ある日の家飯、泉州穴子

久しぶりの家飯だ…;
ここんとこ、ロケハンか、仕事終わりに飲む日々で、
家飯ご無沙汰だった…(◎◎失格)。
イカンイカン。

フレンチ&イタリアンが毎日続いていたんだけど、
家メシのジャンルもほっとんど、伊か仏で、
肉料理&野菜たっぷりが主。

でもこの日は、魚が恋しなり、泉南の穴子を購入ー。


b0118001_16225863.jpg


そして、
小粒かつ存在感の強いお米「ヒノヒカリ」もゲット。

家飯@夜は、炭水化物を
ほっとんど食べないkaorinなのだが…、
ジョヴァノット上村さんに
イタリアンにおける「ヒノヒカリ」使いを教わり、
ニッポンの米をパルメザンベースのリゾットに。

これには、がっついた…(笑)


それに合わせる、穴子料理はというと…
■泉南の穴子 @白
b0118001_16232360.jpg

皮に熱湯をさっとかけ、庖丁の背でぬめりと落とし、
蒸し器に並べ、塩を振り、15分蒸す。
こいつらはその後、
ハーブ類をきかせて、さっと炒めたもの。超シンプル♪



■泉南の穴子 @黒
b0118001_16234675.jpg

もう一方は、蒸すまでは同じ下処理をした後、
バルサミコ×赤ワイン×エシャロット×ハチミツ、ちょい塩で、
こしらえたソースのつけ焼き。 これまた簡単♪


b0118001_16244772.jpg

黒穴子をリゾットとともに。
濃い〜、パンチのある一皿のようだが、
穴子のふくよかさ、バルサミコソースのサラリとしたコクが渾然一体。
なんぼでも食べれる(笑)


■明石のタコは、マリネちっくなサラダで食す
b0118001_1625726.jpg

長崎・島原よりやってきた、土付き人参、
人参らしい素朴な味、かつ、濃いぃの!
人参の味ってこんなんやったなぁと、
昔の記憶が蘇る味わいだった。


でもって、大好きな
b0118001_16253184.jpg

アンジョリーノ マウレの
『サッサイア06 ラ・ビアンカーラ』
from Wine Shop FUJIMARU


あぁ…Wine Shop FUJIMARU「北摂店」が欲しい…(つぶやき)

# by writer-kaorin | 2008-11-29 04:30 | =プライベート= | Comments(8)  

やきとり 喜多村 @雅さんの店

この日は、トミーズ雅さんがオーナーをつとめる、「やきとり 喜多村」へ。
あるTV番組のスタッフほぼ全員集合〜!の、レセプションへおじゃま。


>>外観鶏忘れ…

11/24オープンやから、本日やね。
場所は塚本の北野高校ほど近く。

「お!帰りに、今一番行きたいワインバーへ行けるやん!」って思ったら、
「それ、塚本ちゃうやん! 塚口やん…」と、ひとりボケ&ツッコミ(笑)

お店のあるマンション1Fには、
「キッチン 喜多村」、「カラオケ喜多村」、そして「やきとり 喜多村」
そう。3軒とも、雅さんのお店ってワケだ。

この日は、雅さん&健さん、なるみさん、
遅れて、ハイヒールモモコさん、リンゴ姉さんの姿も。

■付き出し
b0118001_1494526.jpg

ポテサラ


■肝とズリの甘辛煮
b0118001_14101131.jpg



■ナンコツ唐揚げ
b0118001_14103614.jpg



■つくね
b0118001_1411870.jpg

デカい!
これ、好きやなぁ。
ぽってりしてて、火入れよし。
でもって、中にチーズがとろぉ〜りで。


■鶏唐のタルタル
b0118001_14113436.jpg

タルタルって、久しぶりに食べた(^^;)
この、ハイカロリーっぽさ、大好きや。(笑)


■ササミ
b0118001_14115596.jpg

ほか、お酒も料理も、たくさんいただきましたー。

ちょっと、行き難い場所ゆえに、
ローカル感漂うたたずまいで、居心地よしです。


2軒目は、お隣の「カラオケ 喜多村」さんへ、
プロデューサーやスタッフはじめ、雅さん&健さん、
なるみさん、そしてモモコさん&リンゴ姉さんもー。
皆さん、仲よろしおすなぁ〜。


