人気ブログランキング |

タグ:バー・ワインバー ( 68 ) タグの人気記事

 

洋酒スナック「ニューエデン」

とんぼ返りの小浜ネタ。
b0118001_822020.jpg
洋酒スナック「ニューエデン」のマスター・いーさんにお会いしたくって、
食事前のアペ時間におじゃました。
日が長なったなぁ〜。そして深呼吸すると、小浜の空気は澄みきってた。


写真はすべてiPhone6
b0118001_823581.jpg
創業50年。小浜最古のバー(洋酒スナック)だ。
御年75歳のマスター曰く、
「小浜で、ワシの店だけ、カラオケは一切置かなんだ。
 カラオケがない分、ワシのトークがカラオケがわりや(笑)」。
この店には、そんなマスターのウィットに富んだトークを
楽しみに訪れる地元客はもちろん、県外のお客さんも多い。


b0118001_8285026.jpg
1杯目は、チンザノ ロッソのロック。
空腹の胃に、カラダに、染み渡る。


b0118001_829748.jpg
壁に目をやると、シブいメニューが。
とにかく店の何もかもが、絵になるの。


b0118001_8292298.jpg
カクテルを作る際の所作は、
ひとつひとつの動きに無駄がない。
機敏でいて、しなやかで、流れるように美しいのだ。


b0118001_829426.jpg


b0118001_8295653.jpg
2杯目はマンハッタン。
ライウイスキーとベルモットが醸すハーブの味わいが調和。
透明感ある味わいだこと。


b0118001_830983.jpg
レーズンバターをつまみに。
久しぶりに食べた。
懐かしい、おいしさ。


b0118001_8302784.jpg
食前酒、3杯目は
サントリー角 ハイボール。
私が酒のおいしさを知ったきっかけは、角だった。
だから馴染み深く、
あー、ずっと飲み続けていたい・・・。



話題は祖父や祖母が若かりし頃のエピソードから
小浜の旬なネタ、さらには
マスターが長年、通い続けているお遍路さんの話まで。
活気漲るマスターのトークに時間を忘れてしまう、アペなひとときでした。

創業50年、言うたらローリングストーンズの結成数年後にオープン…。凄いです。
GWにまたおじゃまします。


洋酒スナック「ニューエデン」
福井県小浜市大手町3-7
☎0770-52-0351
open : 18:00〜24:00
close: 日曜


Bob Dylan - Full Moon And Empty Arms (Audio)

by writer-kaorin | 2015-04-01 08:35 | =OBAMA= | Comments(0)  

トロワプレジール

仕事アフター。
ご近所「トロワプレジール」さんへ。
b0118001_13422056.jpg
HENRY DETALY BRUTで喉を潤す。
しなっちこと、店主・品川さんから
広島カープへの復帰を決めた黒田選手の話を聞いて、感動つつ(笑)
佐倉シェフのお料理をワクワク楽しみにしながら泡2杯目へと。


*前菜盛り合せ
b0118001_13423394.jpg
パルマ産生ハム、コッパ、
豚の耳やホホ肉などの食感楽しく深い旨みのテット・ド・フロマージュ
ワカサギのエスカベッシュ、カボチャのマリネに
瑞々しくって甘い大根、バルサミコのコクを感じる白菜に
水牛モッツァレラのカプレーゼ etc・・・。飲ませます(笑)



*なにわ黒牛 ミスジ ロースト
b0118001_13425995.jpg
美しいロゼ色だこと。
赤身に細かなサシが入っているため、
噛むほどにしっかりとした味を感じつつ
脂の融点が低く、あっさり、というかホントにキレイな脂。

キャベツ&金柑&レンズ豆の煮込みの、味のバランスも素晴らしい。
付け合せも、しっかりおいしいって、ごっつ嬉しくなる。


b0118001_13431422.jpg
オーストラリア
TRENTHAM PINOT NOIR 2013 とともに。
肉の旨みとガッチリ肩を組む。



*スパゲティ 茶美豚サルシッチャとキャベツ、陳皮
b0118001_1343289.jpg
〆にパスタを。
茶美豚のサルシッチャの旨み、キャベツの甘みを感じつつ
ほのかに陳皮の香りが広がる、佐倉シェフらしい一品。
アツアツ、この温度もいいわ。
写真、撮り忘れたんだけど、チリはセントラル・ヴァレーの
赤ワインとともに。濃い〜果実味、ほのかにスパイシーさ。


