人気ブログランキング |

カテゴリ:=プライベート=( 144 )

 

吟味屋 @新町にて肉ナイツ

最近、取材にプライベートに、新町づいている。
仕事アフター、黒毛和牛・炭火焼肉の
「吟味屋 西区新町店」へ(これはプライベート)
吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07275476.jpg


ビールをオーダーしつつ、メニュー選びはご常連に全任せ。
吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07280604.jpg





▶︎厚切りタン
吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07285428.jpg
見事な厚切りだ。

吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07291154.jpg
焼きもご常連にお任せで。
この光景を眺めながら飲める幸せったら(笑)


吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07323214.jpg
シャクッと歯触り心地よく、中心にいくにつれ艶っぽい。




吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07324786.jpg
吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07325022.jpg
ナムルやキムチの盛合せをアテに、杯が進む。





▶︎薄切りロース みぞれ焼
吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07330628.jpg
吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07331019.jpg
焼きしゃぶに。


吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07332984.jpg
脂肪が滑らかで口どけが良く、蕩け消えた〜。




▶︎ツラミ
吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07335674.jpg
薄切りだから、歯触りよく程よい歯ごたえ。
脂身も適度にあり、噛むほどに旨みがじわじわと。




▶︎特上ハラミ
吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07340894.jpg
嗚呼、艶やか。

吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07341812.jpg
タレはすきっとした味わい。
すっと歯を入れれば、肉の濃い〜味わいとともに
清々しいジュが溢れ出た。



吟味屋 @新町にて肉ナイツ_b0118001_07342925.jpg
ビビンバで〆。
といいながらも赤ワインが行き交う、至福時間でした。




「吟味屋 西区新町店」
大阪市西区新町1-18-3
06-6534-4129
open :17:00〜23:00LO
close:水曜
https://ginmiya.jp/


David Bowie - Heroes



by writer-kaorin | 2020-01-21 07:46 | =プライベート= | Comments(0)  

カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。

皆さま本年も宜しくお願い申し上げます✴︎
カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21423011.jpg
すでに別の地へと移動中なんだけど、
カナダでの美味しい感動を。はい、店ではなく家ご飯。
たいがい、家庭の味というものは、揺るぎない存在感がある。



カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21425763.jpg
クリスマスの日に登場した、ターキー・ローストの残りを使いラザーニャを。


カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21431391.jpg
パセリをざっくり刻み

カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21432997.jpg
ラザーニャを茹で上げ





ほぐしたターキー、刻みパセリ、擦りおろしたパルメザンチーズ、
モッツァレラチーズをどっさり混ぜ合わせたものをベースとする。
カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21443230.jpg


カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21435226.jpg
ラザーニャ、ターキー&チーズ、
トマトソース(ピュレやホール、バジル・ニンニク・塩入り)を重ね合わせ
オーブンに入れるだけ。
カロリーなんて気にしない(笑)


カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21445562.jpg
200℃・約35分で完成だ。


カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21451425.jpg
ターキーの唆られる風味に、チーズの深いコク、トマトソースの程よい凝縮感、
パスタのトゥルンとした質感らが渾然となり、にやけまくりの旨さ。


ワインは近所で発見したナイスなワインショップ(new open)より。
ブリティッシュコロンビア州・オカナガンのワイン多数。
しかも聞いたことがない生産者の、ナチュール系が多いから嬉しい限り。
15時以降のおやつ飲み、そしてアペにディナーへ…と。
この日、飲んだワインたち。



▶︎Pinot Gris 2018 /a Sunday in August wine
カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21453691.jpg



▶︎Sauvignon Blanc & Semillon 2016/Lock and Worth
(Oliver, Okanagan Valley, British Columbia, Canada)
https://www.lockandworth.com/
カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21455058.jpg


▶︎Radikon Oslavje 2012(500ml)
(Friuli-Venezia Giulia,Italy)
カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_21461996.jpg
そして「Valpolicella Ripasso 2015 / Bertani」へと。


翌日の、チキン・ソーセージも美味。
ニンニクがっちり利いてて、かつスパイシーでした。
カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_07425526.jpg


連日、川が凍るくらい寒いけれど、ずっといい天気。
空気が透き通ってて気持ちいい。冬は冬でいいもんだ。
カナダ。暮らすように楽しむ家ご飯。_b0118001_07450073.jpg




Eric Clapton - Wonderful Tonight


by writer-kaorin | 2020-01-04 07:37 | =プライベート= | Comments(0)  

KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演

感動と興奮と寂しさで、涙涙の一日でした。
ワールドツアー『END OF THE ROAD WORLD TOUR』を開催中のKISS。
この日は彼らにとって最後の大阪公演。


開演間もないタイミング。楽屋前でオモロいセレモニーが開かれた。
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11030630.jpg
KISSの皆さん、目線Thanks!


KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11033979.jpg
阪神競馬場の70周年と、
ジーン・シモンズさんが今年70歳を迎えたことから
なんとなんと、JRAとKISSのコラボが実現!
本日開催される『有馬記念』の公認PR隊長にKISSが就任したのだ。


報道陣とのQ&Aが繰り返されるなかで
ジーン曰く「最大のロックバンドと、日本で最も大きい競馬レースが
コラボするのは当然のこと。パーフェクトでしょ」。
メンバーが予想する優勝馬は強そう、というイメージから「アーモンドアイ」だった。
あー日本にいてたら、阪神競馬場行ってたなー。
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11040296.jpg
そして本日は決戦の日曜日。皆さま当たりますように!


