<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

すえひろ @帰国後、和の愉悦。

帰国後、初めての和食は
なんだかいつも「すえひろ」のような気がする。
b0118001_06455009.jpg
この日は、音楽関係の友人たちとの飲み。
美味しいネタと、洋楽ロックな話題に花が咲く。


b0118001_06461841.jpg
付き出し「ホタテ酢味噌」。
ホタテの旨みに続くキュッとした甘酸っぱさと、
白味噌のやらこい甘みに癒される。


カウンターにずらり並んだ大鉢料理を覗きながら
どれにしようか嬉しい悩み。



b0118001_06463407.jpg
「枝豆」はコク深き味わいだし


b0118001_06465999.jpg
「アジ南蛮」は、骨まで愛して〜な柔らかさ。
身に染んだ甘酢の、スキッとした塩梅に
ビール進み、次の一杯へと。



b0118001_06471293.jpg
角ハイボール。
酒を知った頃から馴染みのあるサントリー角。落ち着く味だ。



●くじら甘辛炊き
b0118001_06473938.jpg
コロはシャクシャク、小気味よい食感で
赤身は噛みしめるおいしさ。優しい甘辛さが、心に染み渡る。



●鯖生すし
b0118001_06475057.jpg
エッジが利いた張りがある身だこと。
強すぎない〆加減だから、脂のサラリとした甘みが主張する。



●馬刺し
b0118001_06480143.jpg
脂と赤身のバランスがいいの。
咀嚼するほどにキレイな脂の甘み、肉の旨みが舌を喜ばせる。


b0118001_06481817.jpg
芋焼酎湯割りで、しっぽりと行きたいとこだが
すいすい進み、何杯おかわりしたことやら。



そして、待ちに待ったおでんを。


●牛すじ、大根、椎茸
b0118001_06483562.jpg
大根をハフハフ頬張れば、じゅわり染み出る、
やさしいだしのうま味に、んもうメロメロ。
椎茸も深い旨みを蓄えていて、
牛すじは口中で、ホロリと崩れゆく繊細さ。はぁ〜。毎日食べていたい味。



●う巻き
b0118001_06485264.jpg
これも、待ってましたー!な一品。
だし巻きは、ふるふる豊満な肉体の如く。
鰻もタレも、濃いとみせかけてスキッと端正な味だから
深くも優しい旨みを感じさせつつ、後味すっきり。

カウンターの向かいには、毎度な方々の姿も。
不意打ちバンザイ!ばかりでテンション上がった夜。

その後も、積もる話が多すぎて、焼酎湯割りは続き
大鉢料理のなかから何品か注文。



●きんぴら
b0118001_06495739.jpg
美しい。ささがきの加減も、味付けも。
そして、美しいはおいしいのだ。



●鶏モツの煮物
b0118001_06501182.jpg
きんかんやレバーをはじめとするモツは、生姜を利かせて甘辛く。
こちらも心和む味でした。


b0118001_06502317.jpg
なんと、「心根」片山さん作の鯖寿司が登場。
じつに端正。〆の塩梅が超私好みで、鯖の脂のクリアな甘みが生きた加減。
1本あったら全ていってしまいそうな勢いでした。
杉枝さん☆おすそ分けありがとうございます。ごちそうさまでした(^^)

片山さんが、高槻市の最北・樫田地区に移転オープンする「心根」さん。
開店が楽しみでならない。


b0118001_06505639.jpg
そして、「すえひろ」の山ちゃん、お母さんが生み出す味わいは
相変わらず、心に響く味わいでした。
ありがとうございました☆



「おでん・一品料理 すえひろ」 
大阪市北区芝田2-2-8 
06-6373-1714
open : 17:00〜22:00LO
close: 土・日曜、祝日(2018/8/16現在、水曜不定休)


Bruce Springsteen - The Wrestler




by writer-kaorin | 2018-08-16 07:12 | すえひろ | Comments(0)  

