タグ:バー・ワインバー ( 64 ) タグの人気記事

 

ミナミな夜 @メリケンジャップ

久しぶりに訪れた「メリケンジャップ」。
b0118001_15421608.jpg
知る人ぞ知る、ミナミの老舗バーだ。
いやぁ、大変ご無沙汰しておりました。
店主・大喜多さんから、とても興味深い話を聞きながら
アペ的、たまらんひととき。


b0118001_15424286.jpg
「チンザノ」のロッソとドライをハーフ&ハーフのロックで。
隠し味にとあるリキュール。その果実味がじつに良いアクセント。



b0118001_15425298.jpg
連日のロケハンで胃が疲れまくってるから
アニスリキュール「ペルノ」の
ソーダ割りですっきりと。私にとってペルノは太田胃散的、酒(笑)


アートの話題から、歌舞伎、舞台や音楽ネタまで
大喜多さんの引き出しの多さに、こちらがワクワクする。
ゆえ、あっというまの時間。

大喜多さんから勧めていただいた
シンガーソングライターRioさんの
骨太なしゃがれ声に、酔いしれた夜でもあった。
どハマりしてしもた私。


また近いうちに伺うことになりそう。
ありがとうございました☆



「メリケンジャップ」
大阪市中央区西心斎橋




『うるむ月夜』/Rio




by writer-kaorin | 2019-02-03 15:43 | =プライベート= | Comments(0)  

月の港 @粋な和の世界、会員制の醸造酒バーにて


大阪某所にある、会員制サロン「月の港」。
b0118001_18055342.jpg
心友の「姫」こと深雪ちゃんが営んでいる。
彼女はボルドーはじめフランスとの関わりも深く
「月の港」という名が似合う。


b0118001_18061712.jpg
戦前の木造長屋をリノベーションした店内。
都会の中のエアポケットであるこちらは
シャンパーニュをメインとした醸造酒バー。
粋な和の文化を感じさせる空間で、彼女セレクトのセンスあるワインたち。
唯一無二の世界。
しかしながら紹介制なのでご了承ください;


b0118001_18071670.jpg
この日はコンサート帰り。
囲炉裏端で、ほっと一息。興奮しまくった身体をクールダウン。
1杯目は「Champagne DELAMOTTE Blanc de Blancs 2008」
ふくよかな味わい。身体の隅々にまで滋味が行き渡る。



b0118001_18073367.jpg
つまみも、ひとつひとつひエピソードがあって味わい深いの。
おかきや、なっつ、ごぼうチップなど、そのどれもがノンケミカル。
嬉しいね。



●Chateau GINKGO 2016
b0118001_18080627.jpg
ボルドー初の日本人女性醸造家が醸す、自然派@メルロー。
凝縮感ある果実味、パワフルでありながら後味のソフトな口当たりが好み。



b0118001_18082827.jpg
深雪ちゃんの料理がまた素晴らしいんだ。
豚とオーガニック野菜たっぷりの汁物に
加賀蓮根のきんぴら、甘長唐辛子のさっと煮。
いずれも素材感を生かした、味わい深さがあり、
ワインにぴたり寄り添ってくれる。
だけど、ここは小料理屋ではなく、バー。(笑)
そのギャップが素敵なの。名だたるシェフたちが仕事帰りに訪れるのも頷ける。


b0118001_18085309.jpg
「Chateau LA TUILERIE Bordeaux Blanc 2015」を〆ワインに。
樽香強いかな、と思ってたら意外や意外。
複雑味がありながらも、じつに端正な味わいだった。



b0118001_18093230.jpg
そして別日も、ここ「月の港」へ寄港。
「MEO-CAMUZET FRERE & SOEURS Bourgogne Rouge 」
気心知れたメンバーで囲炉裏を囲む、
時間よ止まれなひとときでした。


今年もお世話になりました☆
深雪ちゃん、また来年早々にね♪



「月の港 port de la lune」
住所・tel:非公開
会員制(ご紹介制)


いま、Joni Mitchellの地元に来てるのでこの曲♪
Joni Mitchell Both Sides Now Live At The Isle Of Wight Festival 1970


by writer-kaorin | 2018-12-27 18:13 | =プライベート= | Comments(0)  

