<   2019年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

Billboard Live OSAKA @ロバート・グラスパーな夜

この夜は「ビルボードライブ大阪」セカンドステージへ。
〜ロバート・グラスパー・トリオ with DJ ジャヒ・サンダンス〜
b0118001_17075818.jpg
クラシックロック、ばかりでなく…
音楽シーンの今も、しっかり聴いておかねばと。(笑)


b0118001_17081315.jpg
ロバート・グラスパーは、ずいぶん前から行きたくてウズウズしてて
ちょっとした、不意打ち万歳な夜。
総支配人Kさん、いつもありがとうございます♪


ライヴ前は必ず(演奏中もだけど)
会場でゆったりと、ワイン&料理を味わうのが、楽しみのひとつ。
だから開場とともにピットインというワケ。
b0118001_17082892.jpg
フランチャコルタで乾杯♪
「Ca’del Bosco」がオンリストされてテンション上がる。




●鶏モモ肉のハーブチキンサラダ
b0118001_17084773.jpg
鶏肉はしっとり、ローズマリーほかハーブの心地よい香り漂う。
野菜摂取の健康的飲酒。



●ヒラメのソテー
b0118001_17090073.jpg
本日の魚料理より。肉厚でいて身はしっとり緻密。
サフランソースのコクと香り、
ケイパーの塩味がアクセントになっててワインが進むわ。
紫玉ネギやズッキーニ、ゴボウ、カボチャほか野菜の火の通し方もばっちり。



●黒毛和牛フィレ肉のステーキ
b0118001_17090965.jpg
このレア感、堪んない。
塩で味わえば、肉の清らかな甘みがぐぐっと際立つ。
玉ネギベースのソース、この爽やかな甘みもいい仕事してたな。



b0118001_17092082.jpg
まさか「Bread & Butter」にこの場で巡り会えるとは!
カリフォルニアで、ワイン界のロックスターが造るシャルドネの
超が付くバターの香り、ねっとり舌に絡む誘惑に、
そらもう酔いしれた。



●フォアグラ大根
b0118001_17093313.jpg
そそられるビジュアル。ロッシーニ風だけれど、
フォアグラの下は大根だから、罪悪感全くない(笑)
フォンで炊いた大根から滲み出る旨みと、フォアグラのコクが渾然に。
そこにさりげなくトリュフが香りを撒き散らし、
後味清々しいのは、大根の為せる技。
付け合わせは、丸コンニャクのゴルゴンゾーラクリームソース。これが名脇役!


b0118001_17094460.jpg
その後、演奏がはじまり・・・、クリスピーなピッツァ2種
「酒粕クリームチーズと鶏ムネ肉の塩麹ピッツァ」と
「マルゲリータ」を齧り、ビールとなりました。
ピッツァがアテに最高すぎて、撮影し忘れ(笑)

この大きな会場で、熱いものは熱いうちに…
一本筋の通ったひと皿ひと皿を提供できるって凄いなぁと、つくづく感心。
まだ食べたいメニューがあったんだけれど、次回のライヴのときに♪
美味しい時間をありがとうございました。



開演前、料理長にも会えた。
b0118001_17095706.jpg
ビルボードライブ大阪の女性料理長・永岡沙理さん。
若い!(笑)だけどちょっと一味違う、センスの持ち主。
その話はまた別の機会に。


さて、ロバート・グラスパー。
ジャズ・ピアニストとしての圧倒的なオーラを放ちつつ
ジャンルの垣根を越えたサウンドを巧みに操る彼の演奏って、
派手さはないものの、絶妙な間合いに心惹かれた。

ベース、ドラムス、DJらとのステージングによるボーダレスな音の世界。
ロバートはいろんな旋律のなかで、
緊張感あれば、引き算あり、引き立て役に撤する箇所あり、
要所要素のバランス感凄いの。そして阿吽の呼吸をもって、
トリオ凄いわ、と感心しっぱなしの、めくるめく時間でした。

そして新地の夜へと続く・・・。


「ビルボードライブ大阪」
大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2
☎06-6342-7722
Official Site



ROBERT GLASPER TRIO I Jamboree Jazz Club


by writer-kaorin | 2019-01-20 17:34 | Billboard-LIVE | Comments(0)  

オステリア ラ チチェルキア @マルケで記念日

こう見えても久々の訪問。
マルケ料理専門「オステリア ラ チチェルキア」。
b0118001_08391002.jpg
連シェフの友人・ルカさんのワイナリー
「テッラ・クルーダ」の“Ciao”で乾杯!