肴・和洋酒 マツケン @酒呑みの楽園へ

野田阪神「肴・和洋酒 マツケン」。
b0118001_18340479.jpg
ワインや日本酒に合う、気の利いた肴があれやこれやとちょこちょこ登場する、
まさに酒呑みの聖地だ。「Gaston Chiquet Brut Sélection」でシャン杯☆


b0118001_18343364.jpg
まず登場したのが、銚子の鯖をつかった「〆鯖炙り」。
とんろりとした質感にニンマリ。〆加減はやさしく、鯖の清らかな風味を感じる。



b0118001_18351172.jpg
長崎産の金目鯛。身はウルウル繊細、皮目はぐっと香ばしい。
淡路島のアワビは蒸しで。味がしっかりのっている。
肝を舐めれば即、日本酒の口に。


b0118001_18352391.jpg
新政・素晴らしき純米の世界#3より「亜麻猫 改」
米麹の風味をじわじわ感じつつ、とにかく酸がキレイでうっとりしたわ。



●へしこバーニャカウダ風サラダ
b0118001_18353909.jpg
我が地元・小浜が誇る「鯖へしこ」をバーニャカウダ仕立てに。
これが…もうね、舐めながら永遠と酒飲みたくなるくらい美味(笑)
さらに。それぞれの野菜が個性的で、しっかり味があるから
野菜をかじりながら飲めるのだ。


b0118001_18355109.jpg
シュクレクールのパンと、へしこバーニャカウダと。
はぁ〜ワインいっときたくなる。なんて言ってたら、サッと
マダム・ジュンさんが次の一杯を供してくれる。
店主のマッチャンと、ジュンさんに身を委ねる安心感が、ここにはあるの。



●石川 白バイ貝、アカモク、ワカメ、1年熟成のカラスミがけ
b0118001_18360328.jpg
磯の香りに、白バイ貝の甘みと食感、カラスミの優しいコク、そして
スーパーフードとして名高い「アカモク」の強い粘りが交差する。
「奥播磨 純米吟醸 芳醇超辛」とともに。



●愛媛 蛸のとろろ焼き
b0118001_18361724.jpg

b0118001_18362630.jpg
これは頬が緩む味やわ(緩みっぱなしやけどw)
とろろの粘りと、ソースの複雑な旨みが共鳴し
金七商店(鹿児島・枕崎)の「クラシック節」がめっちゃいい仕事していた。
しかも、蛸そのものの味わいに力強さがあった。



●函館 サメガレイの西京焼 ジャガイモとマッシュルームのソース
b0118001_18364143.jpg
サメではなくカレイ科。鱗がサメのようにザラザラしてるからこの呼び名だそう。
焼きが美しい!身は緻密でいて、しっとり繊細。
西京味噌の旨みと、ソースの洋な香りがクロスする。



●手羽先
b0118001_18365797.jpg
小浜産・鯖の魚醤でマリネし、干した手羽先を唐揚げに。
皮ばばりばり香ばしく、魚醤のほんのりとしたコクがいいね。
そして弾力ある身から溢れ出るジュは、クリアで清々しい。



b0118001_18372441.jpg
オーストリアの赤「Sepp Moser Zweigelt Sepp 2015」。
ツヴァイゲルトという品種、ジューシーさと旨みを感じさせながら
するするスッキリ飲めるワイン。



●小イカと黄ニラの和え麺
b0118001_18373549.jpg
鶏手羽先のダシと、干しエビからとったダシが味の要となり
深い深い旨みの嵐。コシある麺との絡みがナイス。



●愛媛今治産 イノシシ バラ肉で巻いた新生姜のフライ
b0118001_18380961.jpg
噛みしめるたびに、生姜の香りや辛み、イノシシ肉の旨みが呼応。
大阪松原のパロマソースの透き通った旨みが寄り添ってくれた。

b0118001_18390424.jpg
イノシシのフライに、スペインのロゼを。
「Enjoy with Mariano Bodega Cueva」
オレンジ色した液体が煌めき、その果実味が炸裂。
イノシシの風味、キレイな味わいのソースとぴたり。



●佐賀牛 ヒウチの炭火焼き、サマートリュフ
b0118001_18391862.jpg
60日熟成したヒウチ。濃厚な旨みと清らかな甘みが舌を喜ばせる。
サマートリュフとのバランスも言わずもがな。


b0118001_18392823.jpg
南アフリカの赤「Lam Pinotage 2014 Lammershoek」と共に。
だし系旨みがあり、じつにエネルギッシな味わい。あーずっと飲み続けてたい。