備中倉敷葡萄酒酒場

近所だったら週に数回通ってる。

岡山・倉敷「備中倉敷葡萄酒酒場」。
b0118001_21380483.jpg
店主・みょんくんこと、呉明俊さんに会いに
そして彼の料理、セレクトのワインがもう好きで好きで。
この夜も、時間よ止まれなひととき。


b0118001_21382782.jpg
シチリアのスプマンテで乾杯☆
「Terzavia Cuvee Riserva
 Vecchio Samperi Metodo Classico」
 /Marco De Bartoli



●ボタン海老のマデラ酒漬け
b0118001_21385408.jpg
凝縮感ある旨み。
ぽってりまったりとした、凝縮感ある旨味と
泡の、しみじみ広がるだし的ニュアンスがピタリはまった。



●シャコとショウガとミョウガと大葉のマリネ
b0118001_21391682.jpg
地元 岡山で揚がったシャコの深い甘みに、
薬味の爽やかさが合う。



●燻製サンマと鳴門金時のテリーヌ
b0118001_21393686.jpg
美しい。サンマが放つ燻香と
鳴門金時の質朴な甘み、そのバランスが絶妙。



b0118001_21400911.jpg
「Táganan Parcela Margaelagua 2016」
/ENVINATE
スペインとは思えぬ(失礼:)エレガントさに驚いた。
軽やかなタッチながら、滋味深い。



●パッケリ 剣先イカとゴボウ
b0118001_21403205.jpg
3つの食材の形状をぴたり合わせる、みょん君のセンス!
イカの熱の入れ方、ゴボウの大地の香り、
それらの旨みをきゅーっと吸ったパッケリがまった、ワイン止まらぬ味わいなの。
余談だが、今日から11月なので、パスタも様変わりしているかなと。



ここらで魅惑的なボトル、登場。
b0118001_21405213.jpg
Le Clos du Tue-Boeufの
「Cheverny Rouge – La Gravotte 2004」
どこまでも滋味深く、そのエキスが体内に染み渡る心地よさといったら。
もうね、帰りたくなくなる。ずっと飲み続けてたい(笑)

この店には、古い自然派がわんさか。
それを出し惜しみしないのが、すごいなーみょん君。
ドラさんありがとうございます☆




●宮崎 黒毛和牛ハネシタのロースト
b0118001_21410972.jpg
この艶っぽさに、いつも心揺さぶられるのだ。
口に含めば、ぷるんと心地よく跳ね、じつにミルキーでいてシルキーなの。
みょんくんの肉焼きの技にメロメロ。



b0118001_21415222.jpg
超ミニマムな厨房で、淡々と料理を仕上げる、みょん君に目線を向けながら
また別の赤と、ハネシタのローストと。至福の時間でした。


b0118001_21420851.jpg
無駄なモノを削ぎ落とした、店づくり、そして皿の数々に、魅了され続けている。



「備中倉敷葡萄酒酒場 (びっちゅうくらしきぶどうしゅさかば)」
岡山県倉敷市稲荷町7-4
086-434-6006
open :18:00~23:00(土曜〜翌1:00)
※食材とワインがなくなり次第終了
close:不定休
Facebook


Oasis - Don't Look Back In Anger (Official Video)


by writer-kaorin | 2018-11-01 21:45 | 備中倉敷葡萄酒酒場 | Comments(0)  

baR pappA と PAPPABAR @大阪・新町

大阪・新町。
言わずと知れた、魚介系イタリアン
「TRATTORIA Pappa -トラットリア パッパ-」。

向かいのビルには2軒の姉妹店が。
1Fには、イタリア語のFM流れるバール「baR pappA -バール パッパ-」。そして
2Fに、金子國義の作品に彩られた「PAPPABAR -パッパ バー-」。

この日は2Fのバー「PAPPABAR」へ。
b0118001_10071699.jpg
泡で乾杯☆

1Fのバールで美味なイタリアンをサクッとガッツリの
予定だったんだけど
腰を据えてゆっくり?
という流れになり、オーセンティックな空間へ。


食事の前「TRATTORIA Pappa」松本シェフにご挨拶☆
学祭の話題やらあれやこれやと盛り上がったー(笑)
近いうちに、トラットリアにも伺いたいです☆


さて。バー「PAPPABAR」の主・山中佳恵さんによる料理は
和惣菜から、アテにも〆にもぴったりのキーマカレーまで。
b0118001_10073257.jpg
この「ひじき煮」はしみじみとした味わい深さがあったなー。
すきっとした旨みが、泡を進ませる。