その後は、カープ談義と(笑)
ロック談義と♪
料理&ワイン談義が入り交じる、
おいしい愉しい夜となりました☆



「トロワプレジール」
大阪市中央区瓦町4-3-2本町UMビル1F
☎06-6233-9345
open : 11:30〜13:30(月〜金)、1800〜Last
close: 日曜、祝日不定休
http://trois-plaisir.sun-sea-earth.com/


The Knack - My Sharona live (HQ)

by writer-kaorin | 2015-01-31 13:45 | トロワプレジール | Comments(0)  

あてぃっく @新梅田食道街

新梅田食道街2Fにある
「Wine……etc attic(あてぃっく)」さんで
週末、買い物帰りの飲み時間。
b0118001_20325180.jpg
ドイツの泡「ゼクト」で喉を潤す。
ラッツェンベルガー バハラッヒャー リースリング・ゼクト ブリュット 2008
溌剌としたキメの細かい泡だ。
豊かな香りが広がり、ミネラル感も強い。

お隣には、偶然にもまいど!なウッチー(笑)
こちらへおじゃますると、毎回
そんな不意打ち遭遇があって楽しい。
コの字カウンター。入ってすぐの場所と右側には椅子があり
左側は立ち飲みスペース。
店長の森本さん(個人的には、もりもっちゃん)に会いに
おいしい泡やワインを味わいに、そんな時間が楽しいのだ。


「カオリン、金柑入れてみ。おいしいよ」と、もりもっちゃん。
b0118001_20343398.jpg
ゼクト2杯目は、with金柑!
そういえば、日本ソムリエ協会関西支部のワイン懇親会のアペで
フランチャコルタに、スダチをギュッと絞って頂いたことがある。
泡と柑橘、モノによってはすごく相性が良い。


b0118001_20344742.jpg
このゼクト&金柑。
金柑のやわらかな酸により、ゼクトの酸がきりっと表情を露にし
続いて、金柑の香り、甘みがふうわりと広がる。
その後はゼクトの綺麗な酸の余韻。
〆は親指と人差し指でつかんだ金柑を、パクリッと。
ゼクトを程よく吸った金柑が、これまた旨いのだ。

「これ、めっちゃいい!家でもやってみるわ!」ってことで
何度かトライ済(笑)


b0118001_2035127.jpg
アテは、好物の燻製はんぺんと燻製チーズ。いずれも自家製。
程よい燻香が、さらに泡を欲するのだ。

ちょっと一杯のつもりで飲んで〜、長居(笑)

また近々、フラリおじゃますると思います!
もりもっちゃん、いつもありがとうございます♪



「Wine……etc attic(あてぃっく)」
大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街2F
☎06-6362-9056
open : 16:00~23:00
close: 日曜


Olivia Newton-John Have You Never Been Mellow (Live 1975)

by writer-kaorin | 2015-01-23 20:37 | あてぃっく | Comments(0)  

トロワプレジール

仕事帰りに「トロワプレジール」さんへ。
事務所から徒歩数分のため、しょっちゅうお世話になってます。
b0118001_9433064.jpg
まずはシャンパーニュ。Henry Detaly Brut
洋梨のような香りが広がり、なんとも華やかな余韻。



*前菜盛り合わせ
b0118001_9434315.jpg
盛り盛り!まず目で見て、佐倉シェフの盛りつけのセンスを感じた。
そして味わえば、仕事がなされた前菜の数々に、テンション上がり
そりゃお酒が進みます。
トスカーナサラミとパルマの生ハム、
お隣さんは「トナカイのサラミ!?」っていややトスカーナ!(笑)

本シシャモのブラッドオレンジ&ビネガーマリネは、
子持ちでふっくら、ほのかに柑橘を感じる酸味が、泡を欲す。
テット ド フロマージュは、豚の頭ほか様々な部位の食感、そして旨みがクセになる。
水牛モッツァレラとフルーツトマトのカプレーゼ、
鶏レバーコンフィはなめらかで澄んだ風味、
サゴシの炙り、の奥には、露地もんの紅芯大根。辛味が鮮烈でおいしい。
さらにはトレヴィスやイベリコ豚ベーコンが入ったキッシュに、ルッコラ、
カボチャ、レンコン、柿のマリネ…と、ここでじゃ書ききれないボリューム!