●昆布〆ヒラメのウニ卵黄醤油和え、
 炊きたて土鍋ご飯、マツケンのぬか漬け
b0118001_18394370.jpg
これはですね、、、〆にならない〆であります(笑)

その後もあれこれお酒をいただき、季節のフルーツ味わいつつ
愉快なメンバーたちと、マッチャン、ジュンさんと
積もる話をしつつの、口福なひととき。ありがとうございました☆
「肴・和洋酒 マツケン」はまさに、
肴のあれこれに口うるさい、酒呑みにとっての楽園だ。



「肴・和洋酒 マツケン」
大阪市福島区鷺洲1-12-37三六荘ビル103号
06-6131-5532(予約がおすすめ)
open :18:00〜24:00
close:水曜(不定休あり)
Facebook
http://www.matsukenshokudou.com/


Greta Van Fleet - Safari Song


by writer-kaorin | 2018-08-11 18:41 | 肴・和洋酒 マツケン | Comments(2)  

LOOKOUT PATIO @Fairmont Banff Springs Hotel

夏と冬、年2回は訪れているバンフ。
カラッとした空気が気持ちいい夏のシーズン、
行かなあかん場所は多々あるんだけれど、その合間の山歩きだけは欠かさない。
b0118001_06543039.jpg
この日は、バンフの街からほど近い「Tunnel Mountain」へ。
標高1700m程度、往復2時間の、軽いトレッキング。
b0118001_06555552.jpg



見惚れてしまう、景色の多いこと。
b0118001_06550496.jpg
葉擦れの音に、小鳥のさえずり、リスの小さくも可愛い声
遠く絶壁の山々から流れてくるやまびこ。
自然界の音しか聞こえない場所に身を置き、心を無にする。



b0118001_06554332.jpg
下りのルートで目に飛び込むのは、コンパクトなバンフの街並み。
でも、山や森の面積が大きくって、そのスケールに圧倒されてしまうのです。
今回も熊との遭遇はなく、無事に下山となりました。


b0118001_06561642.jpg
でもバンフの中心地で、エルクが草を食んでる!
奈良の鹿を思い出した(笑)でもこちらでは、野生動物に人間は介入しない。
エサを与えるなんてもってのほか、というイメージがあるな。


お腹はぺっこぺこ。
「Banff Springs Hotel」へ駆け込み
b0118001_06562647.jpg


ルーフトップ ダイニング「LOOKOUT PATIO」でブランチなひととき。
b0118001_06563804.jpg
ボウ渓谷を一望できるこの大パノラマ!
山火事の影響で若干、霞がかかってたけど、いつ来ても感動する絶景だわ。



b0118001_06594549.jpg
「Big Rock Honey Brown Lager」で乾杯!
カラメルのモルトと、ハニーのほんのりとしたコク
ホップの華やかさで、ごくごくいけるハニーブラウンラガー。


フードメニューは、メキシカンスタイルに様変わり。
「ANTOJITOS」のなかから
●BORDER CHIPS
b0118001_07002119.jpg
トルティーヤ チップス山盛り。
馴染みのあるトマトのサルサヴェルデや、
香りたいいエアルームトマトのサルサヴェルデ
(エアルームトマトて伝統品種というニュアンスかな)
好物のワカモレ、3種のディップとともに。

ソッコー、ビール2杯目となるわけで。



「TRES TACOS」から
●PORK CARNITAS
b0118001_07003265.jpg
ポークカルニタス(ローストポークのほぐし身)を、トルティーヤとともに。
この豚肉をつまんで飲む、の繰り返し(笑)


b0118001_07004408.jpg


b0118001_07005691.jpg
この絶景も偉大なるアテ。ますますビールが進むのでした☆


「The Fairmont Banff Springs」
http://www.fairmont.com/banff-springs/

「THE LOOKOUT PATIO」
http://www.fairmont.com/banff-springs/dining/the-lookout/




Sting - Englishman In New York


by writer-kaorin | 2018-08-08 07:01 | =Canada= | Comments(0)  