●肉じゃが
b0118001_10122154.jpg
牛肉とジャガイモのみ、という潔さ。
味の含みよろしく、芋はじつに肌理細やか。
ひと口いただくほどに「端正」という言葉が脳裏をよぎる
家庭のそれとは一線を画す、肉じゃがなの。



1Fのバール「baR pappA -バール パッパ-」のお料理も
2Fのバーでいただくことは可能。
それなら、と
ワインを欲するお料理あれこれ。


●前菜盛り合わせ
b0118001_10080602.jpg
ポテサラ、モルタデッラといった冷前菜はじめ、
クリアな風味の「トリッパのトマト煮込み」や
香ばしく軽やかな衣に包まれた「カキフライ」タルタルソース、
ジューシーさこの上ない「マッシュルーム グラタン」など。
飲みのピッチが進む進む。
続いて、山中さんの秋トマトが登場。塩とともにシンプルに。



b0118001_10084194.jpg
トレンティーノ=アルト・アディジェ州の赤を。
「TIEFENBRUNNER Turmhof Pinot Nero 2016」
引き締まったタンニン、上品かつバランス良し。



●和牛スネ肉の赤ワイン煮込みのパスタミスタ
b0118001_10091352.jpg
多種多様なパスタが入る「パスタミスタ」。ナポリでよく食べたなー懐かしい。
ペンネ、ファルファッレ、カサレッチェ、フジッリの4種。
そして和牛スネ肉の塊がゴロゴロと。
そのどれもがほろりやわらかく煮込まれていて、濃厚な旨みを放つ。
ジャガイモも入り、そのとろみもあって、まぁとにかく飲ませる味でした。


バーの和惣菜にバールのイタリアンなmenuにと、
酒選びに迷うお料理の数々で、大満足なひととき。
次はアンティークグラスを傾けながら、
金子國義さんの作品をじっくり楽しみたい。
いつもありがとうございます☆



「baR Pappa バール パッパ」
大阪市西区新町2-12-4 1F
06-6536-4186
open : 17:30〜翌2:00(日曜、祝日16:00〜24:00)
close: 火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/baR.html


「PAPPABAR パッパ バー」
大阪市西区新町2-12-4 2F
06-6536-4187
open :17:30〜24:00LO(日曜、祝日16:00〜24:00LO)
close:火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/pappabar.html



Leonard Cohen - Hallelujah




by writer-kaorin | 2018-10-27 10:15 | baR pappA | Comments(2)  

アル・リコルド @音とワインに包まれたなら

兎我野町にあるワインバー「アル・リコルド」へ。
何が楽しみって、ワインはもちろんのこと、
店主・加藤 修さんセレクトの音楽♪
b0118001_17364398.jpg
A.O.R.、FUSION、SOUL、JAZZ…。
その日のお客さんの雰囲気に合わせて、曲から曲へと。
b0118001_17365750.jpg
1杯目はフランチャコルタ「Ca' Del Bosco」
Franciacorta DOCG Brut Cuvee Prestige
LPレコードのやわらかい音を
ワインのお供にって…幸せだなぁ。ワタシ単純やわぁ。



モダンジャズ「EUMIR DEODATO」の代表作「Love Island」や
「Earth, Wind & Fire」の「Open Our Eyes」などで
ちょっとブラジリアンなエッセンスを感じ
b0118001_17374962.jpg
スペイン・リオハのロゼ「A mi Manera Rose」を。
果実味、濃密。余韻の長さもいい。情熱的な音とロゼだ。



こんなんもグラスで出されてるから、頼まないワケにはいかない(笑)
b0118001_17380751.jpg
アルザス「Marc Tempé」
Pinot Blanc 2014 Zellenberg
音楽の話から、今年新設したというスウェーデン製のスピーカーの話題、
さらには食や街ネタまで。時間よ止まれな楽しさ、居心地の良さ。



b0118001_17382868.jpg
ええねーええねー「Carole King」
"You've Got a Friend”なサウンドに酔いしれましたわ。



b0118001_17384335.jpg
「DOMAINE PETITOT JEAN ET FILS」
Domaine Petitot Côte de Nuits-Villages Terres Burgondes 2013
この頃には酔ってたな(笑)
朝からビストロ、試食会、ビストロに続き、ワインで〆る。
そんな一日だったから。


