びんちょう焼き 八炭 @北新地

この日は昼から夜まで北新地。
「BON DA BON(ボン ダ ボン)」の多田さんが
「ル シュクレクール」にやってくる!てことで
おじゃましたら、それはそれはもう夢のようなひととき。
b0118001_09344010.jpg
17ヶ月と24ヶ月熟成の、魅惑的なペルシュウ2種を
思う存分、堪能し、バゲットやクロワッサンとの妙味を愉しみ
おかげでチョコ田こと横田くんセレクトの
ナチュラルなワインも進み進み、夕方には出来上がっておりました(笑)
b0118001_09345975.jpg
b0118001_09351163.jpg
多田さん、シュクレクールの皆さん、素敵な企画をありがとうございました☆



その流れで、愉快な仲間たちと
「びんちょう焼き 八炭」へ。
b0118001_09364317.jpg
2号線沿いのビル8Fに、その店はある。
祝日でシーンと静まり返った新地だったけれど、
そんな日にも開いているのがありがたい。


ルービーで乾杯の後は

●お造り3種盛り
b0118001_09370124.jpg
しまあじ(愛媛)は、ピンッとハリがある。
生本まぐろ(長崎)は艶やか。脂の甘みをじんわり感じ
茹でたこ(明石)の噛むほどに広がる旨みにニンマリ。


●アボカド わさび醤油
b0118001_09371249.jpg
とんろ〜り滑らかな舌触り。
ここらで、麦焼酎水割りの健康的飲酒。



●秋刀魚のお造り
b0118001_09372149.jpg
ピンッとこちらはエッジが立ってて
清々しい風味を放ち、脂がサラリと溶ける。
鮮度がいい証拠。



●たら白子ポン酢
b0118001_09373500.jpg
濃厚クリーミー。ポン酢のシャープな酸味で後味軽やか。



●三元豚 豚バラ キムチ巻き
b0118001_09374818.jpg
チェイサーにしていたビールが進む味。
これは間違いない組み合わせ。



「炭焼き魚 一夜干し」が、ざっと10種以上。
b0118001_09380180.jpg
その中から選んだ「寒さば」は、厚みがありふっくら。



ここらで、待ってました!の
●炊きたて 銀しゃり
b0118001_09381851.jpg
福井県美浜町の農家さんから直送のコシヒカリ。
地元の隣町だー嬉しいー。


b0118001_09383232.jpg
米ひと粒ひと粒が立ってて、艶やかー。
香り高く、甘みもあって、寒さばとの相性言うまでもない。



b0118001_09385235.jpg
「秋刀魚 塩焼き」も来るもんだから、白ご飯が止まりませんw


ここでここで、店主への土産にと持ち込んだペルシュウを。。。。


b0118001_09391291.jpg
「ペルシュウ on the 銀しゃり」
即、口に運べば
炊き立てご飯の熱で、脂がすーっと溶け
米の甘み、ペルシュウの上質な旨みのセッション、
こ・こ・これは反則技なおいしさ・・・。



●焼き豚足
b0118001_09392387.jpg
テンション高いまんま、好物の豚足へと。
ネチッジュワッと、ゼラチン質と脂の旨みが堪らんかったー。



飲兵衛の心鷲掴みなお料理の数々だったから、
まぁ飲んだ飲んだ食べた食べた。美味しゅうございました☆
年末にまた、忘年会でまたおじゃましたいなー。


「びんちょう焼き 八炭(はったん)」
大阪市北区曽根崎新地1-10-16 永楽ビル8F
06-6341-8088
open :18:00-翌1:30LO(金曜〜翌3:30LO、土曜・祝日〜23:30LO)
close:日曜、月曜の祝日
http://www.kita-shinchi-hattan.com/




本日11/23(金)公開!観に行く〜!
『エリック・クラプトン~12小節の人生~』



Eric Clapton - Bell Bottom Blues


# by writer-kaorin | 2018-11-23 09:42 | =酒場= | Comments(0)  

もめん @奈良の名酒とともに oishii

心斎橋「もめん」にて
季節の移ろいを愉しむひととき。


●帆立 車海老 菊花 りんごのジュレ
b0118001_19575332.jpg
帆立、車海老ともに深い甘みを蓄えてる。
そして、ジュレはりんご、とな。
その優しい甘酸っぱさが、素材の甘みを引き立てる。



b0118001_19593328.jpg
「春鹿 斗びん囲い 純米大吟醸生酒」とともに。(奈良・今西清兵衛商店)
(H30.11月製造)
ふくよかな旨みが、素材に寄り添い、ハーモニーを奏でるの。