で、韓国語のカラオケで大盛り上がり(笑)


焼酎どんだけいただいたんやろ…。軽くトータル10杯?
飲めば飲むほど、どんどんオッサンと化す、kaorinなのでしたー(汗;)


『やきとり 喜多村』
大阪市淀川区新北野3-9-14 (市バス:新北野中学校前)
06-6885-3055
open : 17:00〜0:00
close : thu

# by writer-kaorin | 2008-11-24 14:14 | やきとり 喜多村 | Comments(0)  

ハイパー!魚居酒屋

江戸堀の外れで、
魚好きを唸らす、
ある魚居酒屋に、出会った…。


b0118001_9511713.jpg

店先に置かれた、酸素パイプ付き発泡スチロールを見ただけで、
「おっ。こりゃ期待できるかも」と。

この日は、音楽業界の大御所・飲み仲間のKちゃんに連れられ、
不意打ちでおじゃま。
彼オススメなら、間違いない!と踏んでた(笑)


品書きを見て驚いた。
「まじ??浜坂のタグ付き、あるんすか!!!」と。

大将、その言葉に響いてくれて、
直ぐさまブツ、見せてくれる(笑)
b0118001_9514691.jpg

はい、解禁しました!ズワイガニ。
こいつは、浜坂@兵庫のタグ付き!
ちゃんと、黒のブツブツもついている、ずっしりとした重さ。
どうやら直で仕入れてはるみたいだ。



■付き出し
b0118001_9521360.jpg

スジコや、てっぴ他、4種。
これで1合空いたと思う(笑)


この熟した柿の正体は…
b0118001_9523448.jpg
黄身の味噌漬け+
柿の枯葉は、昆布+
でもって軸は、なんとプリッツ・サラダ味!(笑)

黄身はねっとり、味噌の馴染ませ具合、素晴らし。



■トツカアジのタタキ from 田辺 (¥600)
b0118001_953570.jpg

大好物のトツカアジ!大阪で、巡り会えるやなんて!
毎年、沼島@淡路島で頂いてたんだけど、
そうか、向かいの紀州も、海同じやからトツカアジやね。
脂しっかり。名残のゆるさがあると思いきや、
なんの、ピンッとエッジもきいていて、生命力ありあり。
しかも、この値段でアリかいな…??



■造り盛り
b0118001_9534332.jpg

ブリカマ、登場しよった…(笑)
ブリトロ、淡路島の天然平目、アオリイカ、イカウニ…etc…。
鮮度ちゃいますね。
ちょいと寝かせた魚の旨味も、それはそれで大好きだけれど、
シンプルに潔く、鮮度のよさを楽しむのも、好きやね。

前の店で、グビグビ飲んだし食べたのに、
付き出しから、今なお、別腹モードです(笑)



■安納紅の天婦羅(¥400)
b0118001_9541368.jpg

種子島の安納芋に、オーサカで巡り会えるとは…。
この芋、糖度がめっさ高く、
濃い〜、かつ上品な甘みを帯びた、芋。
揚げ方も、申し分ない。しかも400円。



■さっきのトツカアジの骨を、アテとして。
b0118001_9543766.jpg

2度揚げの衣、食感にそそられ…
しかも、軽いし全く油っこくない!
揚げるというシンプルな行為だからこそ、ごまかしがきかない。
これを持ち帰って、晩酌したい気分(笑)



北海道より
■歯舞の鮭児(1600円)
b0118001_954576.jpg

久しぶりに食べたわ。鮭児。
4切れが並ぶその姿、美しい…。
繊細な脂の旨味、じわりじわり。


〆にご飯ものは食べへん
酒飲みkaorinなんだが、これは頼みたくなった。
■銀シャリ
b0118001_955164.jpg

やっぱり炊きたてはちゃいますね〜。
客ごとに炊き上げるって、
どこぞの割烹のようなおもてなしだ。



■アラ汁
b0118001_9553578.jpg

ノドグロ系のアラ、たっぷりやけど、
雑味はNothing。澄んだお味、五臓六腑に響きます。


この他、浦村ガキのフライ(¥780)やら、
淡路島産の泳ぎ足赤海老おどり(¥330円!)、天然ブリのカマ焼き(¥850)ほか
そそられるメニュー&何と手頃な価格…。

尼崎出身の大将、魚バカ(失礼;)ってほど、
自ら求めて現地に出向いたり、独自ルートを開拓し、
とことん、質の良い魚にこだわってる。
この他にもお料理ガツンといただき、日本酒をけっこう飲み、
1人4000円代ってところか。

今月、1周年を迎えられるそうで。なんと、ほぼ年中無休だそう。

場所は土佐堀×なにわ筋の裏手。
ここは通ってしまいそうだ(笑)
KちゃんGrazie!