味わい深いワインと音が紡ぐひとときを、ゆるり堪能。
ありがとうございました。

空間、音楽、ワイン、接客etc…。
すべてに、加藤さんならではのセンスが散りばめられている、
そんな「アル・リコルド」は5/5に20周年を迎えたという。
加藤さんおめでとうございます♪



「アル・リコルド」
大阪市北区兎我野町9-9津多家レジャービルB1
06-6313-5777
open :20:00〜翌1:00頃(月曜〜24:00)
close:日曜、月祝
http://web-joho.com/alricordo/


Carole King - You've Got a Friend



by writer-kaorin | 2018-09-30 17:49 | =酒場= | Comments(0)  

Sabor a mi -サボラミ- @気持ちいいワインバー

京町堀のワインバー「Sabor a mi (サボラミ)」
b0118001_14573774.jpg
この店の魅力をひとことで語ることはできない。
空間、人、ナチュラルなワイン、そしてお料理、もう全て。
しかも、15時オープンというのが、嬉しいんだなー。
休日、早い時間から飲みたい私にとって、まさに酒場天国。
この上なき幸せをもたらしてくれるワインバーなのだ。


b0118001_14552934.jpg
ジュラの泡で乾杯@「CLASH/Didier Grappe」
エチケットがイケてるわー。「THE CLASH」の“LONDON CALLING”やん!
ディディエさん、かなりのパンクロック好きとみた(笑)
愉快なメンバーでテーブルを囲み、まったり時間のはじまり。


●ビーツと半熟玉子のサラダ
b0118001_14554052.jpg
ビーツは香り深く、実に甘い。マヨとの絡みもよく
とんろ〜りとした黄身のコクがマッチしてた。



b0118001_14555309.jpg
和歌山・田辺「Voyager Brewing(ボイジャーブルーイング)」も
飲めるとは!(嬉)テンション上がりまくり。
ワインとクラフトビールが行き交う。



●おまかせ3種盛り合わせ
b0118001_14561359.jpg
「3種豆のサラダ」は質朴かつ、深い旨みがじわじわと。食べ続けていたい味。
「野菜と卵のピクルス」はキレある酸味、後味はやさしい。
「鶏レバーコンフィ」は、肌理が細かく、クリアな風味。
 これまた響く味わいで、毎回注文しそう。



b0118001_14563659.jpg
オーストリア東部、ハンガリー国境近くで作られている
「Super Natural /Moric HausMarke」を。
ほのかに塩味を感じ、やさしい旨み凝縮。はぁ〜昼酒サイコウ。



●アスパラガスのオムレツ
b0118001_14564849.jpg
この潔いシンプルさがいいね。オムレツはふぁふぁでコクを感じ
アスパラはジューシー、ぐっと香りが際立っていた。



●ポム ド テール農園のグリーンサラダ
b0118001_14565955.jpg
ビーツの甘みや、ドレッシングのコクと酸味とが、野菜に絡む。
このサラダをアテに、ナチュラルなワインを
永遠に飲み続けることができると思う。



●はなが牛ロースト
b0118001_14571317.jpg
愛媛のホルスタイン種「はなが牛」のランプ肉。
香りよく、噛むほどに肉そのものの味をしっかり感じる。


b0118001_14572319.jpg
シチリアの赤「Il Frappato /Arianna Occhipinti」
口中に広がるはスパイシーさと華やかな香り。
とても透明感ある味わいでした。




店主のたみちゃん、こと高橋多弥さんには、
高津「豚玉(閉店)」や「たこりき」でソムリエをされてたとき
ずいぶんお世話になりました☆18年5月に独立、サボラミ開店時には
「待ってました!」と、たみちゃんファン・誰しもが喜んだことでしょう。
シェフ・内藤みはるさんとのタッグも、ほんとに良くって。
それは、ナチュラルなワインと、素材感漲る料理との相性はもちろん、
ふたりが醸す空気というか。おかげで、思わず飲みすぎてしまう
なんせ、気持ちいいワインバーです。


「Sabor a mi」-サボラミ-
大阪市西区京町堀1-9-21 2F
06-6136-5368
open :15:00〜翌0:00クローズ(22:00フードLO)
close:水曜、不定休
https://www.facebook.com/winebar.saborami/



Trio Los Panchos - Sabor a Mi


by writer-kaorin | 2018-09-02 15:01 | Sabor a mi | Comments(0)  