現場でたまたま、「LOUDNESS」高崎さんにお会いできパシャリ。
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11043804.jpg
高崎さん、ありがとうございました。




そしてネタ満載すぎる、ライヴへと。
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11051123.jpg
ツェッペリンの「ロックン・ロール」が流れるなか
You Wanted the Best, から始まる、おなじみの合言葉にはじまり、
そらもちろん待ってましたの見せ場も数多。
たとえばそれが、ジーンの火吹きであったり、ポールの空中移動もしかり。

だけど、KISSのすごいところは、
ステージセットもスクリーンから流れる映像も、
見たことがないカッコよさ。そのスケール、北米でライブ観るレベルに匹敵。
止まること知らない、日々アップデートし続けている彼らのクリエーション。
目に入り込むものすべてに趣向が凝らされているのだ。



KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11092665.jpg
ポールの揺るぎなきオーラ、
英語でも客が置いてけぼりにならないよう、ちょいちょい日本語をかますなど
客を魅了するMCの極意、すばらしかった。



KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11093972.jpg
70歳のジーン。
元気の秘訣は?とJRAの記者発表中、
記者に聞かれ「男性ホルモン」って答えてたナ。

KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11095556.jpg
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11101223.jpg

KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11102415.jpg
八角形の型が自由自在に動き、中に映し出される映像とリンクする。
このセット、すごく効果的でカッコ良かった。


KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11130968.jpg
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11131419.jpg
曲目も終盤に近づくと、すすり泣きも聞こえてきたし。
目に涙を浮かばせながらも笑顔の、コアなファンたちの姿が印象的でした。


そしてアンコール。
特別ゲスト、YOSHIKIさんが登場!
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11134590.jpg
すでにリリースされたが、今年の紅白歌合戦は
KISSとYOSHIKIさんがコラボレーション!するのだ。
もしやロサンゼルスであれば、超ニアミスなんですけど(笑)


KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11275428.jpg
YOSHIKIさんDrの「ROCK AND ROLL ALL NIGHT」で超絶盛り上がり
幕は閉じたのでした。う〜ん、最後の最後はエリック・シンガーに
ドラムたたいて欲しかったなぁ〜。
ほんまにこの日が、KISSにとって最後の大阪公演なのであれば。
でも、今月末、またとないコラボを紅白で観ることができるのだから、楽しみですね。
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11150014.jpg
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11175894.jpg
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11282994.jpg


そしてこの日。楽屋で話題をもっていったのが
「パティシエ エスコヤマ」小山進シェフによる
KISSの巨大ケーキ!
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11152221.jpg
今回のワールドツアーならではのステージ、
その世界を見事に表現していて
かつ、チョコレートとデザインで再現した
メンバーの表情にいたるまで、何もかもが緻密でいてスケール感すごかった。

KISSのオフィシャルページでも紹介されていた!
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11153738.png


4人の偉大な勇者たち。
長い長い間、本当にお疲れさまでした。
夢と希望と感動を、ありがとうございました。
KISS『END OF THE ROAD WORLD TOUR』@最後の日本公演_b0118001_11161512.jpg
Y社長、S会長はじめ、関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

そしてライヴ後は、本日の特別ゲストYさんの
お店のアテンドを仰せつかり
ディープナイツとなりました(笑)





▶︎有馬記念×KISSコラボ特設サイト
http://jra.jp/special/2019hanshin-arima/


『第64回 有馬記念』
2019年12月22日(日)15:25〜
阪神競馬場
http://www.jra.go.jp


by writer-kaorin | 2019-12-22 11:18 | =プライベート= | Comments(0)  

自家農園のオリーブオイル @小豆島

過日、小豆島に行ってきた。
オリーブの実、収穫のために。
自家農園のオリーブオイル @小豆島_b0118001_06421542.jpg
瀬戸内・眺望の地を開墾し、
オリーブの木、只今700本!


自家農園のオリーブオイル @小豆島_b0118001_06422712.jpg
じつは4年前から、友人たちとオリーブを自家栽培している。
だから我が家のオリーブオイルは
小豆島産。オーガニック。



加熱用というよりは、サラダや肉・魚料理などのアクセントに。
シチリアに居候していた頃、マンマに教わったように
スキンケアにも大活躍。



自家農園のオリーブオイル @小豆島_b0118001_06424054.jpg
自家農園のオリーブオイル @小豆島_b0118001_06424918.jpg
品種はMission/Luccaの2種を栽培。
この子たちを、手摘みするのが楽しくて楽しくて。
まるで、写経に没頭しているが如く、無の時間。
こういう作業、好きすぎるんですけど(笑)



●オリーブ新漬け
自家農園のオリーブオイル @小豆島_b0118001_06440587.jpg
渋抜きし、塩水に漬け込んだ品。
コリッと食感楽しく、塩味はまぁるくやらこい。
種との身離れ実によく、清々しくも甘やかな香りが広がる。