# by writer-kaorin | 2008-11-22 02:57 | 魚居酒屋 | Comments(7)  

凄!! ビストロ会 vol.2

先日、ビストロ会 vlo.2 へ、おじゃましましたぁ〜。
@ Bistro a Vin DAIGAKU



b0118001_2227279.jpg

今回も、気合い入ってはります! シュクレの岩永シェフ♪
画像奥には、座布団のようなサイズのパンが!デカッッ。

vol.2は、前回よりもいろいろと、パワーアップしてはるとのことで、
セーブ気味でいかな…と思いはしたものの、、



■Cervelle de canut (セルヴェル・ド・カニュ)
b0118001_2227387.jpg

のっけから、ガツン!とベジ。
葉っぱまで、パクパク…。まるで草食動物かベジタリアンみたく、
がっつきました(笑)。
フロマージュブラン使用のディップ、
パンが進む旨さやし、のっけからコントロール失いかけ(笑)



■Sommon fumé à la maison (ソーモン・フュメ・アラ メゾン)
b0118001_22275824.jpg

素晴らしい!
フレッシュな燻製って言葉、語弊があるかもしれへんけど、
瞬時に込み上げる、この燻製香、そして塩加減。
たまりませんわぁ。



■Crème de couquillage (クレーム・ド・コキヤージュ)
b0118001_22283161.jpg

ホタテ、アサリ、ムール貝の旨味、ブワーッッと広がるコレ、
クオリティはビストロ以上ですわ(笑)
そしてカンパーニュ、進みすぎ…



■Salada de lyonnaise (サラダ・リヨネーズ)
b0118001_22292463.jpg



b0118001_22294355.jpg

カリカリのベーコンは、な・な・なんと「メツゲライクスダ」さんヨリ。
その下には、山ほどのクレソン、セルバチコ、鶏肝やらハツやら…
でもって、一番下に、温玉くんが隠れている。
カリカリ、シャキッシャキ、じゅる〜り〜。
んもう、かぶりつきましたワー。



■Tripe à la niçois gratinée (ニース風トリップのグラディネ)
b0118001_2230980.jpg

これも唸った!!! 恐れ入りました(><)
トリップ、なんぼでも食べたいほど、柔らか。かつ、ソースの旨味びしばし。
というのも、アニスやローズマリーを効かせたトマトソースに、モツァレラがとろ〜り♪
イタリアの港町の民家に居候してたときに、これ系ソースのニョッキをいただいた。
ちょっと思い出したな。
アリッサがまた、名脇役やわ。


ここまでに、座布団パン、カンパーニュや黒系パンたちが、
それぞれの料理と、見事にマリアージュ。
攻めの料理と絶妙に合うから、
いつも以上に、パン喰い星人と化す。ゆえ、お腹もパンパン(笑)



そしてここで、サプライズが!
b0118001_22304465.jpg

クスダさんの差し入れ & 他谷シェフmade のテート・ド・フロマージュ
他谷シェフのこちら、んもう、大好物だわ。
でもってソーシス・フォア、トランペット茸が入ってる。
これだけで、明日の夜に飲んでいたい…旨さ…(笑)



■Civet de marcassin (猪のシヴェ)

■栗ピュレ
b0118001_22311477.jpg

b0118001_22313143.jpg

シヴェの力強さ、これ見事なソースっす。パスタも止まらん…。
まるでカナダの氷山のようにエッジをきかせた栗ピュレも、きめ細やかでおかわり必至。
そして、自然な甘みを帯びた、栗のパンがこっれまた、合いすぎる!!