b0118001_9442616.jpg
パンデュースさんのパン。
クラスト薄めで、クラムはしっとりややもっちり。
粉の風味の高さに、いつも驚かされる。前菜と一緒に、至福時間♡



b0118001_9443944.jpg
Wild Rock Cupids Arrow Pinot Noir 09
ベリー系の味わい、アロマ。そして上質なタンニン。



*犬鳴豚肩ロースのロースト
b0118001_9445171.jpg
赤身と脂のバランスがよい、肩ロースは私の好物。
犬鳴豚の脂は澄んでいてキレイ。噛むほどに身の味わいの旨みも感じる。
付け合せは栗やポルチーニ、ジャガイモ。芳しい。


b0118001_945585.jpg
これも犬鳴豚ローストにピタリ合うた。
E.Guigal Crozes-Hermitage 2010
スパイシー。シラーだったか。



*松茸とスダチのペペロンチーノ
b0118001_945071.jpg
松茸の香り、スダチの香り&酸味のバランスが素晴らしい!
土瓶蒸しの材料を思わせる両者の組合せだが、
着地点はしっかり、イタリアン。
佐倉さんの料理、やっぱり好きやなぁ。


この日は、ビックリするくらい数値が高いγGTPの話から
洋楽ロックな話題まで。
美味美酒とともに、話が尽きない、夜でした。
しなっち、佐倉さん、いつもありがとうございます☆



「トロワプレジール」
大阪市中央区瓦町4-3-2本町UMビル1F
☎06-6233-9345
open : 11:30〜13:30(月〜金)、1800〜Last
close: 日曜、祝日不定休
http://trois-plaisir.sun-sea-earth.com/



Neil Young - Rockin' In The Free World

by writer-kaorin | 2014-11-15 09:45 | トロワプレジール | Comments(2)  

Wine Kitchen Souple 29(スープル ヴァン・ヌフ)

中之島、ダイビル本館にあるワインキッチン
「スープル29(ヴァン・ヌフ)」さんで晩ご飯。
ご存知、四天王寺に本店を構える
ワインストア「ワッシーズ」&ワインレストラン「スープル」の姉妹店だ。
b0118001_1805286.jpg
一杯目は、
Champagne Brut Tradition NV Christian Etienne
ピノ・ノワール主体だそうで。骨太なストラクチャー。
ミネラル感があり、旨みある酸の余韻。



この日のおすすめメニューのなかから
*丹波篠山 あかね農園さんの黒枝豆
b0118001_1804294.jpg
大粒でホクホク、甘みがあり、香りもすごくいい。



*阿武隈川 メイプルサーモンのカルパッチョ
b0118001_1805581.jpg
脂のりよく、身のしまりもいい。
柑橘の香りや程よい酸が、泡にピタリ。



お次は白を。
*Kumeu River Pinot Gris
b0118001_1814481.jpg
11だったか(アル中ハイマー;)
コク旨。リッチな味わいで、複雑味も楽しい。



*熊本地鶏 天草大王の小悪魔風
b0118001_1815721.jpg
皮にはカリリと食感よきパン粉、そして香草&マスタードの風味が広がる。
天草大王は、むっちりとした身質で、旨みが濃い!
お肉の下に敷かれたトマトソースに潜む、ゴボウはほっくりとしていて名脇役だ。

こちらのお店の名物「アンガス牛 肩ロース肉のアメリカンステーキ300g」も
食べたかったが・・・。牛肉ガッツリな昼ご飯の後だったので、次の機会に絶対頂く。


b0118001_1815951.jpg
ここらでローヌの赤を。
チェリーのような香りを感じ、思いの外、ボディはしっかり。


そして、日替わりの、このパスタは絶対に頂こうと決めていた。


*吉野の下中さんが仕留めた鹿の赤ワイン煮込み 平麺パスタ
b0118001_1885448.jpg
昨年、「スープル」&「スープル29(ヴァン・ヌフ)」の
岩田勝巳シェフにご紹介頂き
岩田シェフとともに、ジビエハンター取材でお世話になった猟師が、
奈良・吉野の下中一平さんだ。

ほろり崩れゆく身質。赤身の繊維質も程よくあり、
コク深きソースがタリアテッレに絡む絡む。大羽ちゃん、旨かったです。
そしてジビエといえば、岩田シェフ。
この冬のシェフのジビエ料理、楽しみだ。


昼酒から、ガッツリディナーまで
あらゆる要望に応えてくださる「スープル29(ヴァン・ヌフ)」さん。
お隣のワインストアで購入したワインを、
持ち込み料1000〜2000円(ボトル販売価格による)で頂けるのも有り難い。
あー、日記を書いていたら、朝からアンガス牛ステーキが食べたなってきた(笑)
ご馳走様でした☆