●肉詰めオリーブのフリット
b0118001_08400781.jpg
毎回オーダーするな(笑)
細やかな衣をかじれば、一度塩抜きしたオリーブは、えぇ塩梅。
そこに肉の旨みがじゅわりと絡む。嗚呼、至福時間



●人参のローリエ蒸し
b0118001_08401920.jpg
玉ねぎと人参の水分だけで蒸しあがったそれは、
人参の甘みがぐっと持ち上がっている。しかも
ドキッしてしまうくらい、香りも味わいも深いのだ。
素材力と手をかけすぎない技、これはシンプルの極み。
語り尽くしたいくらい、ほんまに感動した。



●ウサギのポタッキオ
b0118001_08412774.jpg
マルケの郷土料理といえば、の定番。
パプリカやトマトなどと共に煮込まれたウサギは、
香り高く、噛むほどに旨みがにじみ出る。



●白いラグーソースのタリアテッレ
b0118001_08411594.jpg
ラグーはさっぱりしつつも、深い旨みが舌を喜ばせる。
そのソースが絡むタリアテッレは
香りよく、ずっと食べ続けていたい。


●トルテリーニ
b0118001_08414875.jpg
こちらはブロードと共に。
詰め物パスタ・トルテリーニは小粒ながら肉の旨み凝縮。
ブロードの深くも清々しいうま味と共鳴してた。



●仔羊のフリット サラダ添え
b0118001_08420897.jpg
こちらも好物の一皿。薄衣はサクッと軽やかで
ふんわり&ジューシーな仔羊が顔を覗かせる。
ほのかにレモンの爽やかな香り、これがいいんだ。



ワインあれこれも、もちろん全てマルケ産。
b0118001_08422036.jpg
「Trebbien / Valter Mattoni」


b0118001_08423024.jpg
「BURELLO / SAN LORENZO」


b0118001_08424889.jpg
ラストは泡「Garofoli / Carlo Garofoli」
飲んだなぁ〜。


b0118001_08425808.jpg
〆にはこんな思いがけないサプライズも。
連シェフ、Grazie!!!
りんごのケイク、美味しくて涙出そうでした。



カラダにじんわり染み渡る
マルケの、連シェフの料理の数々に
会話も弾みテンション上がり、また癒されたひととき。
いつもありがとうございます(^^)



「オステリア ラ チチェルキア」
☎大阪市西区京町堀2-3-4 Sun-Yamato Bld.303
06-6441-0731
open :18:00〜翌0:00LO(日曜14:00〜23:00LO)
close:火曜、月1不定休あり



LYNYRD SKYNYRD - Sweet Home Alabama


by writer-kaorin | 2019-01-17 08:43 | ラ・チチェルキア | Comments(0)  

Bistro FUJINO @河内鴨、炭火料理、蕎麦とワインに酔いしれた

旅立ちの前夜。
曽根崎新地「ビストロ フジノ」で美味しいひととき。
Kさん、ありがとうございます。
b0118001_16512881.jpg
LOU DUMONT(ルー・デュモン)による
「CREMANT DE BOURGOGNE BLANC DE BLANCS」マグナムで乾杯♪
清らかでいて味わい深い、バランスの良さに、飲みのピッチ早まる。




●前菜4種盛り
b0118001_16514041.jpg
ニンジンと玉ネギのフリッタータは、爽やかな甘みが印象的だし
カボチャ素揚げはビネガーマリネに。甘みと酸味のバランスいい。
小ぶりのパンの上には、アンチョビバターと黄身で飲ませる味だ。
河内鴨ロースのハムとズッキーニのマリネはじわりと旨み広がる。



b0118001_16515001.jpg
マグナム飲み終え、Olivier Guyot
「Bourgogne Aligoté Cuvée David 2015」へと続く。
だし系うま味をしみじみ感じる一本。



●河内鴨のたたき
b0118001_16521423.jpg
ロースは噛むほどに赤身の旨みを感じ、
脂はブリッと弾け、クリアな甘みを撒き散らす。
河内鴨の肝は、どこまでも清々しい風味を放つ。



