祇園 一道BBQ @錢屋サロン

祇園の鉄板割烹「祇園 一道」。 
店主・関孝明さんによる恒例のBBQが、
上本町「錢屋サロン」で開催された。 
b0118001_09322470.jpg
待ちに待った、日曜昼下がり。 



b0118001_09325162.jpg
(photographed by ザッキー)


●吉田牧場「モッツァレラ」 海苔佃煮 山葵
b0118001_09330101.jpg
海苔と山葵の鮮烈な香りにより、
モッツァレラの深いコクが際立つ。
(photographed by 関孝明)



●鰆焼霜 銀杏 唐墨
b0118001_09331259.jpg
(photographed by 関孝明)
サワラは脂のりよく清々しく
自家製カラスミの絶妙な塩梅、飲ませるわ。



b0118001_09332614.jpg
b0118001_09333969.jpg
日本酒やワインもわんさか。昼酒万歳。


●Leo 2017 京都 S 純米大吟醸 (京都・伏見/東山酒造)
b0118001_09371847.jpg
かなーりかなりレア!
言わずと知れた「Clos Leo(クロ・レオ)」の醸造家・篠原麗雄さんが醸す
サケレオ、なファーストボトルもお目見えだ。



●伊勢海老のテルミドール風
b0118001_09373191.jpg
伊勢海老の殻に、火入れした身を敷き詰め
百合根をベシャメルソース代わりに。そして自家製カラスミをどっさりと!
ソースのピュアな甘み、カラスミのコクある塩味により
海老の濃厚な甘みがぐぐっと持ち上がる。



●鮑とその肝 雲子 大徳寺納豆 木の芽
b0118001_09374221.jpg
これまた酒プリーズな逸品だこと。
肝ソースが絡む身は、濃厚な味。
雲子のソースが味わいに深みを与え、木の芽が薫る。




●ホッキ貝とハマグリの貝汁
b0118001_09375303.jpg
W貝汁。じわ〜っと、優しくも深く広がりゆく清らかなうま味、堪んない。
肝臓が元気になりそうな感覚。(まぁ私のγGTPは11ですがw)
しかもだ、レオさんの日本酒が主張する
山田錦の甘やかな香り、ふくよかな旨み、
そしてスッと馴染む美しい酸と清らかな後味が
この貝汁と素晴らしい相性をみせた。



b0118001_09380451.jpg
このウニの量!壮観!
左は麺に和える用、
ということは・・・


b0118001_09381629.jpg
「ウニ和え麺 on the ウニ」!!!
濃厚な甘みと海味に、ただただ陶酔。
酢橘を絞れば、和の酸味でぐっと締まりある味わいになり、
ウニのクリアな風味が引き立った。


驚きはまだまだ続く。
b0118001_09382787.jpg


b0118001_09383634.jpg
「近江牛ウチヒラ」


b0118001_09384675.jpg



●近江牛ウチヒラ 塩 ニンニク 山葵
b0118001_09390048.jpg
プルンと跳ねるようなテクスチャー。
あっさりとしていながら、
噛むほどに濃厚な旨み、清々しい甘みが広がりゆくの。
塩と山葵とニンニクというシンプルさがいいね。



b0118001_09392435.jpg
「近江牛ウチヒラ ネギ ポン酢バター」にも唸った!
ぽん酢とバターの相性、なんて良いんだ。


b0118001_09393415.jpg
次はどっさりの松茸を、アレしてコレして


●松茸すき焼き風
b0118001_09395381.jpg
葛でとろみをつけた割り下風タレと
どっさりの松茸で
肉が見えない(笑)
その香り、味重ねは想像以上のものでした。



b0118001_09441312.jpg
その後、〆の炭水化物へと。


●焼き飯
b0118001_09443313.jpg
(photographed by ザッキー)
厚切りベーコンやウチヒラ、キムチやニンニクほか具だくさん。
〆のはずが〆にならず、またもや赤ワインを呷る。もうへべれけ。


b0118001_09445071.jpg
美女軍団🎶テラストーク飲み楽しかった!