「スープル29(ヴァン・ヌフ)」
大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館1F
☎06-6446-2929
open : 11:30〜14:00LO、17:00〜21:30LO
   (土曜は11:30〜17:00LO)※土曜は終日、ディナーメニュ−の注文可能。
close: 日曜、祝日
http://www.wassys.co.jp/souple29/


朝から久々に、この人たちの歌でシャウト。
Bon Jovi - Livin' on a Prayer 2012 Live Video FULL HD

by writer-kaorin | 2014-11-04 07:30 | Wassy's&Souple29 | Comments(0)  

たこりき @週末のアペリティフ

週末のアペ時間に「たこりき」さん。
b0118001_7454639.jpg
遅い昼ご飯でもある。



*ポテトサラダ
b0118001_7455954.jpg
ジャガイモはホクッと甘く、
マヨのやさしいテイストが広がる。



*たこ焼き
b0118001_7461369.jpg
これを頂かないと、週末が終わった気がしない(笑)
三重産の蛸は味が濃く柔らか。
ダシのうま味がじゅわり広がり、なんぼでも食べれそうな味わい。


b0118001_7462518.jpg
シェフ鈴木君をパシャリ。手に持っているお料理は


*たこりきチョリパン
b0118001_746179.jpg
アルゼンチンの「チョリパン」鈴木流。
以前はバゲットの上に、自家製チョリソの種がのっていたが
バンズは自家製に。
チョリソの辛味と、爽やかなサルサソース、生野菜のフレッシュ感が混然一体に。
トルティーヤチップスの食感がいいアクセント。
最近、いつも注文させて頂く品。



別日のアペにも、まずは泡&たこ焼き。
b0118001_74767.jpg
ラスト1本の「たこシャン」とともに♪



*黄金桃とトマトと吉田牧場のモッツァレラチーズのサラダ
b0118001_747454.jpg
赤オクラ、セロリの葉、黄金桃にトマト、
そして吉田牧場さんのモッツァレラチーズ。
やらこい酸味を感じるドレッシングが絡み、泡にピタリと寄り添う。


b0118001_7475868.jpg
この日もチョリパンを。手のひらサイズが、アペには嬉しい。


b0118001_7481160.jpg
焼鳥ばかやの「ばか祭」のフライヤーが置かれていたのでパシャリ♪
石倉さん、楽しみにしてまーす☆


b0118001_7482866.jpg


b0118001_7483993.jpg
農楽蔵 nora pon blanc 2013
柑橘と蜜のような香りが広がり、いい感じに旨みが広がる。
あー、ずーっと飲み続けていたいおいしさ。ノラポン、好きやわ。


といった感じで、週末のアペはしょちゅう「たこりき」さん。
いつもありがとうございます。ご馳走様でした☆


「たこりき」
大阪市中央区瓦屋町1-6-1
☎06-6191-8501
open : 15:00〜23:00(平日)、12:00〜23:00(土・日・祝)
close: 火曜
http://www.takoriki.jp/


Jackson Browne - BBC 1978 - Running On Empty

by writer-kaorin | 2014-10-06 07:57 | たこりき | Comments(2)  

小料理こもり

ヨーロッパ退屈日記ならぬ、
北米退屈日記の後半は追って。

さて、この日は北新地「小料理こもり」さんでのひとり飲み。

b0118001_23104376.jpg
Pierre Gerbais Cuvee de Reserve
豊かな果実味、仄かにエキゾティックな印象も。


b0118001_2311652.jpg
付き出しに牛肉のサラダを頂く。
なにわ黒牛のローストビーフの端をケッカソースとともに。
仕上げにオリーブオイル<キヨエ>をまわしかける。
牛肉は旨みがしっかり。トマトの酸味で締まりいい味わい。



*キズシとポテサラ
b0118001_23112117.jpg
キズシの酸味とポテサラの深いコクを
ジェノベーゼの香りがいぃ感じにまとめ上げる。
う〜ん、泡がどうにも止まらない。



*冷製ムールとマッシュルームのクリーム
b0118001_23113866.jpg
この冷たさがいいわぁ。マッシュルームの香りが広がるとともに
ムール貝からは濃い旨みがじゅわっと溢れ出る。
大葉の香りの余韻で清々しい。


b0118001_2312297.jpg
Domaine de la Crouze SAINT-VERAN Tradition 2012
ブルゴーニュ、マコン地区のヴァンナチュール。シャルドネ100。
清涼感があり、酸の質もよく、ミネラル感しっかり。