The Trough Dining @バンフの隣町、キャンモアにて。

お久しぶりですー。
そんなこんなで、南国から冷涼な地へ。
ロッキー山脈の麓にあるリゾート地へやってきました。
b0118001_09032102.jpg
人口1万4000人の小さな町「Canmore -キャンモア-」。
名リゾート地「Banff -バンフ-」へは車で30分。
バンフは“ザ・観光地”といった賑わいだけれど、
別荘やコテージが建ち並ぶキャンモアには
おおらかな空気が流れ、のんびり過ごすにはもってこいな程の良さがある。


b0118001_09033746.jpg
ぶらぶら散歩してたら、野生のウサギやリスに
当たり前のように出合える。


この町を訪れたなら、立ち寄ってみたいショコラティエがあり
早速、見っけた。

「JACEK Chocolate Couture」
b0118001_09041145.jpg
アルバータ州・エドモントンを拠点に、数店舗を展開する
“Bean to Bar”なショコラティエ。
ジュエリーショップのような装い。
アルバータ州らしからぬ(といっては失礼だけど)ブランディングや味わいで
2009年にオープンして以来、瞬く間に人気となった。


b0118001_09044335.jpg
日本における「SMORGASBURG」の仕掛け人、Yuko Suzukiさんの名を冠にした
抹茶とミルクチョコレートのタブレット「THE YUKO」。
これが目当てだった。

女性ショコラティエJacquelineさんが創り出したそれは、
抹茶の気品ある香りと、ミルクチョコのコクとが心地よく融合。
深みがありながら、じつに上品な味わいだわ。
本日のディナーのデザートにも、楽しませていただこう。



さて。Canmoreでのディナー。
こちらの店におじゃましたかったのだが満席につき断念。
b0118001_09050351.jpg

「TAPAS」の近所で、地元人にあいされてるレストラン
「the TroUgh」で遅がけ晩ごはん。
b0118001_09052202.jpg
フランチャコルタで乾杯☆
21時前だというのに、外はまだまだ明るい。


泡と並行してビールの名やん!な南オーストラリアのシラーを。
「HEARTLAND Shiraz 2014」
b0118001_09053605.jpg
久々に、タンニンしっかり濃厚果実味系。
しみじみした味わいの、喉通りのよいワインに慣れてるから
ちょっとこの重たさはしんどい(笑)けれど飲む。



前菜は抜き。早速メインを。


●Pork
b0118001_09055005.jpg
ゆうに3階建て(笑)



b0118001_09060825.jpg
メニューにはアルバータ産・豚肉のバックリブを、低温でゆっくりブレゼ、とある。
聞けば、ソースはジャークスパイス(Jerk Spice)という
ジャマイカでポピュラーなスパイスを軸に、パラペーニョでしょ
レモンやパイナップルからなるサルサなどを煮詰めたものがベース。

リブはほろりトロリ。じつに身離れよく
ソースの甘辛酸、旨みのやみつきな味、これはタンニンしっかりワインが呼応する。
付け合わせの、ポレンタ・フライも飲ませる味わい。



●Beef
b0118001_09063627.jpg
部位はカルビ。
アルゼンチン発祥のソース・チミチュリ「chimichurri」とともに。
肉は噛みしめるたびに、その旨みを感じる。
チミチュリがいい仕事してるんだ。
パセリとニンニク、オレガノなどハーブの風味が爽やかで
アサード(asado)@肉焼き料理にもってこいのソース。



b0118001_09070101.jpg
人気はテラス席。でも私らはゆっくりのんびり、店内で。
お父さん席もあるテーブルがあったり、どことなく温かな空気が心地よかった。


b0118001_09075072.jpg
「Trough Dining Co」
725 9 St, Canmore, AB, CA
403-678-2820
open :17:30-21:00LO
close:Mon
http://www.thetrough.ca/


BGMもセンスあったなー。Phoenixが度々流れてた。
Phoenix - If I Ever Feel Better



by writer-kaorin | 2018-08-04 09:08 | =Canada= | Comments(0)