鉄板の魔術師、関さんによるBBQは
年々、パワーと凄みを増している。その味わいと驚きと、
毎度な皆さんと過ごす楽しい時間に
テンション上がりっぱなしな、日曜のひとときでした。
しかし不休不眠で飲みすぎて想像以上のへべれけにw反省ーw
ありがとうございました☆



Swing Out Sister
Breakout & Forever Blue Ft Level 42
Prince's Trust 1989




# by writer-kaorin | 2018-11-04 09:59 | 祇園 一道 | Comments(0)  

備中倉敷葡萄酒酒場

近所だったら週に数回通ってる。

岡山・倉敷「備中倉敷葡萄酒酒場」。
b0118001_21380483.jpg
店主・みょんくんこと、呉明俊さんに会いに
そして彼の料理、セレクトのワインがもう好きで好きで。
この夜も、時間よ止まれなひととき。


b0118001_21382782.jpg
シチリアのスプマンテで乾杯☆
「Terzavia Cuvee Riserva
 Vecchio Samperi Metodo Classico」
 /Marco De Bartoli



●ボタン海老のマデラ酒漬け
b0118001_21385408.jpg
凝縮感ある旨み。
ぽってりまったりとした、凝縮感ある旨味と
泡の、しみじみ広がるだし的ニュアンスがピタリはまった。



●シャコとショウガとミョウガと大葉のマリネ
b0118001_21391682.jpg
地元 岡山で揚がったシャコの深い甘みに、
薬味の爽やかさが合う。



●燻製サンマと鳴門金時のテリーヌ
b0118001_21393686.jpg
美しい。サンマが放つ燻香と
鳴門金時の質朴な甘み、そのバランスが絶妙。



b0118001_21400911.jpg
「Táganan Parcela Margaelagua 2016」
/ENVINATE
スペインとは思えぬ(失礼:)エレガントさに驚いた。
軽やかなタッチながら、滋味深い。



●パッケリ 剣先イカとゴボウ
b0118001_21403205.jpg
3つの食材の形状をぴたり合わせる、みょん君のセンス!
イカの熱の入れ方、ゴボウの大地の香り、
それらの旨みをきゅーっと吸ったパッケリがまった、ワイン止まらぬ味わいなの。
余談だが、今日から11月なので、パスタも様変わりしているかなと。



ここらで魅惑的なボトル、登場。
b0118001_21405213.jpg
Le Clos du Tue-Boeufの
「Cheverny Rouge – La Gravotte 2004」
どこまでも滋味深く、そのエキスが体内に染み渡る心地よさといったら。
もうね、帰りたくなくなる。ずっと飲み続けてたい(笑)

この店には、古い自然派がわんさか。
それを出し惜しみしないのが、すごいなーみょん君。
ドラさんありがとうございます☆




●宮崎 黒毛和牛ハネシタのロースト
b0118001_21410972.jpg
この艶っぽさに、いつも心揺さぶられるのだ。
口に含めば、ぷるんと心地よく跳ね、じつにミルキーでいてシルキーなの。
みょんくんの肉焼きの技にメロメロ。



b0118001_21415222.jpg
超ミニマムな厨房で、淡々と料理を仕上げる、みょん君に目線を向けながら
また別の赤と、ハネシタのローストと。至福の時間でした。


b0118001_21420851.jpg
無駄なモノを削ぎ落とした、店づくり、そして皿の数々に、魅了され続けている。



「備中倉敷葡萄酒酒場 (びっちゅうくらしきぶどうしゅさかば)」
岡山県倉敷市稲荷町7-4
086-434-6006
open :18:00~23:00(土曜〜翌1:00)
※食材とワインがなくなり次第終了
close:不定休
Facebook


Oasis - Don't Look Back In Anger (Official Video)


# by writer-kaorin | 2018-11-01 21:45 | 備中倉敷葡萄酒酒場 | Comments(0)  

baR pappA と PAPPABAR @大阪・新町

大阪・新町。
言わずと知れた、魚介系イタリアン
「TRATTORIA Pappa -トラットリア パッパ-」。

向かいのビルには2軒の姉妹店が。
1Fには、イタリア語のFM流れるバール「baR pappA -バール パッパ-」。そして
2Fに、金子國義の作品に彩られた「PAPPABAR -パッパ バー-」。

この日は2Fのバー「PAPPABAR」へ。
b0118001_10071699.jpg
泡で乾杯☆

1Fのバールで美味なイタリアンをサクッとガッツリの
予定だったんだけど
腰を据えてゆっくり?
という流れになり、オーセンティックな空間へ。


食事の前「TRATTORIA Pappa」松本シェフにご挨拶☆
学祭の話題やらあれやこれやと盛り上がったー(笑)
近いうちに、トラットリアにも伺いたいです☆


さて。バー「PAPPABAR」の主・山中佳恵さんによる料理は
和惣菜から、アテにも〆にもぴったりのキーマカレーまで。
b0118001_10073257.jpg
この「ひじき煮」はしみじみとした味わい深さがあったなー。
すきっとした旨みが、泡を進ませる。