自家農園のオリーブオイル @小豆島_b0118001_06441887.jpg
「Mission」のEV.オリーブオイル 2019
まろやかながらも、スパッと広がるフレッシュさがたまらん。
新漬けとオイルは一部を商品化し、四国エリアで限定販売中。




自家農園のオリーブオイル @小豆島_b0118001_06444559.jpg
来年の収穫、お手伝いいただける友人はぜひ、ご一報願う(笑)




#小豆島オリーブ
#CompagnoniFarm
#Mission
#Lucca



Creedence Clearwater Revival:
Have You Ever Seen The Rain?




by writer-kaorin | 2019-12-17 07:23 | =プライベート= | Comments(0)  

YARD Coffee&Craft Chocolate @天王寺・茶臼山

天王寺・茶臼山へ。
目当ては「YARD Coffee&Craft Chocolate」。
YARD Coffee&Craft Chocolate @天王寺・茶臼山_b0118001_08524182.jpg

YARD Coffee&Craft Chocolate @天王寺・茶臼山_b0118001_08530201.jpg
ショーケースには、ベイクスイーツやチョコレート菓子、グラスデザートetc…
そそられる品揃い。
どこか優しくも凛とした、おいしい表情してる。


YARD Coffee&Craft Chocolate @天王寺・茶臼山_b0118001_08532154.jpg
そしてシングルオリジンのスペシャルティコーヒーを軸にした
コーヒーのアイテムが魅力的なのだ。

2019年4月、この店を立ち上げた中谷奨太さん。
神保町「GLITCH COFFEE & ROASTERS」修業時に培った
技を展開するのはもちろん、
コーヒーに合わせ
お父様である中谷哲哉さんがオーナーシェフを務める
「なかたに亭」の技術を活かしたチョコレート・スイーツも提供するというわけ。


▶︎モンブラン
YARD Coffee&Craft Chocolate @天王寺・茶臼山_b0118001_08533467.jpg
愛媛県産 和栗はほこほこ質感よく香り高く。
ベトナム産カカオを用いたパウンドとの、香りの相乗効果がいい。
カプチーノの心地よい苦味が寄り添う。


YARD Coffee&Craft Chocolate @天王寺・茶臼山_b0118001_08534558.jpg
クレーム オ ショコラ、ベイクドチーズケーキ、
ガトーバスク、アーモンドバターケーキ、マフィン、チョコレートケーキなどなど
もう目移りするくらい魅惑のスイーツ揃い。片っ端からすべて食べたい(笑)



YARD Coffee&Craft Chocolate @天王寺・茶臼山_b0118001_08535861.jpg
天気がいい今日みたいな日に、近所をぶらぶら散歩しつつ
こちらでカフェ&スイーツ時間、最高の休日やね。



「YARD Coffee&Craft Chocolate」
大阪市天王寺区茶臼山1-3
06-6776-8166
open :10:00〜18:00
close:火曜、第1・3水曜
http://yardosaka.com/
https://www.instagram.com/yard_osaka/



I'd Love to Change the World


by writer-kaorin | 2019-11-24 08:51 | =プライベート= | Comments(0)  

オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展


ここは滋賀・木之本。
オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18453002.jpg
駅から目的地までぷらぷら散歩。
古き良き街並み。石畳の通りにはBook Cafeがあったり
レトロな本屋さん、和菓子屋さん。
サラダパンで有名な「つるや」もありで、街歩きが楽しい。


七本鎗でその名を馳せる「冨田酒造」も。
オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18454340.jpg
もちろん、お気に入りの酒をゲット。


目当ては、
冨田酒造から徒歩すぐの場所にある「きのもと交遊館」。
オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18455810.jpg
先日、発酵をテーマにした企画展が封切りになった。
その名は、“オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展”

日本で、海外で「発酵」が注目を集めている今、
国内外のシェフたちに、ぜひ知ってもらいたいイベント。
だから、へべれけ日記で紹介することにしよう。


「オカンのツボ」って名前がいい。
そういや昭和時代、どの家庭にも壺があった。
懐かしいなぁ。幼少の頃を思い出すわ。
壺には味噌や糠が入っていて、オカンが手を突っ込んだら
なんか美味しいもん出てくる、魔法のような壺だった。

で、本題。
それって「発酵」やないか、と。
滋賀って、鮒ずしに代表されるように昔ながらの発酵文化が根付く地域。
しかも木之本には、発酵食品がたくさんあるという。



施設内に掲げられた「発酵日記」に、もう目が釘付け!
オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18461631.jpg
オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18462897.jpg
オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18464299.jpg
そこには(霜月)鯖のなれずし、(霜月)ニシンの糀漬け
(霜月)白菜下漬け、白菜本漬け
(師走)赤カブ酢漬け (師走)沢庵漬け……などなど
木之本における、発酵の歳事記が詳しく楽しく丁寧に紹介されている。
隣県出身のワタシにとっては、懐かしい発酵食品があったり
「滋賀ならではやなぁ」と興味津々の品があったり。


なんと。この日は、オープニングイベントに運良く参加させて頂けた。
“発酵&田舎バイキング『湖北の食卓』”
なにがすごいって、地元のオカンによる発酵おかずが約15種。
さらに、木之本の郷土料理とおもてなし料理が約15種、ズラリ。


