<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

baR pappA と PAPPABAR @大阪・新町

大阪・新町。
言わずと知れた、魚介系イタリアン
「TRATTORIA Pappa -トラットリア パッパ-」。

向かいのビルには2軒の姉妹店が。
1Fには、イタリア語のFM流れるバール「baR pappA -バール パッパ-」。そして
2Fに、金子國義の作品に彩られた「PAPPABAR -パッパ バー-」。

この日は2Fのバー「PAPPABAR」へ。
b0118001_10071699.jpg
泡で乾杯☆

1Fのバールで美味なイタリアンをサクッとガッツリの
予定だったんだけど
腰を据えてゆっくり?
という流れになり、オーセンティックな空間へ。


食事の前「TRATTORIA Pappa」松本シェフにご挨拶☆
学祭の話題やらあれやこれやと盛り上がったー(笑)
近いうちに、トラットリアにも伺いたいです☆


さて。バー「PAPPABAR」の主・山中佳恵さんによる料理は
和惣菜から、アテにも〆にもぴったりのキーマカレーまで。
b0118001_10073257.jpg
この「ひじき煮」はしみじみとした味わい深さがあったなー。
すきっとした旨みが、泡を進ませる。



●肉じゃが
b0118001_10122154.jpg
牛肉とジャガイモのみ、という潔さ。
味の含みよろしく、芋はじつに肌理細やか。
ひと口いただくほどに「端正」という言葉が脳裏をよぎる
家庭のそれとは一線を画す、肉じゃがなの。



1Fのバール「baR pappA -バール パッパ-」のお料理も
2Fのバーでいただくことは可能。
それなら、と
ワインを欲するお料理あれこれ。


●前菜盛り合わせ
b0118001_10080602.jpg
ポテサラ、モルタデッラといった冷前菜はじめ、
クリアな風味の「トリッパのトマト煮込み」や
香ばしく軽やかな衣に包まれた「カキフライ」タルタルソース、
ジューシーさこの上ない「マッシュルーム グラタン」など。
飲みのピッチが進む進む。
続いて、山中さんの秋トマトが登場。塩とともにシンプルに。



b0118001_10084194.jpg
トレンティーノ=アルト・アディジェ州の赤を。
「TIEFENBRUNNER Turmhof Pinot Nero 2016」
引き締まったタンニン、上品かつバランス良し。



●和牛スネ肉の赤ワイン煮込みのパスタミスタ
b0118001_10091352.jpg
多種多様なパスタが入る「パスタミスタ」。ナポリでよく食べたなー懐かしい。
ペンネ、ファルファッレ、カサレッチェ、フジッリの4種。
そして和牛スネ肉の塊がゴロゴロと。
そのどれもがほろりやわらかく煮込まれていて、濃厚な旨みを放つ。
ジャガイモも入り、そのとろみもあって、まぁとにかく飲ませる味でした。


バーの和惣菜にバールのイタリアンなmenuにと、
酒選びに迷うお料理の数々で、大満足なひととき。
次はアンティークグラスを傾けながら、
金子國義さんの作品をじっくり楽しみたい。
いつもありがとうございます☆



「baR Pappa バール パッパ」
大阪市西区新町2-12-4 1F
06-6536-4186
open : 17:30〜翌2:00(日曜、祝日16:00〜24:00)
close: 火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/baR.html


「PAPPABAR パッパ バー」
大阪市西区新町2-12-4 2F
06-6536-4187
open :17:30〜24:00LO(日曜、祝日16:00〜24:00LO)
close:火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/pappabar.html



Leonard Cohen - Hallelujah




by writer-kaorin | 2018-10-27 10:15 | baR pappA | Comments(2)  

焼肉 政ちゃん @肉の達人たちとの夜

休日のある日。
西成区・鶴見橋商店街のどんつきにある
「焼肉 政ちゃん」へ。

肉のプロ、肉焼きの達人はじめ
西成でクラフトビールを作るYさんも巻き込んでの夜。
ビールをチェイサーに


●春鹿 純米吟醸 生詰 ひやおろし(奈良・今西清兵衛商店)
b0118001_19075727.jpg
秋上がりの酒を早速。
まーじーおおきにー。
肉、それも焼肉に日本酒、これがじつに相性いいのだ。



●タン刺し
b0118001_19080918.jpg
ねっとり、なめらかな舌触り。
口中の温度でじわーっと、ピュアな脂の甘みが溶け出る。
春鹿の、上品かつまろやかな旨みがピタリと寄り添ってくれた。



●センマイ刺し
b0118001_19221514.jpg
エッジが効いてて、クニュッと感にもハリがある。
風味は清々しく、大阪が誇る「旭ポンズ」がいい仕事してる。



●ミノ
b0118001_19222708.jpg
赤ちゃんのほっぺのような色白ちゃん、旨いに決まってる。

b0118001_19223824.jpg
ミノにくっついた脂、甘いわ。
淡白とみせかけて、ミルキーで濃厚な味。


焼き奉行の技が、本当に素晴らしいのだから。
b0118001_19225263.jpg
まーじーおおきに!