フジマル食堂 @大阪駅直結、寛ぎワイン食堂

「パスタと肉、食べたい」という要望を叶えるべく
(でもって私は、ワイン気分だったから)
「フジマル食堂 大阪ステーションシティ店」へ。

大阪駅直結だけど、ターミナルの喧騒を忘れさせてくれる
落ち着きあるワイン空間が、そこには広がっている。
b0118001_21111188.jpg
島之内フジマル醸造所より
「opener sp petit petit 2017」
じんわ〜り、デラウェアの旨みが染み渡る。
330mlの飲みきりサイズ、
うだる暑さの1日だっからスルスルっとなくなった。



b0118001_21122773.jpg
次は「島之内フジマル醸造所」の直送生樽ワイン。
「ラブルスカ2017」という名のオレンジワインを。
フレッシュで、香り高い。



●彩野菜のマリネ
b0118001_21123882.jpg
酸味くっきり。ほのかに広がるスパイス感のおかげで
夏野菜の素材感が生きている。


b0118001_21125058.jpg
大好物、シュクレクールの「ラミジャン」は毎回オーダーする品だ。
はぁ〜ずっと嗅ぎ続けていたい香りと、ずっと噛み締めていたい味。


b0118001_21130620.jpg
「Damijan Pinot Grigio/Damijan Podversic」
ロゼに近い色合いのピノグリージョ。
from フリウリ ヴェネツィア ジュリア。
心地よい渋みと、凝縮した果実感。これ圧倒的な存在感。



●泉州穴子のフリットと泉州水茄子のサラダ仕立て
 大葉とミョウガのラヴィコットソース
b0118001_21131668.jpg
衣はガリッ、サクッと小気味良い食感だわ。
しかも、穴子はふくよかジューシーで。
水茄子のイキイキとした味わい、
ラヴィコットソースの酸味とコク、爽やかさがいい仕事している。



●なにわ黒牛のロースト 生黒胡椒ソース
b0118001_21132844.jpg
イチボは、艶っぽさとプルプルした弾力とをあわあせ持ち
赤身の旨み、清々しい脂の甘みが渾然一体に。
生の黒胡椒の鮮烈な香り、赤ワインソースのコクがイィ具合に広がる、
なんて躍動感ある一皿なんだ。



●自家製オレキエッテ アサリ・ズッキーニ・プティトマトのソース
b0118001_21134138.jpg
プーリア州の耳たぶパスタ・オレキエッテはムチッと心地よい弾力。
そこに、深くも優しい旨みが絡む。



●焼きパンナコッタ
b0118001_21135384.jpg
ゼラチン不使用。卵白を入れて固めたという。
実にコク深い味わいで、キャラメリゼとのコントラストもいい。




b0118001_21140426.jpg
〆にグラッパを。
「Grappa di Vinaccia di Amarone NV / L'Arco」
ラルコのグラッパて!はじめましてで、たまらんこの食後感。
ちびりちびりといただいたのでした。



ほぼ駅直結だから、ふらりとおじゃまできて、
なおかつ本気の皿とワインを
アイドルタイムなしで楽しめるのが嬉しい限り。
といってもいつも賑わってるので、事前にtelすることをおすすめします☆



「フジマル食堂 大阪ステーションシティ店」
大阪市北区梅田3-1-1 大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング16F
tel:06-6343-1177
open:11:00〜23:00(22:30LO)
http://www.papilles.net/


待ってました来日!@サマソニ
奴らを観に行こうかな〜。フェス暑うて苦手やけど〜

Greta Van Fleet - Safari Song





by writer-kaorin | 2018-07-18 21:19 | フジマル食堂 | Comments(0)  

hapo @シャンパーニュと自然派ワインのお店

やっと伺うことができた。
シャンパーニュと自然派ワイン hapo@谷町六丁目
b0118001_19435705.jpg
Emi姉と、お寿司屋さん前のアペリテュフ。
(写真はすべて「iPhone 8」で撮影)


店主の国本幸延さんは、法善寺横丁「wasabi」、そして
同店2Fにある「AWA Bar à champagne」を経て
2017年1月に独立。谷町六丁目に自店を構えた。
b0118001_19441317.jpg
静かに、じっくりお酒と向き合いたくなるこの空気感、好きだ。
国本くんセレクトのシャンパーニュ、ワイン、ほかお酒は
そのどれもがエピソード深いものばかり。