「懐かしい〜!」と叫んだ一品が、「タクアンの贅沢煮」。
古い沢庵の塩分を抜き、だしや醤油、トウガラシなどと共に煮た一品。
小浜に住んでいた頃、冬になると食卓に登場したなぁ。。
そのほか「茄子の贅沢煮」「淡海酢をつかった大根と柿のなます」
「鮒ずし」「オカンの漬物各種」「金時山椒」「甘糀ゼリー」など。


オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18535406.jpg
いがぐりのような風貌の品は「鮒ずしコロッケ」。
「レンコンのバター醤油&味噌をつかった発酵炒め」、「味噌づけ卵」
などなど、地元の主婦たちによる発酵料理は、本当に味わい深いものばかりで。
郷土料理のコーナーからは「丁子麩の辛子和え」「カボチャのいとこ煮」
おもてなし料理「しろみのみのシフォンケーキ」も何個頂いたんだろ。美味でした。


オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18540614.jpg
滋賀らしいなぁ〜。串おでん「赤こんにゃく&大根 柚子味噌ダレ」。
ほかにも、「実山椒 塩こうじ鶏ハム」や「塩こうじから揚げ」などなど
炊きたての新米ご飯、そして木之本ならではの「打ち豆汁」とともに
たっぷりいただいたのでした。


オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18541986.jpg
食後は、このイベントのコーディネーターも務める
「ハッピー太郎醸造所」のハッピー太郎こと池島幸太郎さんと、
なれ寿司職人 小林さん、ニシンの麹漬けやエビ豆がうまいと評判の
「いわね書店」のふみ子さんによるトークショー。


ハッピー太郎さんは、彦根に工房を構え
糀づくりを軸に、味噌・鮒ずし・甘酒など発酵食品を自らが手がけておられる。

発酵の達人たちの話をお聞きするだけで
ほんと勉強になったのでした。
木之本はもちろん、
いろんな地域に発酵の達人は存在している。
そういえば私のオカンも
自他共に認める「鯖へしこ」漬けの達人だ(笑)
この冬は、へしこの仕込み、
手伝おうと思う。


会場の展示品にも注目。
発酵作業を盛り上げる道具がずらり並ぶ。
オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18500347.jpg


オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18502644.jpg
「ハッピー太郎」さんの「発酵香り体験コーナー」
これはひとつひとつ、ゆっくり嗅ぐ価値あり!


ちなみに11月9日(土)は
『地酒bar & 発酵マルシェ』が開かれる。@文室邸
「冨田酒造」、「山路酒造」の日本酒がいただけるBar、
ハッピー太郎さんはじめ、発酵をテーマにした料理屋台もあるそうで、
また行きたいなー。原稿〆切がなければめっちゃ行きたい。(笑)


ともすれば途絶えてしまいかねない
地域の伝統的な食文化を、掘り下げ、伝え続ける。
その取り組みに感銘を受けた。
郷土料理の伝承が、地域の絆をさらに強めるだろうし、
「発酵」に注目している、国内外のトップシェフたちが
この地域へ足を踏み入れたら、ある意味どんな発酵が起きるのだろう。
考えただけでワクワクするね。


木之本ならではの発酵的食文化に影響を受けたワタシ。
発酵ライフにますます拍車がかかりそうだ。




■企画展示「木之本 暮らしの中の発酵」展
日 時:11月2日(土)~11月24日(日) 9:00~17:00
会 場: きのもと交遊館 1Fホール


■発酵マルシェ&地酒Bar
日 時:11月9日(土)11:00~16:00
会 場:文室邸
オカンのツボ『木之本 暮らしの中の発酵』展_b0118001_18545512.jpg

by writer-kaorin | 2019-11-08 19:36 | =プライベート= | Comments(0)  

本P前祝い マッキー酒場@大阪

本P前祝い マッキー酒場@大阪」の会におじゃま。
@大阪・上本町「錢屋本舗本館」
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18180123.jpg
新会社「株式会社 TOROMI PRODUCE」設立のお披露目会、翌日に迫る
代表取締役・本郷義浩さん(本p)の前祝いを、
「味の手帖」取締役編集顧問であり“タベアルキスト”の
マッキー牧元氏によるプレミアムな酒場にて。

本pさんは、MBS毎日放送の名プロデューサー。
「あまからアベニュー」「水野真紀の魔法のレストラン」
「真実の料理人」など料理情報番組を30年以上作り続けてきた人物。
他にも音楽、歴史紀行、ドラマ、ドキュメンタリー、
アート系など数多の番組に携わっておられる。

マッキーさん声がけのもと乾杯!@「HAKKAISAN」(白麹使用/瓶内二次発酵酒)
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18183561.jpg
マッキーさんを料理長に、サポート料理人によるお料理、そして
レアなお酒を、気心知れた方々と分かち合う、Beautiful Saturday。
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18195843.jpg


●川越 小野豆腐の緑豆を使った、ザルどうふ
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18185337.jpg
念願の!