●焼いたサツマイモのスープ
b0118001_16522780.jpg
サツマイモのまったりふくよかな甘みに
その皮の香ばしさ、両方の個性が口中を楽しませる。



うわ。けっこう飲んでた・・・(笑)
b0118001_16523772.jpg
5分起きに味が変化する、その複雑味が面白かったなー。


b0118001_16525415.jpg


b0118001_16531126.jpg
ブルガリアの赤も登場だ。
「Petit Enira 2015」
ほんのりスパイシーで、なめらかタンニン、じんわりまろやかな味。



●コック・オ・ヴァン(coq→河内鴨)
b0118001_16532573.jpg
河内鴨のモモ肉を使ってるから、「河内鴨・オ・ヴァン」か。
赤ワインや香味野菜などで一晩マリネした後、煮込んだそれは、
骨離れすこぶるよく、優しい旨みと、スキッと端正な旨みとが融合。
キノコのソースや、スモークした河内鴨ロース肉がいい仕事してました。
こちらは通常メニューにないのでご了承ください。



●河内鴨ロースのハンバーガー
b0118001_16535889.jpg
大胆に頬張れば
バンズのほのかな甘みと、フレッシュな野菜により
河内鴨ロースの濃厚な味わいがぐぐっと際立ってる。



b0118001_16541133.jpg
音楽業界から転身したアヴァンギャルドな生産者、
チャールズ・スミス氏の(ワシントン/コロンビア・ヴァレー)
「Chateau Smith Cabernet Sauvignon 2015」を。
「Kungfu Girl Riesling」はよくいただくのだが、
これお初。ロックな色気ムンムン、スパイシー&リッチな味わい。




●河内鴨ロースの炭火焼
b0118001_16542449.jpg
茶美豚ロースや、短角牛の炭火焼などから選べ、私は好物の河内鴨を。
ロゼ色した身は、しっとり感この上ない。



そして〆は、こちらの店の名物のひとつ
●トリュフ蕎麦
b0118001_16543770.jpg
二八蕎麦に、トリュフ&オイルという禁断の組み合わせ。
両者の香りを楽しみながら…。
つゆにはスダチやレモンなどが加わり、その酸の利かせ方と
和洋折衷な味わいのバランスが素晴らしかった。
ほかにも、「変わり蕎麦」などがあり、これまたサプライズ感満載の一皿でした。
お店行ってのお楽しみに!


諸事情あり、デザートまでたどり着けず、店を後に。(涙)
河内鴨と蕎麦をメニューに据えながら、
思わずワインが進む(というか進みすぎてごめんなさい)お料理の数々。
楽しい時間をありがとうございました。ご馳走様でした(^^)



「Bistro FUJINO」(ビストロ フジノ)
大阪市北区曽根崎新地2-4-7 酒井ビル1F
06-6344-0240
open :11:30〜14:00LO、17:30〜22:30LO
close:日曜、祝日


by writer-kaorin | 2019-01-12 16:55 | 藤乃/Foujita/FUJINO | Comments(0)  

和食 いし津 @北堀江でキラリと光る一軒 oishii

ある日の休日、気になっていたお店で
気心知れた皆さんとのおいしい宴。


「和食 いし津」@北堀江
b0118001_21111280.jpg
主人の石津亮太さんは、京都の名店での修業を経て、
大阪でも数軒で研鑽を積み、2017年2月に自店を開いたそうな。
料理は、6000円のお任せコースはじめ、数種の懐石コースを揃えていて、
単品は400円〜スタンバイとは。
あらゆるシーンでお世話になれそう。



私たちは店奥のテーブル席にて。
b0118001_21114226.jpg
まずはのビールが体内に染み渡る〜。
料理は季節のコース、とのこと。




●前菜盛り合わせ
b0118001_21182160.jpg
「さしみ湯葉」はトロリ、濃厚な味わいで
「車海老の艶煮」は、繊細な身質。優しい甘みが広がった。
「ふぐ皮ポン酢」は、ぐっと利いたポン酢の酸味で飲ませる味になってるし
「慈姑チップ」の甘みとほろ苦さに癒される。