●ツラミ
b0118001_19230463.jpg
小豆色したツラミ(牛ほほ肉)も、凛とした雰囲気を漂わせてる。


b0118001_19233037.jpg
焼き上がりのタイミングを瞬時でも見逃さぬ、焼き奉行が
目の前にいらっしゃるという幸せよ(笑)


b0118001_19235279.jpg
そのツラミは、シャクッと軽やかな歯触り。
噛めばムチムチ豊満で、コク深いジュがじわりと滲み出る。



●ハツ
b0118001_19241522.jpg
血管を取り除くなど緻密な仕事が冴える。


焼きは一瞬。中ミキュイの状態で即、味わえば・・・
b0118001_19251341.jpg
プルンッと心地よい弾力、
清々しい風味がずっと続くの。



b0118001_19253041.jpg
このタイミングで、キムチ盛り合わせの登場だ。
これ単体で、食べ続けていたいおいしさなんだけど

b0118001_19254368.jpg
ハツ with 白菜キムチ。
レアな質感と、ハツ特有の甘みに
キムチのコクのある辛みがすこぶる合うワケ。



●タンツラ
b0118001_19255780.jpg

b0118001_19261581.jpg
タンツラもまた素晴らしいー。
ブリッと弾けんばかりの脂と、
噛みごたえある肉質とが融合し、
濃厚なエキスに、勢い良く口の中は占拠された!



●ツラグレンス
b0118001_19262880.jpg
これまった、稀少な部位だこと!
ツラグレンスとは、ホホ肉横のリンパの部分のこと。
私は、政ちゃんでしか出会ったことがない。


b0118001_19264851.jpg

b0118001_19265952.jpg
しっかりとした噛みごたえ。でも咀嚼するほどに
脂はプニュッと、至るところで弾けながら
身そのものが、ほどけていくのだ。
クリアな甘み、ほろりとした苦みのニュアンスを残しながら。

b0118001_19305551.jpg
政ちゃん、目線いただきましたっ!
いつもありがとうございます☆


b0118001_19311235.jpg
ツラグレンス、エンドレスで食べていたい味。



●塩ハラミ
b0118001_19312407.jpg
凛々しい。そして脂の白さが鮮度の証。
すべての皿にいえることだけれど
生肉をのせる皿から一切、ドリップが出ていないのも
政ちゃんの店ならではの特徴。


b0118001_19314009.jpg
口中に溢れ出る肉汁、まるで泉のよう!
濃厚な旨みを蓄えていて、
それがじつにクリアな味わいだから、これまた食べ続けていたい。



●アカセン
b0118001_19315721.jpg
キレイに掃除がなされたがゆえの、澄んだ風味はもう、感嘆もの。
肉質や目利きはもちろんのこと、政ちゃんの手仕事の賜物。



b0118001_19321015.jpg
これもまた、待ってました!の
ハラミ(タレ)


b0118001_19322896.jpg
3回転目のお客様が、そろそろ…のタイミングにつき
アカセンとハラミの競演となる。これまた幸せな光景よ。


b0118001_19324496.jpg
心地よい弾力、程よく脂がのってて、旨み・甘み共に深みがあるのだ。
スキッと端正な味わいのタレだから、
ハラミの味わいをぐぐいっと持ち上げる。


b0118001_19325767.jpg
もちろん「ハラミ オンザライス」も♪
この上に、肉汁滴り落ちた付けダレをまわしかけて。
まるでズワイガニを喰らうがごとく無言で、、、
ハラミと白ご飯が行き交ったのでした。



できれば毎月おじゃましたい。
それくらい私の心を揺さぶる、政ちゃんという人、そして技と味。
いつもながら、その味わいに感動し放心状態な夜。

お店は今年48年目を迎えるそうで。
肉好きの聖地であり、一見さんはお断り、
予約は政ちゃんが認めた予約可能なお客様のみ受付け、などあり
何かとレジェンドなお店ですが
こうやっておじゃまできるのは、
ご常連のおかげ、政ちゃんのおかげです。ありがとうございます。