●肉じゃが
b0118001_10122154.jpg
牛肉とジャガイモのみ、という潔さ。
味の含みよろしく、芋はじつに肌理細やか。
ひと口いただくほどに「端正」という言葉が脳裏をよぎる
家庭のそれとは一線を画す、肉じゃがなの。



1Fのバール「baR pappA -バール パッパ-」のお料理も
2Fのバーでいただくことは可能。
それなら、と
ワインを欲するお料理あれこれ。


●前菜盛り合わせ
b0118001_10080602.jpg
ポテサラ、モルタデッラといった冷前菜はじめ、
クリアな風味の「トリッパのトマト煮込み」や
香ばしく軽やかな衣に包まれた「カキフライ」タルタルソース、
ジューシーさこの上ない「マッシュルーム グラタン」など。
飲みのピッチが進む進む。
続いて、山中さんの秋トマトが登場。塩とともにシンプルに。



b0118001_10084194.jpg
トレンティーノ=アルト・アディジェ州の赤を。
「TIEFENBRUNNER Turmhof Pinot Nero 2016」
引き締まったタンニン、上品かつバランス良し。



●和牛スネ肉の赤ワイン煮込みのパスタミスタ
b0118001_10091352.jpg
多種多様なパスタが入る「パスタミスタ」。ナポリでよく食べたなー懐かしい。
ペンネ、ファルファッレ、カサレッチェ、フジッリの4種。
そして和牛スネ肉の塊がゴロゴロと。
そのどれもがほろりやわらかく煮込まれていて、濃厚な旨みを放つ。
ジャガイモも入り、そのとろみもあって、まぁとにかく飲ませる味でした。


バーの和惣菜にバールのイタリアンなmenuにと、
酒選びに迷うお料理の数々で、大満足なひととき。
次はアンティークグラスを傾けながら、
金子國義さんの作品をじっくり楽しみたい。
いつもありがとうございます☆



「baR Pappa バール パッパ」
大阪市西区新町2-12-4 1F
06-6536-4186
open : 17:30〜翌2:00(日曜、祝日16:00〜24:00)
close: 火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/baR.html


「PAPPABAR パッパ バー」
大阪市西区新町2-12-4 2F
06-6536-4187
open :17:30〜24:00LO(日曜、祝日16:00〜24:00LO)
close:火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/pappabar.html



Leonard Cohen - Hallelujah




# by writer-kaorin | 2018-10-27 10:15 | baR pappA | Comments(2)  

焼肉 政ちゃん @肉の達人たちとの夜

休日のある日。
西成区・鶴見橋商店街のどんつきにある
「焼肉 政ちゃん」へ。

肉のプロ、肉焼きの達人はじめ
西成でクラフトビールを作るYさんも巻き込んでの夜。
ビールをチェイサーに


●春鹿 純米吟醸 生詰 ひやおろし(奈良・今西清兵衛商店)
b0118001_19075727.jpg
秋上がりの酒を早速。
まーじーおおきにー。
肉、それも焼肉に日本酒、これがじつに相性いいのだ。



●タン刺し
b0118001_19080918.jpg
ねっとり、なめらかな舌触り。
口中の温度でじわーっと、ピュアな脂の甘みが溶け出る。
春鹿の、上品かつまろやかな旨みがピタリと寄り添ってくれた。



●センマイ刺し
b0118001_19221514.jpg
エッジが効いてて、クニュッと感にもハリがある。
風味は清々しく、大阪が誇る「旭ポンズ」がいい仕事してる。



●ミノ
b0118001_19222708.jpg
赤ちゃんのほっぺのような色白ちゃん、旨いに決まってる。

b0118001_19223824.jpg
ミノにくっついた脂、甘いわ。
淡白とみせかけて、ミルキーで濃厚な味。


焼き奉行の技が、本当に素晴らしいのだから。
b0118001_19225263.jpg
まーじーおおきに!