この日は「春鹿会」という名のもと、
木綿さんのお料理にあわせた
今西社長セレクトのお酒が、続々登場。ありがとうございます☆



●鰹 握り
b0118001_19595251.jpg
鰹のすきっとした酸味、クリアな香りに
寿司飯のやんわりとした甘みが馴染む。


ここらで「春鹿 斗びん囲い 純米大吟醸生酒」
H19年製造の熟成酒を。
氷温熟成されたそれは、とろみを感じ
シャンパーニュのようなニュアンスの熟成感。
味わい深く、飲みに走り撮影し忘れ。



●松葉蟹しんじょうの椀物
b0118001_20000768.jpg
だしのえも言われぬ香り、深みあるうま味にウットリ。
蟹の旨みが凝縮したしんじょうに、箸を入れるたびに
だしが深みを増しゆく。



●平目 ひっさげ
b0118001_20004414.jpg
平目は清らかな甘みを蓄えていて
ひっさげは、すきっとした若々しさがいいね。


b0118001_20011180.jpg
「倭姫やまとひめ 純米吟醸 原酒瓶囲い」と共に。
コクがありながら、美しい酸とキレある後味。杯が進む。



●板持海老芋の揚げ、銀杏、むかご
b0118001_20014944.jpg
感動的だった一皿。ほんまに。
板持海老芋は、富田林・板持の乾さんより。
表面はサクッと繊細かつ小気味よい食感で、
口当たりはとても滑らかでトロットロ、なんて甘いんだ。



b0118001_20020285.jpg


b0118001_20021071.jpg
「春鹿 豊麗 純米酒」を燗で。
はぁ〜。穏やかでまったりとした、安定感あるおいしさ。



b0118001_20022496.jpg
ここで「クエ」が登場。なんて艶やかなの。



●クエ 小鍋
b0118001_20030092.jpg
数秒くぐらして、すぐ口に運べば
身はぶりっぶり。脂は美しく、クリアな風味が広がった。
アラも味わい深く、野菜は白菜のみという潔さも好き。


ピチピチの新酒をいただいた後に
b0118001_20031283.jpg
春鹿 KIOKE-SAKE『生酛仕込純米生原酒』を。
味わいに幅と深みがある。



●鮭の幽庵焼き ご飯 お味噌汁 お漬物
b0118001_20041300.jpg
海外から帰国して、まず食べたいと思う和食が、
この「もめん定食」。

b0118001_20042217.jpg
ご飯は、清々しい香り、甘みを放ってて、
その芳しさは、早朝に摘んだばかりのサフランを彷彿とさせる高貴さ。



●柿 シャインマスカット
b0118001_20043577.jpg
シンプルがゆえの圧倒的な存在感。
これは、もめんさんのすべての料理にいえること。




この日はサプライズに満ち溢れた夜。
今西社長、お誕生日おめでとうございます🎶
b0118001_20045666.jpg
バースデーケーキは「パティシエ エス コヤマ」にある
夢先案内会社「FANTASY DIRECTOR」より。
オリジナリティ溢れる唯一無二のケーキ!

FANTASY DIRECTOR 」では、お客さんと相談した上で、
オリジナルのケーキを仕上げてくれるの。
私も、音楽関係者に向けてのお誕生日ケーキに、家族のお祝いに
個人的にお世話になってます。

b0118001_20060648.jpg
生地とクリームのバランス、これまたシンプルがゆえの凄み。
酔いがさめるくらいに美味でした☆


堺・鳳のレジェンド「おさむちゃん」の内山修さんが
えぇ声〜で、河内音頭な祝い。
シビれましたとも。
そして「春鹿」の法被を着用して
ハッピーバースデーの大合唱となったのです。

b0118001_20074464.jpg
今西社長、ご一緒させて頂きました皆さん
毎度ありがとうございました★



「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3


Mumford & Sons - I Will Wait




# by writer-kaorin | 2018-11-19 07:18 | もめん | Comments(0)  

家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 大阪店

休日のミナミはなんだか懐かしい。
堀江に10年住んでいた頃の、賑やかな思い出がよみがえる。
この日はビックステップ7Fにある
「家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 大阪店」へ。
(カゼンシチフクシュカ セブンスサンレストラン)<旧 福臨門酒家>
b0118001_07504588.jpg
まずはビールをグビグビと。