「焼肉 政ちゃん」
大阪市西成区鶴見橋3-8-21


朝からずっと頭にこの曲♪来月の日本公演楽しみ♪
Bon Jovi - Bed Of Roses


by writer-kaorin | 2018-10-23 19:42 | 政ちゃん | Comments(0)  

コアラ食堂 @パリの姉さん囲む会。

天六「コアラ食堂」で、パリから一時帰国中のN姉囲む夜♪
b0118001_20152107.jpg
ハートランド飲み干したら、皆が続々とやってきて
「Barking Owl Chardonnay 2016」で乾杯☆
コクがありつつ、清々しい余韻だ。



●やごろう黒豚のバラ肉 ネギサラダ 目玉焼きのせ
b0118001_20154853.jpg
豚バラの脂、甘い!水菜のシャキシャキ感、
とろ〜り黄身との相性、言わずもがな。


●レンコンバター
b0118001_20160067.jpg
野菜の鉄板焼より。ほくほく、優しい甘さを帯びてて
これをアテにシャルドネぐびぐび。


b0118001_20161007.jpg
エリンギは食感よろしくジューシー。
野菜不足のカラダが喜んでいるから、なおもワインが進むという健康的飲酒。



●とん平
b0118001_20162137.jpg
ぽってり、そそられるビジュアル。
ソースのコク、トロトロな卵の半熟感に続き
豚の肉汁がビュッと溢れ出る。豚好きにはたまらん一品。



●白菜のステーキ(ゴルゴンゾーラソース)
b0118001_20174965.jpg
コアラの白菜ステーキ、好きやわ。
ゴルゴンゾーラの風味と塩味により、
加熱した白菜の甘みがより一層、際立ってる。


b0118001_20175985.jpg
こちらは「白菜のミルフィーユステーキ」。
豚バラと層をなした白菜、こちらは豚の脂の旨みがエェ具合に交わり
ワイン止まらぬ味わい。



●Kimura Cellars Marlborough Pinot Noir 2017
b0118001_20181116.jpg
NZ・マールボローで木村さんが醸すピノ・ノワールが登場。嬉しすぎて叫んでもた。
優しい旨みと上品な渋みが交差。透き通った味わいだから、ずーっと飲み続けていたい。



どっさりの豚バラ肉と、
軸ぶっといクレソンのお出ましだ。
b0118001_20182457.jpg



●黒豚バラ肉とクレソンの旨鍋
b0118001_20184979.jpg
はぁ〜、これまた豚好きにはたまらん光景。
熱入れすぎない状態の肉を口に運べば
ピュアな甘みの脂がじゅわ〜、サラリと口中に広がりゆく。
クレソンは香りも苦味もしっかり。


b0118001_20192648.jpg
追いクレソン。
罪悪感なし、なんぼでも飲んでしまうのは
鍋の魅力はもちろん、ワインも心に響く味だから。


b0118001_20193802.jpg
「しめラーメン」と「しめマツタケ」のタッグはこの時季ならでは。
どこまでも芳しく、このダシもワインの絶大なる友。。



〆のお好み焼きに合わせて
b0118001_20194848.jpg
「Windowrie SAKURA Shiraz 2015」
毎年、家飲みでいただいている
こちらも大好きなワインだから、エェ、〆にならないの(笑)
舌にまぁるくまとわりつく、凝縮感ある果実味
心地よい苦味やあスパイシーさも時折顔をのぞかせる。
じっくり味わいながら、その個性を楽しんだ。



●牡蠣のお好み焼き
b0118001_20200020.jpg


b0118001_20200915.jpg
ザクザクッと香ばしく、キャベツの甘みを
追いかけるかのように、牡蠣の凝縮感ある旨みが続くワケ。



店主の“てらっち”こと、寺田充さん。
b0118001_20215911.jpg
まもなく、京都・宇治にコアラ食堂の姉妹店
KOALA PARK -コアラ パーク-」がオープンする予定。
楽しみです☆おじゃまします☆



「コアラ食堂」にて、口福で楽しい時間を過ごした後は・・・
b0118001_20271852.jpg
もちろんこちらへ!
レンガ通りにある、名スナック「マイウェイ」
ママとは取材させていただいて以来、数年ぶりの再会。


b0118001_20275329.jpg
波多野センセのボトルキープなウイスキー水割りとともに、
ママ手製 金時豆の煮物。心にじんわり広がる甘み、しみじみ旨かった。

滞在時間20分だったので、今度はゆっくりおじゃましようと思う。
N姉、またパリかオーサカで会いましょう!