●ツラミ
b0118001_19230463.jpg
小豆色したツラミ(牛ほほ肉)も、凛とした雰囲気を漂わせてる。


b0118001_19233037.jpg
焼き上がりのタイミングを瞬時でも見逃さぬ、焼き奉行が
目の前にいらっしゃるという幸せよ(笑)


b0118001_19235279.jpg
そのツラミは、シャクッと軽やかな歯触り。
噛めばムチムチ豊満で、コク深いジュがじわりと滲み出る。



●ハツ
b0118001_19241522.jpg
血管を取り除くなど緻密な仕事が冴える。


焼きは一瞬。中ミキュイの状態で即、味わえば・・・
b0118001_19251341.jpg
プルンッと心地よい弾力、
清々しい風味がずっと続くの。



b0118001_19253041.jpg
このタイミングで、キムチ盛り合わせの登場だ。
これ単体で、食べ続けていたいおいしさなんだけど

b0118001_19254368.jpg
ハツ with 白菜キムチ。
レアな質感と、ハツ特有の甘みに
キムチのコクのある辛みがすこぶる合うワケ。



●タンツラ
b0118001_19255780.jpg

b0118001_19261581.jpg
タンツラもまた素晴らしいー。
ブリッと弾けんばかりの脂と、
噛みごたえある肉質とが融合し、
濃厚なエキスに、勢い良く口の中は占拠された!



●ツラグレンス
b0118001_19262880.jpg
これまった、稀少な部位だこと!
ツラグレンスとは、ホホ肉横のリンパの部分のこと。
私は、政ちゃんでしか出会ったことがない。


b0118001_19264851.jpg

b0118001_19265952.jpg
しっかりとした噛みごたえ。でも咀嚼するほどに
脂はプニュッと、至るところで弾けながら
身そのものが、ほどけていくのだ。
クリアな甘み、ほろりとした苦みのニュアンスを残しながら。

b0118001_19305551.jpg
政ちゃん、目線いただきましたっ!
いつもありがとうございます☆


b0118001_19311235.jpg
ツラグレンス、エンドレスで食べていたい味。



●塩ハラミ
b0118001_19312407.jpg
凛々しい。そして脂の白さが鮮度の証。
すべての皿にいえることだけれど
生肉をのせる皿から一切、ドリップが出ていないのも
政ちゃんの店ならではの特徴。


b0118001_19314009.jpg
口中に溢れ出る肉汁、まるで泉のよう!
濃厚な旨みを蓄えていて、
それがじつにクリアな味わいだから、これまた食べ続けていたい。



●アカセン
b0118001_19315721.jpg
キレイに掃除がなされたがゆえの、澄んだ風味はもう、感嘆もの。
肉質や目利きはもちろんのこと、政ちゃんの手仕事の賜物。



b0118001_19321015.jpg
これもまた、待ってました!の
ハラミ(タレ)


b0118001_19322896.jpg
3回転目のお客様が、そろそろ…のタイミングにつき
アカセンとハラミの競演となる。これまた幸せな光景よ。


b0118001_19324496.jpg
心地よい弾力、程よく脂がのってて、旨み・甘み共に深みがあるのだ。
スキッと端正な味わいのタレだから、
ハラミの味わいをぐぐいっと持ち上げる。


b0118001_19325767.jpg
もちろん「ハラミ オンザライス」も♪
この上に、肉汁滴り落ちた付けダレをまわしかけて。
まるでズワイガニを喰らうがごとく無言で、、、
ハラミと白ご飯が行き交ったのでした。



できれば毎月おじゃましたい。
それくらい私の心を揺さぶる、政ちゃんという人、そして技と味。
いつもながら、その味わいに感動し放心状態な夜。

お店は今年48年目を迎えるそうで。
肉好きの聖地であり、一見さんはお断り、
予約は政ちゃんが認めた予約可能なお客様のみ受付け、などあり
何かとレジェンドなお店ですが
こうやっておじゃまできるのは、
ご常連のおかげ、政ちゃんのおかげです。ありがとうございます。



「焼肉 政ちゃん」
大阪市西成区鶴見橋3-8-21


朝からずっと頭にこの曲♪来月の日本公演楽しみ♪
Bon Jovi - Bed Of Roses


# by writer-kaorin | 2018-10-23 19:42 | 政ちゃん | Comments(0)  

コアラ食堂 @パリの姉さん囲む会。

天六「コアラ食堂」で、パリから一時帰国中のN姉囲む夜♪
b0118001_20152107.jpg
ハートランド飲み干したら、皆が続々とやってきて
「Barking Owl Chardonnay 2016」で乾杯☆
コクがありつつ、清々しい余韻だ。