「大阪福臨門」で大人気だった「点心コース」が復活したそうで。
「お好きな点心8種類をお選びいただけます」とは、総支配人の劉偉明さん。
それは香港を旅した気分で、楽しもうやないの。
でも17種類もあるから、どれにしようか悩んで悩んでしゃーない(笑)



●大根もち
b0118001_07513547.jpg
カリッ&程よくもちもち。ナチュラルな甘み。


b0118001_07515601.jpg
続いて「海老とニラ入り蒸し餃子」「海老と野菜の餃子」が登場。


b0118001_07520662.jpg
透き通った皮は繊細な質感、プリリと海老の甘みが弾ける。
ニラは風味豊か、野菜のほうは優しい甘みがじんわり。


●海老入りシュウマイ
b0118001_07530506.jpg
海老と豚の旨み凝縮。小粒ながら食べごたえある。



●海老蒸し餃子
b0118001_07532224.jpg

b0118001_07533015.jpg
艶やかで透き通った皮にうっとり。
ミンチと細かく切った海老の食感の差異が楽しい。



●春巻き
b0118001_07534177.jpg

b0118001_07535065.jpg
パリリと軽やか、油っこさ皆無。
こちらも海老が入ってたか。



●小籠包
b0118001_07540439.jpg
皮を少し破って、スープを啜り
私はいつも黒酢や針生姜をのっけず、そのまま味わう派。
クリアな旨みが口中を占拠。


b0118001_07542168.jpg
中国茶とともに飲茶な時間、といきたかったのだが
ビールおかわり(笑)



●ちまき
b0118001_07543221.jpg
b0118001_07544441.jpg
もち米は程よく粒が立ってて香りも甘みもよく
咀嚼するほどに鶏肉や栗の味わいがハーモニーを奏でる。



〆の麺・飯も、3種から好みの1品をチョイス。
チャーシュー汁そばや、香港焼きそばも魅力的だったが
お腹もいい感じだったので


●お粥セット
b0118001_07545693.jpg
鶏ガラスープで炊き上げてるのだろう。
上品なだしの旨みが
はぁ〜。五臓六腑に染み渡ったのでした。



そしてデザートへと。

●杏仁豆腐と香港菓子
b0118001_07550661.jpg

b0118001_07551685.jpg
最後まで、抜かりなし。
きっちり丁寧に作られた点心の数々、上等なお粥の味わいはもちろん、
気心知れたメンバーと一緒に過ごす最高の昼下がりでした。
深雪ちゃん、仲嶺くん、ありがと☆


「家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 大阪店」
大阪市中央区西心斎橋1-6-14 ビッグステップ7F
06-6252-3002
open :[月~土]11:30~15:00、17:30~21:30LO
[日・祝]11:30~15:30、17:30~21:00LO
close:無休
http://www.seventhson.jp/



Kim Carnes - Bette Davis Eyes


# by writer-kaorin | 2018-11-14 08:03 | 家全七福酒家 | Comments(0)  

gucite @シェフに身を委ねて oishii

待ちに待った「グシテ」な夜。
@大阪・東天満
b0118001_21034636.jpg
西尾シェフには取材でお世話になったり、
バールでカッフェな時間に不意打ち遭遇、なんてことは良くあるんだけれど
ゆっくりお店に伺うのは、この日ぶり。ひゃーっ2年前。


フルフラットなカウンター席に腰を据えるだけで
今からはじまる時間に
胸が高鳴るというか、このワクワク感が堪んない。


b0118001_21042962.jpg
「La Petite Folie 2015 / Laurent Bannwarth」
ゲヴェルツで微発泡だと。コク深く、溌剌とした泡が心地よいな。
この軽快な味わい、スターターにぴったり。


●〆鯖のブルスケッタ
b0118001_21044331.jpg
米酢で〆た鯖はまぁるい酸味が心地よく、じゅわりと脂の甘み。
LANGHERINO(ランゲリーノ)っていうピエモンテ産白カビチーズの
まろやかなコクが堪らんなー。




●マグロと貧乏人のキャビア
b0118001_21045728.jpg
ナスを使った「貧乏人のキャビア」。
ルーツは、ロシアの漁師たちの村の料理とも言われてる。
ナスの優しい塩味とコクに
マグロの清々しい酸味、フロマージュブランの爽やかさが重なり合い
ヘーゼルナッツの香ばしさがアクセント。この皿にも、ううう唸った。