*なにわ黒牛の厚切りローストビーフ
b0118001_231225.jpg
部位は肩ロース肉。
脂の、口にまとわりつく感じが全くなく、すーっとキレイ。
カハラさん特製、「淡雪塩(あわゆきしお)」の
ナチュラルな甘み広がる塩、肉の濃い味わいにドンピシャ。
夏だけの赤ワインロックとともに頂いたのでした☆


素材の組合せや味わいの広がりに、
いつもハッとさせられる、こもりさんナイツ。
今度、ポルコキノコ鍋、頂きたいです♬
ご馳走様でした☆


「ブルゴーニュワイン専門 小料理 こもり」
大阪市北区曽根崎新地1-3-36 竹新ビル3F
☎06-6341-7775
open : 17:00〜翌2:00
close: 不定休


We Didn't Start The Fire!

by writer-kaorin | 2014-08-18 23:13 | こもり | Comments(0)  

トロワプレジール

仕事アフター。ご近所「トロワプレジール」さんへ。
b0118001_043882.jpg
「Joseph Desprois Cuvee シャンパン食堂」
北新地・シャンパン食堂オリジナルラベルの泡に、こちらで出会えるとは!
フレッシュかつ、キレのある後味。


今日は会いたかった、人がいてた。
元・竹中酒飯店でシェフを務めていた、佐倉さん。
先日、「トロワプレジール」のシェフに就任されたということで、
酒場&音楽繋がりでもある佐倉シェフに会いに(もちろん店主・しなっちにも♪)
洋楽ロックないつものメンツでおじゃましたワケ。



*前菜盛り合わせ
b0118001_045324.jpg
トスカーナサラミに、フリッタータ、ボッコンチーノ、
あけがらしを添えたテット・ド・フロマージュ、
鶏レバのコンフィ、バイ貝うま煮、ピクルス、水ナスetc…
モリモリ盛り合わせ(笑)
いずれも丁寧な仕事が窺えるおいしさ。泡、2杯か3杯いったと思う。



b0118001_05372.jpg
パンは、fromパンデュースさん。
しっとりとした生地質、しかも粉の香りが鮮烈。



*鳥取 白イカと野菜のソテー
b0118001_045479.jpg
柔らかな白イカのほか、黄ニラや湯剥きトマト、
トウモロコシ…と具だくさん。
シェリービネガーがいいアクセントとなってて、
自家製トマト塩、これ舐めながらワイン飲めるわ(笑)



CLINE Viognier 2012
b0118001_05723.jpg
Californiaのヴィオニエ。
ピーチのような果実味を感じさせつつ、キレがよく、爽やかな酸味も。



*スパゲティ ゴロゴロ鶏モモ肉の瞬間ラグー
b0118001_064956.jpg
鶏は、ふっくら、濃い味わいで、
こちらも野菜たっぷり。それらのうま味が滲み出たソースと
パスタとの絡みもすごく良かった。



佐倉シェフの冴えた料理の数々と、
しなっち(店主・品川さん)セレクトのワイン、そしてウィットに富んだトーク、
美味しすぎ楽しすぎ。
b0118001_062097.jpg
左がしなっち、右が佐倉シェフ。
この日は、しなっちと、
またまたカープや、阪急?近鉄?南海?といった
昔の球団話で盛り上がったなぁ(笑)
サプライズの遭遇もあり、何だかミラクルな夜でした。

ご馳走様でした!


「トロワプレジール」
大阪市中央区瓦町4-3-2本町UMビル1F
☎06-6233-9345
open : 11:30〜13:30(月〜金)、1800〜Last
close: 日曜、祝日不定休
http://trois-plaisir.sun-sea-earth.com/


TOTO - GEORGY PORGY - LIVE (1979)

by writer-kaorin | 2014-06-11 07:46 | トロワプレジール | Comments(0)  

小料理こもり @深夜の愉悦

ボブ・ディラン、大阪公演最終日のアフター。
北新地へと舞い戻り、
「ブルゴーニュワイン専門 小料理こもり」さんでの
ライヴ談義とワインとお料理と♪

b0118001_9151934.jpg
ライヴの感動につきアドレナリン出まくりのカラダに、
シャンパーニュがとてつもなく沁み入る。
こちらは泡以外のワインはALLブルゴーニュ産。