●お造り盛り合わせ
b0118001_21184067.jpg
「さえずり」は、濃厚な脂なんだけどクリアな後味。
「とらふぐ焼き霜」は噛むほどに旨みが滲み出、
「シマアジ」はハリがあり、口中温度でじわーっち脂が溶けゆく。
「本マグロ」赤身はすっきりとした味わ。



「早瀬浦 新酒槽搾り 純米酒」(福井・美浜町/三宅彦右衛門酒造)
b0118001_21185316.jpg
我が地元・若狭が誇る酒。
個人的にも勝手に(笑)思い入れがある酒蔵だ。ま、いちファンなの。
待ってましたの銀ラベルは、ハッとするほどキレイ。旨みもありつつ、後味爽やか。
この後、ずーっとこの酒で通すことに。



●海老芋まんじゅう べっ甲餡
b0118001_21190672.jpg
まんじゅうを齧れば、、、
海老芋のどこまでも滑らかな質感と香りに惚れ惚れ。
べっこう餡の、まったり深い旨みが、ガッチリ手を組む。



次の品は・・・
b0118001_21191845.jpg



●カマスの杉板焼き
b0118001_21232125.jpg
杉の香りふんわぁり。カマスは繊細な身で、
思いの外、脂のりよくそのジュがじんわり広がった。



お凌ぎは
●ズワイガニのぬく寿司
b0118001_21233215.jpg
酸味を帯びた甘い蒸気が、たたた堪らん。
カニの甘み、カニミソの深い味わいに酔いしれた。



ここで小鍋の登場だ。
b0118001_21254945.jpg
大阪が誇る「河内鴨」を用いた
「河内鴨のしゃぶしゃぶ」


b0118001_21260696.jpg
自家製 河内鴨のつくね入りの、鶏だしに
ロース肉をさっとくぐらせて。
身はねっとり艶めかしく、赤身の旨み、そして
河内鴨特有の清々しい脂の甘みが口中を占拠。


b0118001_21262819.jpg
クレソンや厚揚げも入り、
ダシの旨みがさらに増す。


b0118001_21264173.jpg
ずっと食べ続けていたかった。ハイ、河内鴨ラヴァーです(笑)


そして〆へと。

●サワラとイクラの土鍋ご飯
b0118001_21271062.jpg

b0118001_21272103.jpg
香り立つこの感じ〜堪らんわ。

b0118001_21273220.jpg
サワラはふっくら、イクラの塩味も手伝い
米の甘みがぐぐっと際立ってる。そしてどこまでも芳しかった。

b0118001_21274415.jpg
白味噌の優しい甘みで心和む。


b0118001_21275479.jpg
デザートは、キャラメルアイス、わらび餅、イチゴ。

美酒佳肴で、話尽きぬ夜。
メンバーは、伊や仏を中心に、ヨーロッパを股に掛けて活躍されてる方たちだから
時間を忘れるくらい楽しいひととき。



この日はカウンター、テーブル共に満席。
堀江という若い人たちの街にありながら
味に一家言ありそな大人たちで、活気に満ちていたのでした。


「和食 いし津」
大阪市西区北堀江1-15-9
06-4395-5468
open :18:00〜23:00
close:水曜



5月、来日決定。楽しみ尽きない♪ 
https://udo.jp/osaka/concert/BozScaggs
https://www.universal-music.co.jp/boz-scaggs/

Boz Scaggs - HEART OF MINE (Live)


by writer-kaorin | 2019-01-09 08:00 | 和食 いし津 | Comments(0)  

肉 阿久 @苦楽園口 oishii

この日は苦楽園口にある「肉 阿久」へ(2017/6 open)。
名パティシエ、名医、コアな洋楽好き、
リアル洋楽関係者などからなるロックナイツの定例会。
b0118001_09120734.jpg
「阿久」は明日、2019/1/5にリニューアルオープンするとのこと。
誠におめでとうございます!



b0118001_09123675.jpg
煌めく牛さんを背にシャン杯♪


料理はおまかせコースのみ。
店主・阿久津 大樹さんに身を委ねるとしよう。



●もつ汁
b0118001_09125222.jpg
冷え込む夜におじゃまし、供された一品目。
味噌の塩梅ほどよく、ほかほかあたたまる。
もつはプリプリ。そのクリアな脂を吸った薄揚げがまた旨いわ。



