の差異が楽しい。



●春巻き
b0118001_07534177.jpg

b0118001_07535065.jpg
パリリと軽やか、油っこさ皆無。
こちらも海老が入ってたか。



●小籠包
b0118001_07540439.jpg
皮を少し破って、スープを啜り
私はいつも黒酢や針生姜をのっけず、そのまま味わう派。
クリアな旨みが口中を占拠。


b0118001_07542168.jpg
中国茶とともに飲茶な時間、といきたかったのだが
ビールおかわり(笑)



●ちまき
b0118001_07543221.jpg
b0118001_07544441.jpg
もち米は程よく粒が立ってて香りも甘みもよく
咀嚼するほどに鶏肉や栗の味わいがハーモニーを奏でる。



〆の麺・飯も、3種から好みの1品をチョイス。
チャーシュー汁そばや、香港焼きそばも魅力的だったが
お腹もいい感じだったので


●お粥セット
b0118001_07545693.jpg
鶏ガラスープで炊き上げてるのだろう。
上品なだしの旨みが
はぁ〜。五臓六腑に染み渡ったのでした。



そしてデザートへと。

●杏仁豆腐と香港菓子
b0118001_07550661.jpg

b0118001_07551685.jpg
最後まで、抜かりなし。
きっちり丁寧に作られた点心の数々、上等なお粥の味わいはもちろん、
気心知れたメンバーと一緒に過ごす最高の昼下がりでした。
深雪ちゃん、仲嶺くん、ありがと☆


「家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 大阪店」
大阪市中央区西心斎橋1-6-14 ビッグステップ7F
06-6252-3002
open :[月~土]11:30~15:00、17:30~21:30LO
[日・祝]11:30~15:30、17:30~21:00LO
close:無休
http://www.seventhson.jp/



Kim Carnes - Bette Davis Eyes


by writer-kaorin | 2018-11-14 08:03 | 家全七福酒家 | Comments(0)