「コアラ食堂」
大阪市北区浮田1-1-17
☎06-4980-4030
open : 17:30〜23:30
close: 月曜
https://www.facebook.com/Koarashokudo



TOTO来日決定〜! @2019年2月
広島、金沢、福岡、東京、大阪、盛岡、名古屋、仙台を巡るジャパンツアー。
お見逃しなく。私は大阪参戦🎶
https://udo.jp/concert/Toto








by writer-kaorin | 2018-10-18 20:29 | コアラ食堂 | Comments(0)  

御肉処 銀閣寺大にし @平井牛の会

寺町二条「御肉処 銀閣寺大にし」で開かれた「平井牛」の会へ。
b0118001_21331175.jpg
食のキーパーソンたちが集った夜☆


まずは“京丹波平井牛”についてご紹介しよう。
b0118001_21342356.jpg
和牛の肥育期間は、平均、約28ヶ月なのに対し、
京丹波平井牛は約35ヶ月肥育。時間も費用もかかるけれど、
体格が良く、細やかな霜を散りばめたような肉質が実現するという。
月齢30ヵ月を超えてくると牛の脂の融点は下がり、
人の体温で自然に溶けるほどに。旨みもより増すんだとか。

牛たちが快適に過ごせるようにと、牛舎にもさまざまな工夫が施されている。
その細やかな配慮が、ストレスフリーの和牛を育て上げるのだろう。
繊細かつ深い味わい、そして驚くほど上品な舌触り。
食べたときにひつこさを全く感じさせないのが、平井牛の特長だ。

b0118001_21361338.jpg
Champagne「DELAMOTTE Brut Blanc de Blancs」でシャン杯☆


「大にし特撰和牛コース」まずは

●平井牛 三角炙り握り
 雲丹と平井牛内平の炙りすし
b0118001_21363249.jpg



b0118001_21364610.jpg
「三角炙り握り」はワサビ、ニンニクチップと共に。
三角バラは濃厚でいて、何とも透明感ある味わいだこと。
鮨飯とともに、すーっと心地よくほどけた。


b0118001_21371008.jpg
「雲丹と平井牛内平の炙りすし」
内平は、赤身の旨みと、クリアな脂、雲丹の深いコクとが共鳴。
口中の温度で溶けゆき、消えたぁ〜。



●特選 平井牛 タン塩焼き
b0118001_21373598.jpg

b0118001_21374715.jpg
ハリがあり、甘みはじつに深い。


b0118001_21381146.jpg
こちらは厚切り。

b0118001_21382386.jpg
サクッと小気味よい食感、プリッと舌の上で跳ねるたまらんテクスチャー。
こちらもふくよかな味わいで、ジュが甘いの。
厚切りの加減、包丁入れも素晴らしかった。



●平井牛サーロインと松茸の焼しゃぶ
b0118001_21383855.jpg
美しくて見惚れてしまう。


b0118001_21385268.jpg
まずは何もつけず味わえば
肌理の細かい肉質、清らかな脂の旨みにウットリしてしまうやないの。


b0118001_21391187.jpg
続いて、松茸と一緒に。
肉のクリアな風味、松茸の芳しさが重なり合う。
はぁ〜。幸せの溜め息しか出ない。


b0118001_21394569.jpg
次は、メレンゲ卵白、黄味、つけダレにくぐらせて。


b0118001_21395958.jpg
エアリーな質感に続き、タレでぐっとコクを増した肉は
清々しい甘みを撒き散らす。嗚呼、放心状態(笑)



●平井牛ハラミステーキ サラダ仕立て
b0118001_21401992.jpg
歯ごたえあり、咀嚼するほどに
キレイな脂がすーっと広がりゆく。肌理が細かくって美しい。



●平井牛イチボのビーフカツ
 ポルチーニのソース
b0118001_21402931.jpg
ビフカツのイメージを覆すビジュアル!
衣はザクッ。イチボの濃厚な味わいが顔を覗かせる。
このソースがまた、凛々しいのだ。
ポルチーニの芳しさ、凝縮感ある旨みが共鳴。
イチボの風味を引き立たせるソースに、シェフの技が光る。



