人気ブログランキング |

カテゴリ:レ・クゥ( 2 )

 

Les Queues (レ・クゥ) @この店に通う理由 oishii

連休初日は、
福井市にあるレストラン「Les Queues (レ・クゥ)」へ。
b0118001_22442933.jpg
そのために旅行する価値のある〜って赤い本の文言じゃないけれど(笑)
「レ・クゥ」があるから、福井市へ足を運ぶ。
実家からも近くはないんだがw
この店を訪れると、私がまだ知らなかった福井ならではのものづくりの背景を
味わい、知ることができ、始終ワクワクしっぱなしとなるワケ。



b0118001_22445910.jpg
まずは「敦賀東浦みかん914ビール」を。
敦賀産の東浦みかんをつかったクラフトビールだ。
エールビールらしい深い味わいに
柑橘のアロマがふうわり。これはすいすいいけるね。夏が似合う味。


ランチコースは、メインのみ決め、あとは阪下シェフに全任せ(笑)


●勝山「ラブリー牧場」放牧牛 ホホ肉とテールのアスピック
b0118001_22451411.jpg
肉の清らかな旨みが広がる、なんとまぁ透明感あるゼリー寄せだこと。
おかひじきと、柑橘系ヴィネグレットが食感と味わいに起伏をもたらし
卵黄とトリュフのソースのコクがまとめ上げる。


●地魚のリエット
国産オーガニックレモンと豆乳のサワークリームを挟んだ最中
ワサビ菜・インゲン・タマネギのゴマ和え
b0118001_22455072.jpg
リエットも程よく魚の旨みを感じさせつつ、クリアな味わい。
オーガニックレモンの清新な香りが
みかんビールの繊細な爽やかさに合うね。



b0118001_22460659.jpg
お次はコチラを。「Bruno Paillard Brut Premiere Cuvee」

●ワトム農園 エディブルフラワー
魔法のトマト 芦原 マルセイユメロン
トマトのバヴァロワと卵白のウエハース
b0118001_22462037.jpg
花は苦味、辛味、香り、いろんな個性が楽しいね。
メロンの爽やかな甘み、
フレッシュトマトやバヴァロワが放つ異なる酸味、
シャンパーニュと相性いいね。くいくい進ませる。



●薪火で軽く熱を通したヒラマサ
奥越「中野ナス」の焼きナスのピュレ
赤大根の麹漬け  六条大麦とビーツのタルタル
b0118001_22463514.jpg
ヒラマサは軽い燻香がいいね。
ナスはターメリック的スパイス香に夏を感じ
六条大麦のプチプチとした弾力が、これすごくいい仕事してんの。
麹漬けの発酵的酸味とのまとまりもいい。


b0118001_22464656.jpg
自家製パン、しみじみ味わい深い。



●永平寺 トウモロコシの冷製スープ
奥越のオクラ  河野の真イカ
地元の油揚げのクルトン仕立て
b0118001_22465722.jpg
スープは甘みが深く、
トウモロコシの芯からエキスを煮出したゼリーは香り高いわ。
それぞれの素材が主張しつつ
アーモンドミルクの泡が優しく寄り添う。
そしてこのクルトン!福井名物の油揚げをこう使いますか!と目からウロコ。
パリサクッ、風味もよく、地元の食材たちが手を結びあっていた。



目の前の窯で繰り広げられるシェフの技に釘付け。
b0118001_22471257.jpg



●福井県産 経産牛の熾火焼き
(月齢46ヶ月 20日寝かせ)
b0118001_22472917.jpg
経産牛の背肉、そそられるビジュアル。

b0118001_22475829.jpg
福井が誇る、越前「高村刃物製作所」のナイフをすっと入れ、口に運ぶ。
経産牛だから、肉質はやわらかくはない。
だけど、噛みしめていくと旨みがじわじわ押し寄せる感じが
堪らなく好きなのだ。ぶりっと弾ける脂の、独特の香りもいいね。
薪火らしい燻香と、肉そのものの香りが混じり合う、その芳しさったら!
かなーりのボリュームだったのに、するする胃におさまる。これはまた食べたい。


b0118001_22481251.jpg
ガルニは、北あかりと黒にんにくのピュレをベースとし
ズッキーニ、ピーマン、つるむらさきなど。
スキレット&遠赤外線のパワーで、素材そのものの力強さ漲っていた。



b0118001_22483157.jpg
「Yves Boyer Martenot Bourgogne Rouge 2014」とともに。
肉食女子的、最高の昼餉。(笑)



デセールは
大野 イチジクとそのソルベ 
酒粕のガトー
b0118001_22484617.jpg
フレッシュなイチジクは香りが深く
ソルベは「めっちゃイチジク!」と叫ぶくらい濃密。
酒粕の質朴な風味、その余韻がいい。


b0118001_22485753.jpg
最高の〆シャンでした。



阪下シェフの料理は、どの皿もそう、
咀嚼するほどに、福井の野山や海の情景が目に浮かぶ。
しかもだ。窯と向き合いながら、超直火焼きのテクを用いたり、
その中で、スキレットを動かしながら一品料理を完成させたり。
「薪焼きではなく“窯焼き”なんです」と阪下シェフが言うように
薪の熾火を自在に操るその技と味にも感動しっぱなしでした。
b0118001_22492053.jpg
阪下シェフ、いつもありがとうございます*
ばっさり髪を切った、スキンヘッド似合ってた!