●やごろう黒豚のバラ肉 ネギサラダ 目玉焼きのせ
b0118001_20154853.jpg
豚バラの脂、甘い!水菜のシャキシャキ感、
とろ〜り黄身との相性、言わずもがな。


●レンコンバター
b0118001_20160067.jpg
野菜の鉄板焼より。ほくほく、優しい甘さを帯びてて
これをアテにシャルドネぐびぐび。


b0118001_20161007.jpg
エリンギは食感よろしくジューシー。
野菜不足のカラダが喜んでいるから、なおもワインが進むという健康的飲酒。



●とん平
b0118001_20162137.jpg
ぽってり、そそられるビジュアル。
ソースのコク、トロトロな卵の半熟感に続き
豚の肉汁がビュッと溢れ出る。豚好きにはたまらん一品。



●白菜のステーキ(ゴルゴンゾーラソース)
b0118001_20174965.jpg
コアラの白菜ステーキ、好きやわ。
ゴルゴンゾーラの風味と塩味により、
加熱した白菜の甘みがより一層、際立ってる。


b0118001_20175985.jpg
こちらは「白菜のミルフィーユステーキ」。
豚バラと層をなした白菜、こちらは豚の脂の旨みがエェ具合に交わり
ワイン止まらぬ味わい。



●Kimura Cellars Marlborough Pinot Noir 2017
b0118001_20181116.jpg
NZ・マールボローで木村さんが醸すピノ・ノワールが登場。嬉しすぎて叫んでもた。
優しい旨みと上品な渋みが交差。透き通った味わいだから、ずーっと飲み続けていたい。



どっさりの豚バラ肉と、
軸ぶっといクレソンのお出ましだ。
b0118001_20182457.jpg



●黒豚バラ肉とクレソンの旨鍋
b0118001_20184979.jpg
はぁ〜、これまた豚好きにはたまらん光景。
熱入れすぎない状態の肉を口に運べば
ピュアな甘みの脂がじゅわ〜、サラリと口中に広がりゆく。
クレソンは香りも苦味もしっかり。


b0118001_20192648.jpg
追いクレソン。
罪悪感なし、なんぼでも飲んでしまうのは
鍋の魅力はもちろん、ワインも心に響く味だから。


b0118001_20193802.jpg
「しめラーメン」と「しめマツタケ」のタッグはこの時季ならでは。
どこまでも芳しく、このダシもワインの絶大なる友。。



〆のお好み焼きに合わせて
b0118001_20194848.jpg
「Windowrie SAKURA Shiraz 2015」
毎年、家飲みでいただいている
こちらも大好きなワインだから、エェ、〆にならないの(笑)
舌にまぁるくまとわりつく、凝縮感ある果実味
心地よい苦味やあスパイシーさも時折顔をのぞかせる。
じっくり味わいながら、その個性を楽しんだ。



●牡蠣のお好み焼き
b0118001_20200020.jpg


b0118001_20200915.jpg
ザクザクッと香ばしく、キャベツの甘みを
追いかけるかのように、牡蠣の凝縮感ある旨みが続くワケ。



店主の“てらっち”こと、寺田充さん。
b0118001_20215911.jpg
まもなく、京都・宇治にコアラ食堂の姉妹店
KOALA PARK -コアラ パーク-」がオープンする予定。
楽しみです☆おじゃまします☆



「コアラ食堂」にて、口福で楽しい時間を過ごした後は・・・
b0118001_20271852.jpg
もちろんこちらへ!
レンガ通りにある、名スナック「マイウェイ」
ママとは取材させていただいて以来、数年ぶりの再会。


b0118001_20275329.jpg
波多野センセのボトルキープなウイスキー水割りとともに、
ママ手製 金時豆の煮物。心にじんわり広がる甘み、しみじみ旨かった。

滞在時間20分だったので、今度はゆっくりおじゃましようと思う。
N姉、またパリかオーサカで会いましょう!



「コアラ食堂」
大阪市北区浮田1-1-17
☎06-4980-4030
open : 17:30〜23:30
close: 月曜
https://www.facebook.com/Koarashokudo



TOTO来日決定〜! @2019年2月
広島、金沢、福岡、東京、大阪、盛岡、名古屋、仙台を巡るジャパンツアー。
お見逃しなく。私は大阪参戦🎶
https://udo.jp/concert/Toto








# by writer-kaorin | 2018-10-18 20:29 | コアラ食堂 | Comments(0)