●仔牛の舌のボッリート
b0118001_21051505.jpg
牛舌はぽってりしつつも、とてもしっとりした質感。
その風味はじつにキレイ。生温かい温度帯もいいわ。
自家製マヨネーズを和えたラヴィコットの
スキッとした酸味が、より一層、杯を進ませる。



●バッカラ・マンテカ-ト
b0118001_21052970.jpg
自家製ポレンタの上に、ぽってりこんもりとバッカラ・マンテカート。
(ちなみにピエモンテ「ムリーノ・マリーノ社」のポレンタ粉)
バッカラのやさしい旨みに
カリリと香ばしく、透き通った味わいのポレンタが寄り添う。
ローヌの白「Le Raisin et I'Ange Blanc NEdjMA 2017」の
薄にごりな旨みが、すーっと馴染む。



b0118001_21054002.jpg
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の郷土の味、
ウォッシュチーズとジャガイモのおやき的「フリコ」は
その香ばしさととろける旨みに、凝縮感あるガメイがするする進む。
ヴェネト州の「自然放牧豚の生サラミ」は、塩味がほんとに柔らかい。
実直に作られたナチュラルな味がする。



●秋刀魚 水牛リコッタチーズ 肝のソース
b0118001_21055216.jpg
秋刀魚とリコッタの素晴らしき出会い!
ソースは優しくほろ苦く、トマトソースの酸味が心地よい。




●鱈 白子
b0118001_21060706.jpg
白子の、カリリと香ばしくもとろ〜りクリーミーな味わいと
菊芋の一種「トピナンブール」の
ゴボウっぽい質朴な甘みが響き合う。
ピエモンテ「Erbaluce di Caluso/Monte Maletto」がピタリ。



●木下牛ハンバーグ
b0118001_21061806.jpg


b0118001_21062742.jpg
まるでタルタルステーキのような木下牛、
香りよく肉そのものにしっかりと味がある。
そんな肉の鮮烈な旨みと、
マレーシア産グリーンペッパーの
爽やかスパイシーな風味が、交互にやってきて
鶏ブロードやクリームからなるソースの優しいコクに
まぁるく包み込まれる。そして私は幸せすぎて溶けそう。



b0118001_21064693.jpg
至近距離にある自家製タヤリンが、次の出番を待ってる。



●タヤリン
b0118001_21070047.jpg
卵黄の極細麺・タヤリンの繊細な食感とコシ、
咀嚼するほどに浮かび上がる、深いコクにんもうメロメロ。
しかも。爽やかに香る、トリュフの存在感に陶酔。
とある私的ランキングに堂々、殿堂入り。
満腹なのに、思わずおかわりしたくなるのが西尾さんのタヤリンなの。




●モンテビアンコ
b0118001_21071389.jpg
丹波栗を使ったモンブラン。
もう終わってしまったが、栗がある季節の限定品。
やっとあなたに巡り合えましたね(笑)。なんせ初登頂だったから。
その栗のふくよかな香りと質朴さに、ただただ微笑むしかない。
甘さ控えめな生クリームとのバランス、繊細なテクスチャーも重なり
もう、このまま時が止まってほしいとさえ感じたモンテビアンコでした。



おまかせの皿に合わせてちょこちょこと、
絶妙な間合いで、注がれるワインたち。
b0118001_21072988.jpg

b0118001_21073747.jpg


b0118001_21074965.jpg
b0118001_21080195.jpg


b0118001_21081245.jpg

b0118001_21082612.jpg
いずれもナチュラルな造りのワインだから、
食後と翌朝の爽快感、ハンパない。


b0118001_21084283.jpg
西尾さんに心を開き、身を委ねる楽しみが「グシテ」にはあるの。
週1で通うご常連もおられると聞いたが、お気持ち分かる。
間髪開けずして、また来週にでも伺いたい。(笑)

西尾シェフ、ドラゴンさん、毎度な皆さん☆
Grazie!