本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18191784.jpg
濃厚かつまろやか。そして甘やかな香りがずっとずっと続く。
塩と、EXオリーブ油とともに味わえば、豆の甘みが持ち上がる。


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18192926.jpg
「春鹿 零下210日熟成 純米吟醸 生原酒」の心地よい酸、爽やかさが
豆の清々しい風味と合う合う。




●明石浦漁港よりこちのカルパッチョ、エビ醤油とライム風味
こちらは撮影し忘れ(涙)
コチはじわりじわりと旨味を放ち、アジアなエッセンスに
日本酒とシャンパーニュが行き交う夕暮れ。



●サカエヤ謹製 豚バラ肉の雲白肉(ウンパイロウ) ザクロ酢の隠し味
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18201348.jpg
ざくろ酢を隠し味にもってきたという、香味野菜入りのタレ「雲白肉」。
豚バラ、その脂は透き通った甘みを放つ。
コク深く、スキッとした凛々しさ感じるタレが、ピシッと決まった。



●サカエヤ謹製 豚肩ロースのBBQ サンチュ添え 特製味噌添え
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18203076.jpg
うっとりするくらい美しい。
この世のなかで一番好きな肉かもしれない豚肩ロース。しかもサカエヤ謹製って。
もう嬉しすぎて気絶しそうになった(笑)

本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18204336.jpg
マッキーさん作の料理が登場するたびに撮影会。
ひとりオモロい人いてるし、Mセンセ(笑)


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18211020.jpg
肉は噛みしめるほどに、優しくも深い旨みが口中を占拠。
張りあるサンチュの存在感、味噌のまったりとしたコクが和音を奏でる。


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18212238.jpg
こちらは、オリーブ油とマジアクリ(吉田牧場さんのチーズ)にマルドン(塩)
美しい羽衣をまとった豚肩ロースは、とても女性的な艶っぽさを秘めていた。


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18214060.jpg
「春鹿 KIOKE-SAKE」
木桶仕込みの熟成感、マジアクリ&豚肉となんて合うんだ。


肉料理の合間に、焼き野菜が登場。肉に引けを取らない存在感。
ピーマンと椎茸ブルーチーズ、白ナス、かぼちゃ、長茄子、万願寺とうがらし。


●セロリの辛子醤油和え
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18215296.jpg
辛子のアクセントと、エキゾティックな風味とがクロス。
箸休めにみせかけて、日本酒とワイン止まらん偉大なアテだった。



本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18220553.jpg
マッキーさんが披露してくださったそれは「近江牛Lボーン」

本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18221853.jpg
なんじゃこりゃー!なインパクト!
このサイズ、馴染みあるカナダの家BBQを思い出すが
近江牛、その美しさ、別世界。

本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18224311.jpg
炭火で焼き、寝かせ・・・を繰り返し


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18225789.jpg


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18232370.jpg
マッキーさん自ら包丁を入れ・・・。
その焼き上がり、表面は香ばしく、中は見事なロゼ色。
完成した「近江牛LボーンBBQ サルサソース」。
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_07220233.jpg
(photograph by Kiyotaka Imanishi)
炭火焼きの香ばしさはもちろん、
噛むほどに赤身ならではの旨みと芳しさがぶわっと打ち寄せる。
サルサソースは細かく切りそろえられた野菜、その食感心地よく
その爽やかテイストに、肉もう一切れ、もう一切れと箸が止まんない。

お料理、ノンストップ。

●明石浦漁港直送 穴子焼き アナゴ骨と頭出汁のツメ焼き
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18240194.jpg

本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18242796.jpg
マッキーさんサポート料理人のひとり
「幽玄」店主・三船桂佑さん!
三船さんは、味吉兆での修業を経て
2019年6月、銭屋本舗 西館にて独立。近々伺います三船さん!


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18245463.jpg
マッシュルームのブルーチーズ詰めを持つ主は、
スター☆中国料理人「中国菜エスサワダ」
オーナーシェフ・澤田州平さん。毎度お世話になってます!



●近江牛ひき肉のボロネーゼ フェットチーネ
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18251273.jpg
ボロネーゼにも唸った。。。
香味野菜とひき肉。異なる旨みが混じり合い
じんわり舌に響きつつも、清々しい後味なのだ。


●サカエヤ謹製 豚ひき肉と趙楊さん豆板醤の麻婆豆腐
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18252858.jpg

本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18254181.jpg
マイルドな口当たり。と思いきや
咀嚼するほどに複雑な旨み、深い辛味、心地よい痺れが時間差で押し寄せた。


お料理、まだまだ登場したのですが撮影し忘れ多々。
いずれも、ひと口味わうごとにニンマリ、目を細めてしまう
あるいはズワイガニを食べるときみたく無言になる、美味しさでした。
●吉田牧場チーズ マジアクリ、カマンベール、モッツァレッラ
●川越小野豆腐の油揚げさっと焼き、トリュフ塩
●胡瓜のにんにくごま油風
●ほうき鶏のスープ 
●サカエヤ謹製 豚肩ロース肉と
 シャンカール野口のスパイスによるポークビンダルー


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18260208.jpg
スペシャルサポート料理人の皆さん!
「幽玄」の三船さんと女将、有安さん、
「エスサワダ」澤田シェフ、ほんとにお疲れさまでした。