そうそう、阪下シェフも中心メンバーのひとりである「福い学 ※」による
なにやらすごいコラボレーションが7/29(月)に開かれる。

※<福い学 >(ふくがく)とは
福井を学び、福井を創造するシェフや生産者、食の職人などを中心とした集い

福井の食・創造プロジェクト「美味究心」
b0118001_22522754.jpg
「ナベノイズム」のオーナーシェフ渡辺雄一郎さんを招き、
福井の次代を担う料理人たちとのコラボレーションを通じて、
福井の食文化に基づいた新しい「福井料理」を創造するという、またとないイベント。

すでに満員御礼のよう。県内外の著名な方達も多数、参加されると聞いてる。
福井、ますますアツくなりそうで私も嬉しいな。



「Les Queues -レ・クゥ- 」
福井県福井市高柳1-712
0776-53-4858
open :11:30〜14:00、18:00〜22:00
close:水曜(祝日の場合は翌日振替)
http://www.les-queues.jp/



Big Yellow Taxi - Joni Mitchell


by writer-kaorin | 2019-07-16 23:14 | レ・クゥ | Comments(0)  

Les Queues -レ・クゥ- @福井を掘り下げるシェフのオリジナリティ

念願叶い、伺うことができた。
福井市にあるフレンチレストラン
「Les Queues -レ・クゥ-」
b0118001_01442745.jpg
石貼りの外壁が印象的。


b0118001_01443831.jpg
このレストランと、オーナーシェフ阪下幸二さんとの出会いに、心が震えた。
久しぶり、この感覚。
阪下シェフは、福井の風土や伝統文化、
生産者との繋がりを、皿のなかに、店づくりの全てに表現されていて。
いやー、福井県で生まれ育った私にとっても
発見は多かった。



b0118001_01451782.jpg
県産材をつかったテーブル。引き出しの中にカトラリー類が収まっていて
福井が世界に誇る、越前市「高村刃物製作所」のナイフも。
さらに、グラス、木製の器、越前漆器などなど、
ストーリー性がある、県内の工芸・作家ものが、出番を待つ。



b0118001_01453373.jpg
席は石窯の真ん前だった。
プリミティブな調理器具を自在に操り、地素材の底力を生かそうとする
阪下シェフの意気込みが、言葉なくとも伝わるわ。



b0118001_01455194.jpg
泡が、身体の隅々に染み渡る。
料理はシェフにおまかせのディナーコースより。



[アミューズ]
地魚のリエット
国産オーガニックレモンと豆乳のサワークリームを挟んだ最中

ワトム農園ケール
シュークルート 発酵春キャベツ
緑ゼンマイのグレッグ
b0118001_01460508.jpg
リエットは清らかな風味を放ち、レモンの優しさが手をつなぐ。
チップスにしたケールも、
ゼンマイもキャベツも香り、味わいともに強し。



b0118001_01462062.jpg
「湧き水を汲みに鯖江と今立へ行ってきました」とシェフ。
馳走の心を感じるその一杯は、
体内にすーっと広がる、澄みきった味わい。
個人的には福井(至る所)の湧き水と、愛媛・西条のうちぬき水がマイベスト。



[前菜]
ワトム農園 エディブルフラワー
フルーツトマト  苺

黒龍 純米酒煮切り  越のルビーのクリアウォーター
敦賀 奥井海生堂 蔵囲利尻昆布
b0118001_01463167.jpg
エディブルフラワーのなかには
トマトと豆乳からなるババロア、そして苺。
口に運べば、トマトと苺の清新な香りが現れ
b0118001_01464463.jpg
すぐさま、トマトのエキス、昆布のうま味、煮切り酒が融合した液体を口に運ぶ。
すると、それぞれのピュアな旨みだけが浮かび上がり、
気品に満ちたハーモニーが広がる。



b0118001_01470290.jpg
「Roger Lassarat Saint Véran Cuvée Prestige」に続き


b0118001_01472161.jpg
「九頭龍 純米」(黒龍酒造株式会社)で通すことに。
ワイン好きのための日本酒、というと烏滸がましいけれど
和のみならず洋にも、イノベーティブにもぴたり、この酒の懐はすこぶる深い。



[前菜]
真鯛 石窯あぶり
白子のソース
六条大麦とビーツ
b0118001_01473958.jpg
「白子がメインの料理」とシェフが言うだけあり、
濃厚な旨みがどこまでも続く。そして身はふっくら繊細。

b0118001_01475114.jpg
県産の六条大麦には、ビーツのすきっとした酸味が絡む。
大粒の麦だから、噛みしめる楽しさがあるね。
忍ばせた卵黄のソースが、白身や白子の優しさを結びつける。