●平井牛シャトーブリアン トリュフの香りの塩
b0118001_21404151.jpg

b0118001_21405350.jpg
このシーンを眺めているだけで、ワインが進むわ。(笑)


b0118001_21410583.jpg
シャクッとした表面は香ばしい。
艶っぽい赤身はどこまでも繊細で、清らかな脂が溢れ出たと思いきや
すーっと消えた。これは夢か幻か。



●平井牛レバー塩焼き
b0118001_21411894.jpg
網の上で、数秒。
はぁー。どこまでも豊潤。
瑞々しく、ピュアでありながらも深い甘み、まさに極み。
そして甘やか、清らかな香りがずーっと続く。



●平井牛タレ焼 盛り合わせ 温野菜添え
b0118001_21415582.jpg
ミスジ、ランプ、そして仕事が施された季節の野菜たち。


b0118001_21421480.jpg
ミスジ。美しい細やかなサシに惚れ惚れ。



b0118001_21423223.jpg
ミスジは濃厚ながらも、後味キリッと。そして蕩けた。



b0118001_21425490.jpg
ランプも肌理が細かい肉質。濃厚な旨みが口中を占拠する。



●平井牛三角漬け丼
b0118001_21431818.jpg
艶めいてる三角、なんて甘くてクリアな味わいなの!
一方、ウニはまったりとコク深い味わいで
そのバランスといったら、もうニヤけることしかできない。
松茸のお吸い物とともに。



●モンブラン
b0118001_21433420.jpg
モカ、テイストのモンブラン。デザートもしみじみ、ほんとに美味でした。
その後、サプライズも待ち構えていた☆


これだけいただいて、かなーり泡やビールやワインをいただいたのに
全くひつこさを感じさせない。
なおかつ翌朝もすっきり清々しく、目眩く美味な余韻だけが残っていた。
極みの部位もお料理としてのバランスも、異なる個性があり味わい深く
本物の和牛の底力と、じっくり向き合うことができたのでした。
b0118001_21462429.jpg
平井さん、大西さん、毎度な皆さん、
本当にありがとうございました☆次回も楽しみにしてます☆


「御肉処 銀閣寺大にし」
京都市中京区寺町通り二条下る榎木町98番地8
075-213-0024
open :17:00~23:00(22:00LO)
close:月曜、12/31-1/2
http://www.yakiniku-onishi.jp/


「平井牛」
http://hiraigyu.com/



The Doobie Brothers - Takin' It To The Streets (1977)



by writer-kaorin | 2018-10-15 21:46 | 御肉処 銀閣寺大にし | Comments(0)  

ぷ〜れ @福島 大ちゃんの焼き鳥店へ oishii

福島でのロケ、アフター。
久しぶりに焼き鳥「ぷ〜れ」へ。
b0118001_07431674.jpg
まぁまぁ飲んできたので、グラス白でリセット。


b0118001_07425428.jpg
店主、大ちゃんこと窪田大輝さんとは
先日、京都・二条城で開かれた「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」
記者会見&出版記念パーティーでも会ったけれど、
改めて、大ちゃんビブグルマン連続獲得おめでとう!




b0118001_07435023.jpg
付き出しに、ハッとなる。
この枝豆、ふくよかな香りと、深い甘みを持ち合わせている。
存在感すごかった。永遠に食べ続けていたいくらい。



●フルーツトマト
b0118001_07444543.jpg
甘み酸味ともに凝縮感がある。これをアテに飲める。
トマト好きにほとんど食べられてしまったが。w



●鶏とアボカドのタルタル
b0118001_07445993.jpg
鶏ササミはねっとりとした質感良くって、優しい旨みを蓄えてて
滑らかクリーミーなアボカドと好相性なの。



●せせり
b0118001_07453869.jpg
厚みある身は、ぶりっぶり!
肉の旨みを引き立てる塩梅すこぶる良く、
歯を入れるたびに、クリアな肉汁が溢れ出る。



●ポテサラ
b0118001_07455105.jpg
ニンジン、キュウリが入り、その食感楽しい。
さっぱり、罪悪感ないポテサラに、ついつい箸が進むのだ。



●つくね
b0118001_07460279.jpg
ぽってりふくよかでいて、ふぁっふぁ繊細。
でも、しっかり肉食ってる感があり、後味清々しい。


b0118001_07461609.jpg
シラーにシフト。
連日、酒酒酒で疲れていたんだけれど
飲むほど元気になるのが不思議。




●かわ
b0118001_07462853.jpg
カリカリ感と、じわっと弾ける脂のキレイな旨みが堪んない。



●ぼんじり
b0118001_07464283.jpg
ブラジル女性のヒップのような、
ブリンッと弾ける感じが、好きやわー(オッサン目線)