■Tarte tattin/Grace au caramel (タルト・タタン/キャラメルのアイス)
b0118001_2233577.jpg

んもう、久しぶりのover満腹。
とはいえ、タタンのほろ苦さ、キャラメルアイスのコクが渾然一体となり、
これまたペロリ…なんだが、ほんまにお腹が苦しかったー(苦笑)



いやはや…発見させられまくり…の夜。
サーヴィス、シェフたち、パティシエ、クスダさん、そして岩永シェフ、
でもってオーガナイザーの、
信念が集結した、素晴らしいビストロ会でした!
なんだか次も愉しみになってきた(w

# by writer-kaorin | 2008-11-19 00:25 | ビストロ会 | Comments(11)  

Fujiya 1935 @ 秋の深まり

昨日、久しぶりに緑地公園をRunning @7km。
赤、深紅、黄、黄土色…と木々は色づき、なんて美しいコントラスト!
走れてなかった数週間、
季節の移ろいを感じ忘れていたなぁ。
感覚が研ぎすまされました!

で、Running後の泡、何と旨いこと!(笑)



そして秋の深まりを五感で感じる、街中の夜。

■キノコの温かいスープ
b0118001_11544591.jpg

ポルチーニの風味、響きますねー。


■オレンジ風味のタプレット/赤い土/キノコのスナック/
 乾燥させた黄色い紙(←コノ画像入ってない;)
b0118001_11551327.jpg

赤い土は、ビーツ!
ビーツ好きゆえ、これ好きやわー。


■90秒ちょっと待っ茸
b0118001_11553458.jpg
蓋をしたルクルーゼ、90秒後にopen。
b0118001_1155577.jpg

ハモの火入れ、松茸の薫り、これは唸った!
待っ茸て!!


■気泡をたくさん含ませたトリュフのパン
b0118001_11562062.jpg

溶けてしまうようなふわっと食感と、
じわじわと響く味わいは、ここでしか食べたことない!
今回のトリュフも素晴らしい完成度です。


■しっとり火を入れたフォアグラ、
 ポルチーニ粉末と山牛蒡のスープ
b0118001_11565166.jpg

フォアグラはそんなに食べれないけれど、
ここのんは大好きです。
そして秋の薫り、びしばし。


■マケローニ、黒豆と凝縮した玉子のソース
b0118001_11572999.jpg

b0118001_1157476.jpg

お口の中に響く、カルボナーラのようでそうじゃない、複雑な味わい。


■ジャガイモのニョッキのパタタス・ブラバス
b0118001_11581110.jpg

トマトやったかな、コンポートの甘みと酸味がアクセント。


■子持ち鮎、緑葉素、オレンジの葉と香り
b0118001_11583634.jpg

これ、ビジュアルだけでワインが進む君(笑)
ぎょうさん、子を持ってはる鮎、プチプチ、しっとり味わい深い☆


■蝦夷仔鹿のロースト、玉葱のエキス、ギニアペッパーの香り
b0118001_1159712.jpg

仔鹿、しっとり、そして甘いねー。
玉葱のエキスが充満したスープ、甘くてサラリ、やさしい味わい。


■菊菜とカンパリのジェラート
b0118001_11593134.jpg

苦み繋がりかな? 
え?な組み合わせがまった、秀逸なんですわー。


■柔らかいマカロン 松の実風味
b0118001_11595797.jpg

読んで字の如く!(笑)
口中でふわーっと溶けゆき、
松の実の食感と風味、後追いで響く。


■冷たいと温かいトラベモストのゼリー
b0118001_1203091.jpg

これ、スプーンがキン!と冷たい(笑)
ゼリーとの温度差が楽しい!


■栗のプリンとラム酒風味のコーヒーゼリー、栗のチップ、秋の香りを添えて
b0118001_1205260.jpg

写真奥に、燃やした栗の皮や葉が!
この匂い、山里の秋風景が脳裏をよぎる…。

と同時に、栗のチップをカリッと一口&栗のプリンを味わえば
体内には、晩秋の感覚というか記憶がブワーッと。素晴らしい…。


この日はムッシュー持参の
あの秋素材を漬け込んだワインが登場したり、
b0118001_1211962.jpg


シメには、お母さん手製のリキュールを何種もいただいたり
b0118001_1214599.jpg



ハァ〜ッ。晩秋を五感で感じる夜でしたー♪メルシー



『Fujiya 1935』
大阪市中央区鎗屋町2-4-14
06-6941-2483
open : 11:30〜13:00LO、18:00〜21:00LO
close : sunday , the first Monday

# by writer-kaorin | 2008-11-16 12:04 | Fujiya 1935 | Comments(2)