[前菜]
鷹巣 水蛸 
焼き茄子
コールラビ
地辛子のソース
b0118001_01480214.jpg
「鷹巣で、本家が水蛸漁をしてるんです」とシェフ。
いやはや、水蛸のうまさに開眼!ふぁっとやらこくって甘いわぁ。
しかも焼き茄子が放つ、夏の香りとなんて合うの。
塩麹と酒粕に漬けたコールラビの食感も楽しい。
ソースまで地元もんに特化。さすガッス。




[温菜]
越前町 蛍烏賊
上志比 タラの芽
ホワイトアスパラガスのベニエ
b0118001_01481530.jpg
石窯の熾火でさっと熱を入れた蛍烏賊。ぷっくりを通り越してパンパン。
齧れば、タラの芽やアスパラのベニエの、素晴らしきソースと化す。
「朝、スタッフの家族が摘んできてくれました」という
花山椒、木の芽からなるサラダと共に。贅沢。



[スープ]
新玉葱のヴルーテ
b0118001_01483011.jpg
ヴルーテは透き通った甘み!
石窯でさっと火を通した原木椎茸は香り高い。
アーモンドミルクの泡が全体を優しく包み込む。
「油揚げ」をカリカリにさせたウエハース、合うわぁ。


b0118001_01484281.jpg
パンは自家製発酵種を用いた
福井県産の小麦「フクコムギ」100%。
発酵種のふんわりフルーティーな香り、
小麦の甘い香り、深い味わいにはハッとさせられる。


b0118001_01485680.jpg
薪火とその熾火を自在に操る、阪下シェフに目が釘付け。





[お魚]
越廼 真鯛の石窯焼き
上庄里芋と黒にんにくのピュレ
こしあぶら こごみ トウキチロウ
b0118001_01490748.jpg
熊川葛でとろみをつけた、地元の朝引き若鶏の一番出汁と
敦賀産 新わかめからなるソースをかけてくださる。



b0118001_01491991.jpg
海と山の、ここにしかない地の味が、和音を奏でる。
鯛は皮目香ばしく、ふっくら繊細、
新わかめの鮮やかな香りに、山菜が織りなす春の息吹。
トウキチロウって山菜、はじめまして。フキのような風味が印象的。

b0118001_01494839.jpg
とろみの要・熊川葛とは、
生産量が極めて少なく、質高き本葛。
幼少の頃、風邪ひいたとき、くず湯といえば熊川葛だったけど、
今や超稀少な地元食材。




[メインディッシュ]
奥越産 放牧牛若牛のヒレ肉 熾火焼
カブ 紫キャベツ
b0118001_01500154.jpg
ヒレ肉は、勝山「ラブリー牧場」より。
春から秋は放牧で草を食べ、冬は牛舎で干し草と自家製の発酵飼料を食べて育つという。


b0118001_01501381.jpg
「高村刃物製作所」のナイフを入れれば、すっと何かに導かれるように切れていく。
そのヒレ肉は、ふぁっと舌の上でほどけ
何とも優しい味わいと、放牧特有の清々しい香りが広がった。
クリアな味わいの、赤ワインソースとも相性よかったな。


b0118001_01502599.jpg
カブと紫キャベツも味がしっかり、名脇役。



そして〆へと。
b0118001_01503845.jpg

b0118001_01520637.jpg
炊きたてのご飯にテンション上がる。
福井が誇るブランド米「いちほまれ」だ。
まずは、そのままで。粒感と旨みのバランスがいい。
そして甘やかな香りがずっと続く。


b0118001_01532676.jpg
次は「ジビエのカレー」で。
まったりコクのある味わい、堪らん。
スパイス強すぎない加減が、ご飯の甘みを引き立たせる。




[デセール]
かせや味噌甘酒のアイスクリーム
苺 酒粕のガトー
b0118001_01533830.jpg
パーツひとつひとつにも、地元ならではの深いエピソードが。
時が止まってほしいとさえ感じる、有意義なひとときでした。



b0118001_01534934.jpg
ある日は牛たちの顔を見に牧場へと足をはこび、
客の顔を思い浮かべながら水を汲みに、山菜を採りに奔走。
さらには地元のファーマーや漁師さん、職人さん…
福井の食に携わる方々と日々交流する阪下シェフ。
ものづくりのスペシャリスト達の、想いや情熱をものすごく大切にしながら
一皿一皿を創り上げている。

曰く「引いてみて、見えてきたこと」を表現しているという味づくり、店づくりは
地の文化とシェフならではのクリエイティブが交差した
食べ手の心に響くものばかりでした。
阪下シェフ、ありがとうございました。

福井を深く学び、創造する食のキーパーソンたちが繋がり、
新たな広がりをみせている、
福井、キテる。



「Les Queues -レ・クゥ- 」
福井県福井市高柳1-712
0776-53-4858
open :11:30〜14:00、18:00〜22:00
close:水曜(祝日の場合は翌日振替)
http://www.les-queues.jp/



by writer-kaorin | 2019-05-08 07:12 | レ・クゥ | Comments(0)