「gucite (グシテ)」
大阪市北区天満2-7-1 末澤ビル102
☎06-6809-7376(要予約、基本的にワインを飲める方のみ)
open :18:00〜24:00LO(日曜は14:00〜22:00)
close:木曜、月1回不定休



11/9、ついに公開ですね!早く観たいー
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

Queen - Don't Stop Me Now



# by writer-kaorin | 2018-11-08 21:17 | gucite | Comments(0)  

祇園 一道BBQ @錢屋サロン

祇園の鉄板割烹「祇園 一道」。 
店主・関孝明さんによる恒例のBBQが、
上本町「錢屋サロン」で開催された。 
b0118001_09322470.jpg
待ちに待った、日曜昼下がり。 



b0118001_09325162.jpg
(photographed by ザッキー)


●吉田牧場「モッツァレラ」 海苔佃煮 山葵
b0118001_09330101.jpg
海苔と山葵の鮮烈な香りにより、
モッツァレラの深いコクが際立つ。
(photographed by 関孝明)



●鰆焼霜 銀杏 唐墨
b0118001_09331259.jpg
(photographed by 関孝明)
サワラは脂のりよく清々しく
自家製カラスミの絶妙な塩梅、飲ませるわ。



b0118001_09332614.jpg
b0118001_09333969.jpg
日本酒やワインもわんさか。昼酒万歳。


●Leo 2017 京都 S 純米大吟醸 (京都・伏見/東山酒造)
b0118001_09371847.jpg
かなーりかなりレア!
言わずと知れた「Clos Leo(クロ・レオ)」の醸造家・篠原麗雄さんが醸す
サケレオ、なファーストボトルもお目見えだ。



●伊勢海老のテルミドール風
b0118001_09373191.jpg
伊勢海老の殻に、火入れした身を敷き詰め
百合根をベシャメルソース代わりに。そして自家製カラスミをどっさりと!
ソースのピュアな甘み、カラスミのコクある塩味により
海老の濃厚な甘みがぐぐっと持ち上がる。



●鮑とその肝 雲子 大徳寺納豆 木の芽
b0118001_09374221.jpg
これまた酒プリーズな逸品だこと。
肝ソースが絡む身は、濃厚な味。
雲子のソースが味わいに深みを与え、木の芽が薫る。




●ホッキ貝とハマグリの貝汁
b0118001_09375303.jpg
W貝汁。じわ〜っと、優しくも深く広がりゆく清らかなうま味、堪んない。
肝臓が元気になりそうな感覚。(まぁ私のγGTPは11ですがw)
しかもだ、レオさんの日本酒が主張する
山田錦の甘やかな香り、ふくよかな旨み、
そしてスッと馴染む美しい酸と清らかな後味が
この貝汁と素晴らしい相性をみせた。



b0118001_09380451.jpg
このウニの量!壮観!
左は麺に和える用、
ということは・・・


b0118001_09381629.jpg
「ウニ和え麺 on the ウニ」!!!
濃厚な甘みと海味に、ただただ陶酔。
酢橘を絞れば、和の酸味でぐっと締まりある味わいになり、
ウニのクリアな風味が引き立った。


驚きはまだまだ続く。
b0118001_09382787.jpg


b0118001_09383634.jpg
「近江牛ウチヒラ」


b0118001_09384675.jpg



●近江牛ウチヒラ 塩 ニンニク 山葵
b0118001_09390048.jpg
プルンと跳ねるようなテクスチャー。
あっさりとしていながら、
噛むほどに濃厚な旨み、清々しい甘みが広がりゆくの。
塩と山葵とニンニクというシンプルさがいいね。



b0118001_09392435.jpg
「近江牛ウチヒラ ネギ ポン酢バター」にも唸った!
ぽん酢とバターの相性、なんて良いんだ。


b0118001_09393415.jpg
次はどっさりの松茸を、アレしてコレして


●松茸すき焼き風
b0118001_09395381.jpg
葛でとろみをつけた割り下風タレと
どっさりの松茸で
肉が見えない(笑)
その香り、味重ねは想像以上のものでした。



b0118001_09441312.jpg
その後、〆の炭水化物へと。


●焼き飯
b0118001_09443313.jpg
(photographed by ザッキー)
厚切りベーコンやウチヒラ、キムチやニンニクほか具だくさん。
〆のはずが〆にならず、またもや赤ワインを呷る。もうへべれけ。


b0118001_09445071.jpg
美女軍団🎶テラストーク飲み楽しかった!

鉄板の魔術師、関さんによるBBQは
年々、パワーと凄みを増している。その味わいと驚きと、
毎度な皆さんと過ごす楽しい時間に
テンション上がりっぱなしな、日曜のひとときでした。
しかし不休不眠で飲みすぎて想像以上のへべれけにw反省ーw
ありがとうございました☆



Swing Out Sister
Breakout & Forever Blue Ft Level 42
Prince's Trust 1989




# by writer-kaorin | 2018-11-04 09:59 | 祇園 一道 | Comments(0)