話は逸れるけど、このエリア、ステキなお店が多いこと!
ちなみに「hapo」と同ビル1Fには(飲食ではないけれど)
maemuki suit!-マエムキスーツ-」が2018年3月、京町堀から移転オープン☆
オーラ漂うお店と店主がとにかく多い、この街に住みたくなる。


b0118001_19444564.jpg
森岡尚子さんが満月に仕込んでいるという沖縄「やんばる野草酵素」&
「Reid+Reid Gin」@NZ・MartinboroughのCraft Gin

沖縄、そしてニュージーランドならではの
自然の薫りがクロスする。


●Brut Nature Blanc De Blancs Murmure Premier Cru
J.l.vergnon
b0118001_19445753.jpg
キュンとくる強烈な酸っぱさと、ブドウの旨み、
さらにはブラン・ド・ブランのクリアな透明感が広がる。
空腹感を刺激する一杯に巡り会えたのでした☆


愉しみは、続く☆


「シャンパーニュと自然派ワイン hapo」
大阪市中央区安堂寺町1-5-2 共栄びる1F
tel:080-5364-2916
open :17:00〜翌1:00
close:不定休



Lou Reed - Perfect Day


by writer-kaorin | 2018-05-16 19:47 | hapo | Comments(0)  

BODEGA Tapas Bar @CANADA

Autumn In New York、ではなく Autumn In Canada
b0118001_13201566.jpg
「ボブの絵画教室」を彷彿とさせる、秋色のエドモントン in カナダ。
私が小学生だった頃、ボブの番組に釘付けだったなぁ。
「この木にもお友達が必要ですね」って、サラサラ〜ッと幹や枝、葉を描き出す
ボブならではの油彩の画法、ほんとに衝撃的だった。
この番組にハマった人、いてるんじゃないかなー?(笑)


b0118001_13205205.jpg
ノースサスカチュワン川(North Saskatchewan River)に架かる橋から
シティーセンターへと続く光景は
NYCのブルックリン橋から、マンハッタンへとタクシー走らすシーンと
いつもデジャブ。


b0118001_13211227.jpg
キンと冷えた空気が、気持ち良いの。



他の国にもあるかもしれないが、
カナダの住居には誰がいつ、この家を建てたのか、という
証明ともとれるパネルが付けられている。
b0118001_13212974.jpg
1917年に建てられたこちらは、ペンキ塗りのジェームスさんの家、とか


b0118001_13215005.jpg
1912年に船の設計士であるジョンさんが建てた家なんて。


b0118001_13221214.jpg

b0118001_13223570.jpg
近所にあるこちらの邸宅は、
この街のディベロッパーだったウイリアムさんの住居。1912年完成。
100年以上前の建物とは思えないくらい、手入れが行き届いている。



b0118001_13225357.jpg
ディナーにおじゃました「BODEGA」は
1931年に、ローレンス・ストーンさんが建てた
ミートマーケットの跡地にあった。


ポルトガル料理をタパス・スタイルで楽しませてくれる「BODEGA」。
b0118001_13231822.jpg
しっかりご飯&飲みはもちろんのこと、サク飲みもウェルカムだから
コンサート前やアフターにも、超重宝するのだ。


b0118001_13234121.jpg
ポルトガルやけど、タパス&ワインバーやけど
ベルギーのピルスナーで喉潤す。



b0118001_13235550.jpg
「ハモン イベリコ ベジョータ」は、塩気のなかに甘みを感じる。



*チキンとカボチャのスプレッド
b0118001_13240911.jpg
ペッパーやクミンを利かせた、ややスパイシーなスプレッド。
何がうまいってこのパン。ザクッ、しっとり、粉のいい香りがする。



b0118001_13242788.jpg
「empanada -エンパナーダ-」と呼ばれる、具入りパン。
餃子とサモサの親戚のようなタッチ。
具はビーフとほうれん草。香味野菜の旨みも重なり合う、優しい味わい。


b0118001_13243907.jpg
ケールのソテー。ニンニクとタマネギ、パプリカというシンプルな構成。
肉厚のケールは、味が濃いわ。そして器が素敵なの。
現地の職人さんに作ってもらっているんだとか。


b0118001_13245653.jpg
「piri piri prawns」という名のエビ料理。ピルピル、ではなくピリピリ。
ソースは、マヨネーズ的コクまろな味わいのなかに、
チリペッパー、クローヴ、ニンニクのスパイシーな辛味が響く。