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_10113839.jpg
仕入れや準備や仕込みに関わってくださった皆さん、感謝感謝。
まとめ役のYuriさん!本当にありがとうございました!
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18261585.jpg
マッキー牧元さんによるお料理に、惚れました。酔いしれました。
ご馳走様でした。ありがとうございました。
本pこと本郷さん、新会社「株式会社 TOROMI PRODUCE」設立
本当におめでとうございます!今後とも宜しくお願いします☆



そして翌日のパーティーへと続く☆☆☆
本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18263176.jpg


本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18264275.jpg
(photograph by Kiyotaka Imanishi)

本P前祝い マッキー酒場@大阪_b0118001_18274355.jpg
(photograph by Kenji Torii)




by writer-kaorin | 2019-10-11 07:17 | =プライベート= | Comments(0)  

「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。

この日は「フォーシーズンズホテル京都」へ。
「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22215119.jpg
ロビーはめっきり秋の装い。
はぁ〜時間を忘れてまったり、気持ちいい。
仕事仲間に誘われ、3F「ザ・ラウンジ&バー」で開催中の
『ランバン創業130周年記念 コラボレーション アフタヌーンティー』へ。

「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22221994.jpg
2019年、創業130年を迎えるフランスのクチュールメゾン「ランバン(LANVIN)」。
そのセカンドライン「ランバン コレクション」と
フォーシーズンズホテル京都がコラボしたアフタヌーンティー。
このクオリティーを前に、そら仕事のハナシも進みます(笑)


「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22224155.jpg
まずは、アールグレイロイヤルミルクティーを。
まったりとした味わい。香りも高いね。



●セイボリー4種
「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22225243.jpg
「フォアグラとオレンジのキャンディ」は
オレンジムースの爽やかさと、フォアグラテリーヌのコクが合う。
お隣「きのこのキッシュ」は秋薫る味わい。
トリュフのクッキーの風味もいい仕事してる。
グラスに入った「ビシソワーズ」は透き通った味わいだし
「ハムとチーズのクロワッサンサンド」は香ばしいクロワッサンを
自家製ジャンボンブランとともに。サイズ感もいい。


聞けばセイボリー4種は、同ホテルのメインダイニング
レストラン「ブラッスリー」の料理長・古賀隆稚シェフがプロデュース。
古賀シェフ、33歳にしてフランス各地の7つの星付きレストランで
10年の修業経験もあり、今年5月、新たに料理長として着任した若手ホープ。
「フランスを感じる食材で」と組み立てたセイボリーは、期待を裏切らないクオリティ。
のっけからテンション上がる。




●スコーン2種
「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22230720.jpg
「いちじくのスコーン」と「バニラスコーン」。
バターのリッチな風味漂う、肌理の細かい生地。
ほろほろっと崩れ、その口どけのよさ、ティーとの相性よかった。


「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22242804.jpg


●スイーツ5種
「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22245095.jpg
左にある層になったスイーツから「カシスレイヤーケーキ」
「ほうじ茶ロリポップチョコレート」「LANVIN ピスタチオマカロン」
「チェリーブリュレチョコレートキューブ」「ブルーベリーカップケーキ」

ランバンの2019-20年秋冬コレクションのテーマ「光の道」を小宇宙的なスイーツにて。
エレガントかつシックで洗練された世界を、表現されててカッコイイ。
素材の酸味、香り、軽やかさや濃厚さ、さらには味重ねのバランス良く、
ひと口ごとにティーとの相性をじっくり楽しんだのでした。

期間限定<〜10月31日(木)>なので、
優雅なアフタヌーンを楽しみたい方はぜひ。


ちなみに11月1日(金)〜11月30日(土)のアフタヌーンティーは
シャネルの香水、ガブリエル シャネルとコラボって。
GABRIELLE CHANEL AFTERNOON TEA at FOUR SEASONS
〜ガブリエル シャネル アフタヌーンティー @ フォーシーズンズ〜
CHANEL好きの方々、これは見逃せないです。


そしてホテル内を散策。
「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22293094.jpg
「フォーシーズンズホテル京都」は、東山の麓に2016年10月オープン。
施設内には、平家物語にも記されたという、800年余年の歴史ある名庭「積翠園」が。
平安時代末期の庭園は、京都でも数少ないんだとか。

宿泊客以外のお客さんも、この庭園を散歩できたりする。
だからランチ後、アフタヌーンティー後の散策も楽しみもひとつ。


「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22302206.jpg
ここも次、立ち寄りたいなぁ。
「積翠園」の池のほとりにある「積翠亭」(営業時間:14:00〜21:00)
伝統的な建築様式を取り入れた雅な茶室。

「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22304478.jpg
喫茶はもちろんだけど、
シャンパーニュや京都ならではのクラフトな酒などもあり
アペリテュフに最高やろね。

「フォーシーズンズホテル京都」でアフタヌーンティー。_b0118001_22305865.jpg
日中には茶道体験も開かれているそうで
外国のお客様に人気だとか。

宿泊はもちろんだけど、日帰りでいろんな過ごし方をできるのが関西人には嬉しいね。
たとえばランチやアフタヌーンティー付きの、スパプランもあれば、
ビジター利用も可能なプール&フィットネスも。
冬が来るまでに、どちらかのプランを予約して、一日中ホテルで遊ぶと決めた。