*アイナメ新子のフォンデュ キャベツと筍をつけて
b0118001_9153468.jpg
この時季ならではのアイナメ新子を用いたフォンデュは、
アンチョビをもっと、澄んだ風味にさせたテイスト。
塩気もやらこく、甘旨キャベツ、筍とすばらしい相性をみせる。

そして「ル・シュクレ・クール」さんのバタール。
焼き込んだ皮の香ばしさ、そして滋味深き味わいに
持つ手が止まらず、さらにはワインを呼ぶ。


肉食女子としては、ハズせない。待ってました!の一品が


*なにわ黒牛のキャラメリゼ 半熟玉子と甘醤油のソース
b0118001_9154839.jpg
こもりさんの新作、まずビジュアルにやられた…。
なにわ黒牛は、綺麗な脂がスーッと広がりゆき、薫りも素晴らし。
キャラメリゼの香ばしさ&甘じょっぱい醤油のコクが絡み、
艶やかな半熟玉子を纏う。
敷かれた新玉葱が、これ名脇役。



*Givry 1er Cru Clos Salomon 2011 /Domaine du Clos Salomon
b0118001_916144.jpg
ベリー系、ジューシーな果実味を感じさせつつ、
時折、柑橘系の酸が顔をのぞかせる。
なにわ黒牛のひと皿とともに、互いの個性が共鳴し合う。



デセールは、あっと驚きの

*トマトもなか
b0118001_9161539.jpg
パリパリの最中のなかに、
粒餡、トマト、マスカルポーネがサンドされている!

意外な組合せだが、
餡子の質朴な甘みに、トマトの程よい酸とピュアな甘み、
そこにマスカルポーネの爽やかさ。めちゃくちゃバランスいい!
おかわり、と叫びたくなったが、
楽しみは次回に残しておこう(笑)


後半は、洋楽話はもちろんだけど、
こもりさんならではの料理とそのおいしさについて
エラく盛り上がったことは言うまでもない。
ご馳走様でした☆



「ブルゴーニュワイン専門 小料理 こもり」
大阪市北区曽根崎新地1-3-36 竹新ビル3F
☎06-6341-7775
open : 17:00〜翌2:00
close: 不定休


Creedence Clearwater Revival: Have You Ever Seen The Rain?

by writer-kaorin | 2014-04-30 09:17 | こもり | Comments(0)  

セルパン 〜Serpent〜 北新地

私的、北新地の止まり木
「セルパン」さん。
b0118001_23371087.jpg
JBLから流れる音を肴に、
ゆるり愉しき、ホロ酔い時間。


ちょっと前の酒場日記なのだが
b0118001_2337252.jpg
「Santa Maria Novella Stomatico」
フィレンツェで800年の歴史を誇る、世界最古の薬局
「サンタ・マリア・ノヴェッラ」の薬草酒の一種。
これ、日本の支店でお見かけしたことないし。


b0118001_23371581.jpg


b0118001_23372782.jpg
ほかにも「Liquore al Cioccolato」や、「Elisir di Rosa」など。


b0118001_2338261.jpg
Stomaticoをソーダ割で。
ボタニカルなお酒って、すーっとカラダに沁み入りつつ、
暴飲暴食の胃が軽やかになる、いわば私的胃腸薬(笑)
アテは、生落花生。程よい塩気が甘みを引き立て、ホクホク旨し。


話題は洋楽ロックから漫画まで。

このフォトブック、今までその存在を知らなかった!
「SLAM DUNK 10 DAYS AFTER」
b0118001_23381746.jpg
旧神奈川県立三崎高校で三日間だけ行われた
スラムダンク一億冊感謝記念・ファイナルイベント。

このフォトブックには、23枚の黒板漫画が掲載されていて、
その企画力といい、編集力といい、とにかく凄いわ。
スラダンのファンなら、今さら何言うとんねーん!て感じでしょ(^^;)


「セルパン」さんへおじゃますると、
音楽はもちろんのこと、なんやいろんな発見多々。
いつも、ありがとうございます☆


「Serpent(セルパン)」
大阪市北区曽根崎新地1丁目3-3 好陽ビル4F
06-6343-8668
open : 18:00〜翌3:00
close: 日曜


Neil Young - Hey Hey, My My (Live at Farm Aid 1985)

by writer-kaorin | 2014-04-22 23:41 | Serpent | Comments(2)