b0118001_13251262.jpg
スプレッドのパンが美味しすぎて、単品で注文。


b0118001_13255305.jpg
「piri piri chicken」も頼んでみた。が、エビのpiri piriとはまた違う
シャープかつコクのある辛味を感じる。
チキンの焼き加減よろしく、揚げたてアツアツの極細ポテトが旨かった。


b0118001_13261162.jpg
「grilled calamari」はスパイシーレモン&トマト味。
爽やかさと辛味とのバランス、いいね。


b0118001_13262741.jpg
これは塩ダラのフリッター。
戻した塩ダラに、すりおろしたジャガイモを合わせ
ふぁふぁなペーストにして揚げている。赤パプリカのソースと。
タラのじんわりと広がる旨み、カリフワな食感、ばっちり。


ビール後は、Encruzado(エンクルザード)という白や
Jaen(ジェエン)という赤など、
聞きなれない品種のポルトガル産ワインをグラスであれこれ(撮り忘れ)
この店、カナダでは珍しい、繊細な味わいで、気に入った(笑)



「BODEGA Tapas Bar」
6509 112 Ave Edmonton,CANADA
780-757-0137 -No Reservations
open :4:30PM-10:00PM (mon-thurs)
   4:30PM-11:00PM (fri-sat)
 11:00AM-2:00PM (sat & sun brunch)
 4:30-9:00PM (sun)


Simple Minds - Don't You




by writer-kaorin | 2017-10-07 13:28 | =Canada= | Comments(0)  

Le Chat Noir 〜シャノワール〜 @気持ちいいフレンチ酒場

心斎橋にある大好きなフレンチバー
「Le Chat Noir (シャノワール)」でアペリティフ。
b0118001_11543437.jpg
1881年、パリ・モンマルトルで創業したキャバレー「シャノワール」といえば
当時、名を馳せた芸術家たちが集い、アートとカルチャーの拠点となった地。
なーんて、店名の由来を紐解けば
苦手だった歴史も興味深く楽しむことができる。(笑)

この店の営業時間は、15:00〜18:00 & 20:00〜翌1:30LO だから
前半の時間に、遅めのランチ&昼酒を楽しむことができるし
ディナー前のアペリティフにも重宝する。
b0118001_11545373.jpg
さらに。後半の時間には
小皿料理から、牛ほほ肉の赤ワイン煮込みといったメイン料理にいたるまで
フレンチご飯をしっかり楽しめるし(これ、前半の時間にもね)、
店主・岡城くんレセクトのワインからボタニカルな酒に至るまで
食中、食後酒の楽しみも尽きないのだ。


b0118001_11550919.jpg
まずは、酢橘の風味とミントの香りを利かせた一杯を。
キュッと広がる酢橘の酸味、清々しく
ミントの香りの余韻が気持ちいい。




お料理は、シェフ・かなちゃんに
前菜をちょこっと持っていただくことに。
b0118001_11552607.jpg
「キャロット・ラペ」はビネグレットの酸味に続いてクミンの香りがふんわりと。
「鶏リエット」は人参やオレンジ、タマネギも入り、味わいに奥行きが出ている。
自家製の「鴨 生ハム」は、ねっとり舌にまとわりつく旨みが堪らん。
ピクルスやシシトウなど野菜もちょこちょこ摂れるのが嬉しいな。



b0118001_11554396.jpg
お次は、グレープフルーツ主体のノンアルな一杯を。
搾りたてのフレッシュ感に、アニスの甘やかな香り、そのバランスがいいわ。


飲みながら味わいながら、あれこれ近状報告。
穏やかな時間が流れる、ほんとに気持ちいいフレンチ酒場だ。
b0118001_11561592.jpg
料理人・かなちゃんのお料理と、岡城くんセレクトのワインを楽しみに
また近々伺おうと心に決めた。




「フレンチバー シャノワール」
大阪市中央区東心斎橋1-19-8 日宝プロムナードビル4F
☎06-6226-7622
open : 15:00〜18:00、20:00〜翌1:30LO
close: 水曜
http://www.le-chatnoir.jp/


George Harrison and Eric Clapton
- While my guitar gently weeps





by writer-kaorin | 2017-09-25 12:00 | Le Chat Noir | Comments(0)