『フォーシーズンズホテル京都』
京都市東山区妙法院前側町445-3
075-541-8288
https://www.fourseasons.com/jp/kyoto/


『ランバン創業130周年記念 コラボレーションアフタヌーンティー』
https://www.fourseasons.com/jp/kyoto/dining/lounges/the-lounge/afternoon-tea/


Rolling Stones She's A Rainbow 1966


by writer-kaorin | 2019-10-07 22:41 | =プライベート= | Comments(0)  

1日1食、コールドプレスジュース生活。

1日1食を、ほぼ毎日
コールドプレスジュースに置き換えてから、1ヶ月経過。
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21145101.jpg
結論、カラダの調子がすこぶる良い。
暴飲暴食しても、体重に響くことが減ったわ、
飲みすぎて翌朝しんどい、というのがなくなった(のは気のもちよう?笑)
今朝もそうだったけれど、ジョギングの足取りがとにかく軽い。
体重はさほど変わらないけれど、
食べすぎた翌日に実践するとその翌朝、確実に食べた分は減ってる。
結果、プラマイゼロなんだけど、体脂肪は2%減。


「ダイエット」というのは仕事柄、ムリ!
パスタもパンも、寿司も気の赴くまま食べたいし。
しかも私は毎日、酒を飲む。
取材などで食べ続ける日々もある。

そこで、取り入れたのが
「ほぼ毎日」コールドプレスジュース生活。
友人知人からも問い合わせをいただいてるので
ストレスなく続けられて、リバウンドしないコツを紹介しようかなと。


【コツ1】昼食をコールドプレスジュースのみに。
時間があるときはウォーキングも兼ねて、
梅田・淀屋橋・本町 界隈のコールドプレスジュース専門店へ。
“ウォーキング”ってのがポイント。といっても行き帰り3000歩程度。
少しでも健康にいいことした気分になることが
1食コールドプレスジュースだけにする際の
モチベーションUPの秘訣かなぁ。
ちなみに、お腹が空いたら
おやつにベイクスイーツを食べることもよくある。

そう、ストイックになりすぎないのが長続きの秘訣なのだ。


ってことで、オススメの専門店を2軒。

靱本町に本店、そして新地に支店を構える
「B.up Cleansing Juicery」
ビーアップ クレンジングジューサリー
http://bup-cleansing.com/
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21155130.jpg
注文後、搾る野菜をこうして見せてくれるのが嬉しい。
この日は「LIBRA」を。
小松菜、ほうれん草、ニンジン、キュウリ、
りんご、オレンジ、セロリ、チコリ、レモン

1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21160193.jpg
約1kgもの野菜や果実を、簡単に液体のみで摂取。
酒飲み肉食派にとっては、
野菜を無理して食べなくていいのがかなり嬉しい(笑)


この日は同店で、
飲みすぎた翌日のためのコールドプレスジュースを。
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21161445.jpg

1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21162445.jpg
目の前で搾る、その作業に目が釘付け。
オレンジ、キュウリ、パイナップル
ビーツ、ゴボウ、ショウガ、レモン からなる
「ANTARES」を。
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21164226.jpg
「肝機能向上、二日酔いにgood☆」なんて書かれてるから
頼まないワケがない(笑)
好物のビーツで、とても鮮やか。
フレッシュな野菜&果実それぞれの
個性がくっきり生きていて、むっちゃ凝縮感ある味わい。
肝臓を労わろうと、幾度となくリピートしているなぁ。




次は、本町にある「HARU JUiCE」
http://365s.haru-juice.com/
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21171803.jpg
大阪初の医師監修によるコールドプレスジュース専門店だ。


1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21172937.jpg
「点滴みたいでクスリじゃない」ってコンセプトがいい。
4種のスタンダードと2種のプレミアムがあり、
ドクター石黒伸氏のメッセージは、なるほど納得感強し。


1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21174996.jpg
「HARU JUiCE」も目の前で搾ってくれる。
私はいつもこの2つの商品を行ったりきたり。


「HARU3」
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21181330.jpg
この日は、沖縄産 無農薬の長寿草やシークワーサー、
長野のリンゴや、有機ヤーコン&ショウガ、キャベツ、セロリ、
白菜、パイナップル入り。
野菜は日替わり。だから、行くたびに発見があって楽しいの。


1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21182382.jpg
「HARU Dr.S」
ケール、赤パプリカ、ピーマン、ビーツ、生姜、
季節の柑橘や、オーガニックチアシード、竹炭が入ってこの色合い。
この苦味がたまらなく好きなのだ。でも苦いだけでなく果実味も程よいんだ。



「HARU JUiCE」には
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21183775.jpg
京都・宮津「飯尾醸造」お酢や、愛媛・大洲「梶田商店」のお醤油など
我が家で馴染みある調味料も販売していてテンション上がる!

1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21184729.jpg
ジュースを搾った際に出るパルプ(食物繊維)をグラノーラに加工し
販売するなど、思わず購入したくなるアイテムも揃っている。
本町界隈のオフィスで働く方々、オススメですわ。


だけど毎日、昼食をコールドプレスジュースに置き換えるのは至難の技。
朝早起きして専門店へ行くのも物理的に難しい。
どないしようか考えていたとき、
こちらの専門店のコールドプレスジュースに、出会った・・・。


「サンシャインジュース」(東京/恵比寿・新橋)
https://sunshinejuice.jp/
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21195769.jpg
日本初のコールドプレスジュース専門店として2014年にスタート。
恵比寿と新橋に店舗があって、
なおかつ通販サイトも展開していて
冷凍パックで届くから、嬉しい限り!