●肉そうめん
b0118001_09130518.jpg
まずは、そうめん仕立てのサーロインだけを舌にのせる。
すると、陽気でピュアな甘みが笑顔を振りまく。
次は、ダシとトロロと一緒に。
すると。肉の凛々しい旨みが顔を覗かせた。



b0118001_09133995.jpg
ビールはチェイサーです。



●白子ポン酢
b0118001_09135809.jpg
白子はプリッと弾け、だしのうま味とクリーミーさとが融合。
そして、ぽん酢の心地よい後味。



b0118001_09141312.jpg
「希少部位の塩焼き」は、ハラミとコメカミ。
丁寧に焼き上げられたハラミ。その凛々しさと迸る肉汁に、んもうメロメロ。
コメカミはグッと歯に入る存在感をもって噛むほどに旨みが溢れ出る。



●アキレス大根
b0118001_09145306.jpg
アキレスは、丁寧な仕事がなされてる。
歯にあたる違和感まったくなく、口中に押し寄せる滋味。
大根を齧ったときのじゅわり滲み出る旨みにもため息。
この大根、助演男優賞もんやな。


続いて、目の前では
瞬時なプレゼンテーションが繰り広げられる。
b0118001_09151260.jpg


●焼きすき
b0118001_09153029.jpg
サーロインを焼きしゃぶ的、頃合いにて、
タレと大根おろし、卵黄と共に。
脂を脂と感じさせない澄んだ風味に続き、
クリアで深い旨みが広がるの。



b0118001_09154721.jpg
私たちが入店するちょっと前から、じんわり火を入れていた塊肉が
そろそろ登場だ。1時間前後、経過したか。



●赤身肉の塩焼き
b0118001_09160271.jpg
ウデの部位「クリ」。この色艶に見惚れてしまう。
スッと歯が入り、キメの細かいその肉質にこちらが蕩けてしまいそ。
香り高く、気品ある赤身の旨みが、じわじわ口中に響き渡った。



b0118001_09161457.jpg
お口直しの長芋だし漬け、これが酒を呼ぶ味わい。



●和牛カレーライス
b0118001_09162744.jpg
ほどよくスパイシー、何よりも和牛の旨みがぐっと凝縮した
〆だけど飲んでしまう、味わい深さ。




●阿久のブランマンジェ
b0118001_09164097.jpg
まったりコク深く、清々しい後味。



食後もワイン片手に、ロック談義に花が咲いたのでした。
超レアなピックご開帳などなど。(驚)


「阿久」おまかせコースは、その日最も良いと仕入れで見極めた、和牛の
潜在能力を引き出した、端正な皿の連続。


b0118001_09191621.jpg
店主の阿久津さん。
リニューアル後の展開、楽しみにしています。
ありがとうございました☆



その後は・・・。
某豪邸のシアタールームにて
b0118001_09194431.jpg
b0118001_09195572.jpg
b0118001_09200575.jpg
RUSHの40周年記念「R40」のライヴ鑑賞!
大盛り上がりしたことはいうまでもない。
(すみませんちょっとマニアックな話題で。でもロックナイツゆえご了承願います)
ちなみに、RUSHのこのラストライヴは、
バンクーバーで参戦しました!



話は変わり、このサイトを見てくださる皆さま
いつもヘベレケ日記にお付き合い頂き、心より御礼申し上げます☆
本年も宜しくお願い申し上げます。



「肉 阿久」
西宮市名次町5-4
0798-61-5558
open :17:30〜21:30LO
close:火曜



Rush - Tom Sawyer (Live In Holland)


by writer-kaorin | 2019-01-04 09:26 | =プライベート= | Comments(0)  

Happy New Year 2019

あけましておめでとうございます。
2019年も、宜しくお願いいたします♪

b0118001_15404278.jpg
こちらは上空で新年を迎えています、今。
b0118001_15413198.jpg
次なる地へ、旅は続く。


いつも何事にもドキドキ、ワクワク
そんな毎日を過ごすことができればなと。

皆さまにとって、笑顔あふれる
素敵な一年になりますように!




Rush - Closer To The Heart




by writer-kaorin | 2019-01-01 04:36 | =プライベート= | Comments(0)