その後「せせり」をおかわりしたな(笑)



b0118001_07465972.jpg
「焼き鳥丼」で〆。
ねぎまとタレと、白ご飯のバランスが良いの。
といいつつ、私はうえにのっかったねぎまをアテに、
ちびりちびりと至福なひとときとなりました☆


日替わりの黒板メニューには、
「テット・ド・フロマージュ」とか「リエット」「仔羊背肉」といったように
ここほんま焼き鳥屋さんかいな!?といった、嬉しい驚き隠せないメニューも多数。
でも、鮮度重視系アテや、焼き絶妙な串など、定番もきっりちおさえている。
そら人気だわ。この日も満員御礼で、活気に満ちていたのでした☆



「ぷ〜れ」
大阪市福島区福島7-7-22
☎06-6450-1522
open : 18:00〜23:00
close: 日曜
https://www.facebook.com/yakitoripoulet/



Boston - More Than a Feeling



by writer-kaorin | 2018-10-11 07:57 | ぷーれ | Comments(0)  

Sabor a mi -サボラミ- @昼酒万歳☆ oishii

休日の昼酒に、まず立ち寄りたい一軒が
「Sabor a mi -サボラミ-」@大阪・京町堀
b0118001_19323394.jpg
「ランチにビールやワイン」、ではないんだよなー。
「好みの酒と場を求め昼間から飲みに行く」というアクションが
すこぶる好きなのだ。そこに、気の利いたアテがあれば完璧。
そして夜に響かない程度、飲む。ここも重要なんだけど、そう上手くはいかない(笑)


b0118001_19324757.jpg
クレマン・ダルザスで乾杯!
「Rietsch Cremant d'Alsace Extra Brut」
広島・三原から、スーパースターファーマー「梶谷農園」梶谷譲、
そして福山から、グルマンなドクター、ドラゴンオカザキさんという
飲み食い仲間が来阪ということもあって、飲みのピッチが進むやないの。

b0118001_19330815.jpg
そんな泡がスーッと心地よく染み渡る。
外はまだ明るい。向かいのビルに絡まる蔦を眺めながら、気持ちよすぎる昼下がり。


b0118001_19332427.jpg
続いてロワールの「Montrieux Brut de Bulles」を。
だし系旨みが印象的だった。



●卵と野菜のピクルス
b0118001_19333358.jpg
ピクルスの、じんわり優しい甘酸っぱさが染み入る。
まぁるい酸味というか。卵の半熟加減もたまらん。



●牛すじ肉豆腐
b0118001_19334422.jpg
ひゃー。スジ肉で豆腐が見えない(笑)

椅子から転げ落ちそうになるくらい、感動した一皿!
見た目は無骨。このシンプルな組み合わせが飲兵衛心をくすぐる。
とろっとろのスジ肉は深い旨みをしっかり蓄えていて、
所々、肉々しさもしっかり。
肉汁が程よく浸透した豆腐がね、
もうスジ肉と肩を並べる存在感なのだ。
でも濃イィ〜感じではない、優しい後味がサボラミ流。


b0118001_19341389.jpg
「Marie et Vincent Tricot Les Petites Fleurs」
ここでガメイ。クゥー笑みが止まらん。
心地よい酸を感じ、軽やかなのに味の凝縮感はしっかり。




●豚とセロリの水ぎょうざ
b0118001_19342203.jpg
ツルンと喉越しよく、豚のクリアな旨み、
セロリの清々しい香りが、口の中に充満!
こちらも、重たさ皆無だから、何個でも食べてしまいそうでした。



休みのたびにおじゃまたい、お気に入りの昼酒場。
でも次は夜に伺い、シェフ内藤みはるさんのお料理と、
店主たみちゃんセレクトの自然派ワインに
どっぷり浸かり、酔いしれようと思う。
梶谷さん、ドラゴンさん、香西姉さん☆ありがとうございました!



「Sabor a mi」-サボラミ-
大阪市西区京町堀1-9-21 2F
06-6136-5368
open :15:00〜翌0:00クローズ(22:00フードLO)
close:水曜、不定休
https://www.facebook.com/winebar.saborami/




Roberta Flack - Feel Like Making Love



by writer-kaorin | 2018-10-05 19:34 | Sabor a mi | Comments(0)