もうむっちゃ、ためしてガッテンでした。
そのポイントとは・・・・
【コツ2】朝食を置き換える。そして16時間の空腹時間を作る。

そう、“朝ごはん”をコールドプレスジュースに置き換えれば
これまたストレスなく、1日を過ごせるのだ。
「サンシャインジュース新聞」から引用するんだけど、
「空腹」時間を作り、カラダをリセットさせることが大切とのことで。
食事をして10時間経過すると、肝臓に蓄えられた糖質がなくなり
脂肪がエネルギーとして使われるように。
さらに、16時間が経過すると、カラダが古くなった細胞を分解し
それをもとに新しい細胞を作り出すのだという。
それにより老廃物は一掃されるというのだから。



私が愛用しているのは「サンシャインジュース」の
「DAILY JUICE “D.J.”」デイリージュース
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21210684.jpg
無農薬のケールやモリンガ、レモン、りんごと、すべて国産野菜&果実。
とっても飲みやすくって、朝にぴったりの爽やかなテイスト。

冷凍で届くから、流水で溶かしている間に
朝の用事をこなして
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21213716.jpg
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21212819.jpg
天気のいい朝はお庭で、秋風に吹かれながらグビグビと。



翌朝もサンシャインジュース。
1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21215647.jpg
朝から取材でバタバタしてたから、
サクッと時間かけずして飲めるのも嬉しい。


1日1食、コールドプレスジュース生活。_b0118001_21220758.jpg
最近は、朝にサンシャインジュースが日課となっている。
1パック60kcalというのも嬉しいね。


ストレスなく、長続きできる、自分なりの方法をみつけるのが
コールドプレスジュースを最大限に活用する秘訣かも。
ということで日々の暴飲暴食を、
心置きなく楽しむことができているわけです(笑)


「サンシャインジュース」
https://sunshinejuice.jp/




昨年、押尾コータローさんとビルボードライブ大阪で
セッションしてたっけ。ふたりとも大好きやなぁ。
Climbing in Geometry - William Ackerman


by writer-kaorin | 2019-09-24 07:25 | =プライベート= | Comments(0)  

鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。

武庫之荘にある薬膳中華家庭料理「鞍山」(アンザン)へ。
中国の東北地方・鞍山出身の店主が営む、小さな小さな中華料理店。
鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17243807.jpg
この店にしかない味を求めて、怒涛のランチが落ち着く13時すぎに訪問。
もう念願でした。ありがとうございます。


鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17285206.jpg
生ビールで喉を潤しつつ、
待ちわびる、その時間も楽しくって。
「鞍山」の店主は、京劇の俳優だったとか。
伝統的な衣装を身にまとった演者の、古き写真が飾られていたり
その隣には、著名人や毎度なスポーツ選手のサインも。

昼は定食がメインなのだが、
ちょっと時間を外すと、できるできないあるにせよ
単品メニューのオーダーが可能のよう。



●板春雨の炒め
鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17291490.jpg
春雨のイメージを覆す、この幅の広さ。

鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17292960.jpg
天女の羽衣を彷彿とさせるそれは、
トゥルンと軽やかなテクスチャー、
豚とオイスターソースの深い旨みが広がり、
箸を持つ手が止まらない。



そして真打登場だ。


●ナスの香り揚げ
鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17294309.jpg
見た目は、超色白のポテトフライ(笑)
口に運べば、超薄衣なのに、フワッ・カリッ・サクッの三拍子。
しかも。ナスの芯部までアッツアツなのに
フニャッと感全くなく、むしろカリッ&トロトッのたまらんテクスチャー。
薄い衣のなかで、ナスの果肉は見事に蒸されててジューシーなのだ。
気持ちケミカルな按配もあり。郷に入っては郷に従う。


鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17295940.jpg
カリカリになるまで炒めた豚ミンチと唐辛子をのっけて。
その辛み旨みがアクセントになり、ナスの甘みが引き立っていた。
ナスの香り揚げは、中国・鞍山の名物であり
まさにこの店ならではの名作、と呼ぶにふさわしい一品。



●ピリ辛チャーハン
鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17310330.jpg
米ひと粒ひと粒が油でコーティングされ、思わず食べ進むパラパラ感。
辛みの利かせ方も、絶妙でした。

鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17311439.jpg
チャーハンは、玉子スープ付きで500円。誠に実直。


鞍山 アンザン @武庫之荘、中華の名宝。_b0118001_17312795.jpg
武庫之荘の名宝。そう感じさせてくれる街中華。次は夜に伺いたい。
「可門」清水泰三さん、素晴らしい出会いを、美味な時間を
本当にありがとうございました!



「鞍山」
兵庫県尼崎市武庫之荘1-12-15
06-6431-8038
open :11:30〜14:00、17:00〜20:30LO
close:火曜、第3水曜


Alison Krauss - I Will (Live)



by writer-kaorin | 2019-08-29 08:23 | =プライベート= | Comments(0)